タグ: 調理

ファラフェル&ライス 2018年04月17日

IMG_1678 2

メシのネタばかり連投。

中東料理の王道ファラフェル。ひよこ豆とフードプロセッサさえあればこれもほとんど失敗することが少ない料理。思ってたほどには失敗しない料理だが何気に手間がかかる。まず固い固いチャナ豆(ガルバンゾーともいう)を戻すのに8時間ぐらい水に浸けておかなければならない。そして各種スパイスとフードプロセッサで火を通す前の水で戻しただけのチャナ豆を粗めのペースト状にしてハンバーグのように整形して揚げる。これが家の冷凍庫にどっさり冷凍してあっていつでも揚げて食べることができる。

が、やはり最後のあげる工程がベジ食になって揚げ物をほとんどしなくなった自分の台所では非常にめんどくさい。洗い物もこってりでめんどくさい。というわけで思ったよりも消費されずずっと冷凍庫に残る。

。。。と言いつつやっぱり出来上がりは素晴らしい豆のコロッケでかなりうまい。非接触の赤外線温度計を持っているので油の温度の把握がかなり楽になったので割と揚げ色なども均一につけれるし、豆はなんともコクがあるのでこれとご飯だけで自分には十分な食事だ。

ちなみにファラフェルマヨライスとしたが、マヨネーズはちゃんとアマゾンでベジマヨを買っております。


↑ この辺を見ながら作っています。

オーサワの豆乳マヨ300g
オーサワジャパン
売り上げランキング: 8,155

なかなかに作る加減の難しい पोहा ポーハ 2018年04月16日

IMG_4246

インドやネパールで結構ポピュラーな पोहा ポーハ という料理をご存知でしょうか。言ってみれば白米をローラーで潰したコーンフレークのお米版といった食材で、保存食として利用されているようです。インド、ネパールではこれをスパイスと野菜などとサラッと炒めて朝食などに食うそうです。ちょうどインド食材屋で見かけたので興味が出て買ってきました。

最初に一旦この乾燥したポーハを水に浸けて戻すみたいですが、これの漬ける時間がモノによってマチマチで初心者にはなかなかうまく作れない。最初に買ったポーハが赤米の糠層が結構ついたものだったようで、一番最初に作った時は水で洗っただけだったのでバリバリに芯が残って食いにくい不味いであまりに辛いので食い残しをゴミ箱に捨ててしまった。それが以下の写真。

IMG_3996

今度は水にざっと通すだけではなくちゃんと一定時間浸けておこうと考えて何回かトライしたものの失敗続き。最終的にこのポーハは15分は水に浸けておかないと食べられる柔らかさにならないことに気づいた。それでもなんだかあまり美味くなくココナッツファインを買ってきてココナッツチャトニを作ってそれを添えて食べるとそこそこ美味しくなった。

IMG_3529

そしてなんとか 1kg の袋のポーハを全部食いきって新たに白米のポーハを購入。まだまだ諦めない。が、同様に15分水に浸けて戻してみたら白米なんで水を吸いすぎて炒めてるとポーハが餅のようにこってりとまとまってしまって何がなんだかわからない料理になった。難しい。。。

IMG_4243

で、最終的に2分ほど水に浸けておいてあとはザルにあげた後、数分置いて水が抜け切るのを待ってから炒めるのが一番うまくいくことを発見。それが一番上の写真となります。失敗が多いが徐々に作るのがうまくなっていくので何気に楽しい。。。

Rice Flake (Poha) Sarvottam Aahar ライスフレーク(ポハ)500 gm
SARVOTTAM
売り上げランキング: 314,126

全粒粉パスタの食い方がやっとわかってきた 2017年07月19日

Whole Wheat Short Pasta - Penne

前々から何度かトライしている全粒粉パスタ。最初勇んで買ってみたものの、普通のパスタと異なり口に入れたときの舌触りもザラザラしてる印象でかつボソボソしていてアルデンテに茹でても心地よい芯の残り方ではない。「こりゃー手強いなー」と何度かトライした後にちょっと興味が失せていた。

が、最近昼飯で家を出るのが億劫な日にしょうがないから余っていた全粒粉パスタを食ってみたんだが、試しに長めに、柔らかめに茹でてみると意外とイケた。茹で時間10分なら11分か12分ほど茹でてやる。普通のパスタだとフニャフニャになってしまうかもしれないけど、全粒粉だと思いのほか舌触りもよくなるし、普通のパスタほど茹で過ぎてもフニャフニャにはならない印象で食べやすい。

やっと「これでなら食べれるな」というラインを見つけました。せっかくなんで全粒粉パスタもう一袋買って、もうちょっとおいしく食べれる方法を見つけてみたいと思います。。。