タグ: 映像

海外にはもっとそら恐ろしい事故映像が 2017年06月10日

日本の高速での観光バスと乗用車の事故でバスのドライブレコーダーに高速の中央分離帯を空飛んで越えて来る乗用車の映像が収められていたとめちゃ話題になってますが、

私、以前からYoutubeで「人の感電動画」「即死レベルの事故映像」「肉食動物の生き餌ごちそうタイム」「なぜこんな動画を作ったのか理解できないダーク映像」などが大好きでブログにいろいろと紹介してました。(今見返してみるとほとんどの動画が削除されてます。残酷などの不適切表現あたりでストップ食らってるのでしょう。)

張り合う(何に対して?)訳ではございませんが、Youtubeで”death car crash”などと検索すると海外の豪快な事故動画がいっぱい出てきます。とりあえず上にひとつ貼っておきます。

が、あまりこういうのを見慣れていない方は要注意の閲覧注意ですな。結構えげつないクラッシュが多くて、ここに貼る動画を探していた自分もこの動画始めから最後まで見てかなりお腹いっぱいになりました。こういう強烈事故映像が少ない日本ってのは道路のインフラ整備もしっかりして運転者のモラルやスピードに対する教育などもある程度行き届いてる国なんだなあと感心します。(こんなの見てるから日本の事故動画なんておとなしすぎて逆に見てらんない)

しかし、こういう事故はどれだけ安全に気を配っててもどうしようもない事故ですな。日本の今日の事故でもクラッシュ後の火災もなくバスの乗客にケガ人は出たもののよくあれで即死者がでなかったと感心します。

1984年のRoosters / Paranoiac Liveの映像がYoutubeに 2017年05月14日

前々から見たかったRoostersの1984の東京でのライブビデオ、Paranoiac LiveがYoutubeに!!選曲も自分の好きな時期の曲ばっかりで非常に嬉しい。この頃のRoostersがニューウェーブ・ポストパンクぽくて大好きですわ。

しかし、大江慎也がだいぶ精神的にしんどかった時期っぽくて目つきとパフォーマンスがやばいやばい。しかも石井聰互監督のイメージ映像がオーバーレイでインサートされたりして、この虚ろな目の大江慎也が拡大されて空中を舞ってたりするのが夢に出てきそうで怖い。

口パクなのか後からアフレコなのか、口の動きやマイクの位置と音声が全然あってないよ!てな箇所も多々あったり、いきなり大江慎也が消えて花田裕之がボーカル取ったりと怪しいライブビデオではありますが、今でもDVDなかなか手に入らないのでとりあえず観れるのは嬉しい。

THE ROOSTERS ~Z OFFICIAL PERFECT BOX (初回生産限定盤)
THE ROOSTERS
コロムビアミュージックエンタテインメント (2004-09-29)
売り上げランキング: 203,556

↑ この巨大なボックス・セット買わないとParanoiac Liveは見れないっぽい。アマゾンの中古価格が最安で66,500円。。。

タイの地上波デジタルのチューナーと室内アンテナで画像くっきり 2017年05月08日

Pigeon on Aerial

今自分はバンコクのコンドミニアムに住んでおります。結構大きなコンドなんだけど、テレビの電波受信状態がイマイチ悪くてアナログ地上波で映らないチャンネルや画像のひどいチャンネルがいっぱいありました。

自分はタイの(日本でも)テレビなんかまず見ないんだが、この前彼女の実家に行った時に地上波でもデジタルだと田舎の平屋の家でもかなり画像が鮮明に映るのを見て、自宅のテレビもデジタルにしたら全チャンネルが鮮明に映るようになるかと思って対策してみた。

とりあえずPower Buyの店員に話聞きながらNanoというメーカーDT-T2Aという690バーツのチューナーを購入。690バーツってことは日本円でいうと2,000円ちょいということかな。チューナーがめちゃくちゃ安いね。基本的にはこいつにアンテナをつなぎ、HDMIでテレビにつなげればオーケー。


รีวิวกล่องทีวีดิจิตอล Nano DT-T2A | ไทยทีวีดิจิตอล

自宅に持ち帰り、テレビにつなげて初期設定で全周波数をスキャンして受診できるチャンネルを自動登録するんだが29だか36だかあるチャンネルの8チャンネルしか拾わない。これはやはりコンドのアンテナ線がいけないのか?

次の日またまたPower Buyに出かけてCREATECHというメーカーのAT-1という390バーツの室内アンテナ購入。これまたお安い。アンテナ自体は非常にコンパクトで接地面積直径10cm、高さ15cmぐらいのおもちゃみたいなアンテナだけど、アクティブに切り変えた途端に、そもそもコンドの16階という環境が影響してかほぼ全チャンネル受診するようになった。アンテナを動かさなければ受診する音像共に非常に安定して満足なクオリティ。


รีวิวเสารับสัญญาณทีวีดิจิทัล CREATECH รุ่น AT-1 (สำหรับภายใน) – Pantip

コンドの高層階に住んでてテレビの写りの悪い人はデジタルチューナーと室内アクティブアンテナで結構改善できるんじゃなかと思う。1,000バーツ程度でしっかり改善できるのがよい。

というか自分がほとんどテレビ見ない人間だからわからないんだが、こんなことは常識なんだろうか。テレビ画像はアナログ的なノイズや揺れから開放されてしっかり映るようになったものの全体的に画像に露出が強く感じ、イマイチHDというには画像が荒い印象。ほんとにHDで送信されてるんだろうか???

ここまでやってなんなんだが、自分では全く見ないタイローカルチャンネルだけ受信できるようになっても面白いことは何一つなく、結局AISのファイバー回線についてくる無料のプレイボックスというIPTVボックスも申し込んで見た。これならそもそもインターネットで映像データを受信するのでアンテナ要らずである。(WiFiのアンテナは内蔵されてますが)

来月からネット回線が30Mbps/10Mbpsの速度に上がってIPTVを設置することになります。申し込んだとはいえ全然調べずに申し込んだ。HistoryチャンネルとかDiscoveryチャンネルとかフリーで観れたりするんかな??通常のテレビの中ではこれらのチャンネルしか見ないからなあ。。

2001年の日本在住にCS放送を申し込んだ。これはWWF(WWE)が観たくて申し込んだが、結局普段よく観ていたのはHistoryチャンネル、Discoveryチャンネルだったもんなあ。

懐かしのブートビデオ満載 AmericanJackass1 2017年03月12日

Bootleg

以前にインターネット以前の音楽業界ではブートレッグCD、ブートレッグビデオ、いわゆるアーティストが販売を意図しない映像や音源を元にした海賊版のCDやビデオが問題になっていましたが(当然アーティスト側には売れても金は入らない)、インターネット時代になってそれらのマテリアルはどこへ行ったのかといろいろ考えてました。

が、ここに来てYoutube上の1アカウントが話題になっております。AmericanJackass1というアカウントで80年代、90年代のメタルのブート音源、映像が大量放出。毎日何が出てくるか目が離せません。

AmericanJackass1 – YouTube

一例を上げますと、


↑ Randy Rhoads在籍時のQuiet Riotのライブ映像


↑ 1984年時のKeel!!!


↑ 1990年のYngwieの来日大阪公園。見に行ってた人は涙モノですな。


↑ Frehleys Cometなんて。。。


↑ 1989年 Blue Murder!!


↑ 1989年Badlanads!Ray Gillenの声の伸びに感動!

というわけでアラフォー旧メタラーはフォロー必須の垂涎アカウント。これはええですな!

Parrot Bebop Droneで撮影した動画が左右に小刻みにブレる問題が発生中 2017年02月23日

今回彼女の実家に帰って改めてParrotのBebop Droneを飛ばしてみたところ上の動画(18秒から始まる横ブレ)のようなブレが発生。。。Bebop Droneはジャイロと加速度センサーでデジタル手ブレ補正がしっかり効くはずなんだがなんでか知らんがこんな横ブレが。。。いろいろ試してみると直進時のみに発生する様子。。。

うーん、これはいただけない。。。一応ググってみると、

Solved: Re: Camera shaking – Parrot

このような記事が出てきました。しかもちゃんと”Solved: “ってなってます。

Does the camera jiggle left and right in flight? Take off the nose cone and tighten its 4 mounting screws. And since this happened after a crash, check your crosspiece for cracks near the body.

nose coneを外してカメラマウントの4つのねじを増し締めしろとのこと。自分もやってみる。。ねじどめ剤がしっかり付いているねじがこれまた結構しっかり締めてあったが、とりあえず増し締め。ただ、crosspiece near the body ってのが何のこと言ってるのかわからんのよね。。。

ただ、質問者は解決した、と書いているからとりあえずカメラマウントの増し締めで解決するのか見てみたいと思います。近いうちにまた広いところでテストフライトさせます。。。