タグ: CD

Bitch School / Spinal Tap 2019年02月10日

IMG_20190214_134907

さて、そろそろ今年の日本一時帰国時の話を書きましょう。

事前にタイから日本に戻る前に日本のアマゾンで注文しておいたこの一品。オンラインでは音は聞けないし、せっかくだから映画の中で話題になってたジャケを拝んで買いたいと思っていたので、物理的にCDを購入。ついに手元に。

音は。。。まあ、あまり印象に残らなかった曲です。ジャケの一人勝ち。

スパイナル・タップ [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006-09-21)
売り上げランキング: 83,562

弾きまくり韓国ネオクラシカルメタル Zihard / Life of Passion 2017年07月07日

eBayのお客さんから教えてもらった知る人ぞ知る韓国のネオクラシカルメタルの名盤らしい。

いやー、やはり各国ともにやはり特徴だったバンドって居るものですな。eBayでタイやら日本のメタルのCDを売り買いしてると海外のユーザーから「あれはないのか?」「これは現地では手に入るのか?」といろいろ聞かれる中から新しい発見が。。。

このZihard、録音がちょっとイマイチだが、バリバリ Rainbow − Yngwie 直系のクラシカル系の大仰なメタル。英語で歌ってる曲がほとんどだけど、韓国のバンドならやっぱり韓国語で歌ってる曲がピカイチですな。とはいえ慣れない韓国語かつメタルなんでまったく何歌ってるかわからん。ま、アリランとか聴いたってどっちにしろわかんないか。。。英語で歌ってる曲もそこそこ発音が流暢なんであまり苦もなく聴ける。

日本盤も出ていたようで、自分はDisk Unionから中古で入手。個人的にもうモノには思い入れがほとんどないのでPCでmp3吸い出しして、後は元の依頼主に売ってあげました。喜んでたな。

というわけで韓国産ネオクラシカルメタル、Zihard。個人的には佳作、ぐらいかなー。

ライフ・オブ・パッション
ジハード
SOUNDHOLIC (2008-12-17)
売り上げランキング: 210,407

↑ アマゾンでは現在売り切れ。

日本一時帰国にあたりいろいろと。 2017年05月12日

Osaka at night

唐突に日本一時帰国を決めました。5月18日木曜日(この日は1日飛行機移動)から23日まで大阪のみですが帰国しまーす。今のところ21日の夜のみライブ観に行く以外は予定なし。

日本に帰って欲しいもの、いろいろ見ておりましたが最近はそれほど欲しいものもなく。まあ高いけどタイでだいたいのものが手に入るようになってきてるしね。唯一今欲しいかなーと思うのは非接触で食べ物やフライパン、油の温度などを計れる放射温度計ぐらいか。

A&D 放射温度計 AD-5611A
A&D 放射温度計 AD-5611A

posted with amazlet at 17.05.12
A&D(エーアンドデー)
売り上げランキング: 2,635

↑ こういうやつ。高いんだけど、自炊派にはあると確実に便利な道具。

日本帰国に際して自宅の部屋に積まれたまま10数年が経過している大量のCDやアナログレコードを処分しようとヤフオクを見ていたらまたまた大江慎也熱が発症。レコード処分するつもりでヤフオク開いたのに大江慎也が参加した1984の「BIRTH OF GEL」をLPで買ってしまった。というかたぶん未CD化のアルバムだと思うけど。。

さらには大江慎也ソロのCDも現在中古でそれほど高くないので買ってしまいそうな勢い。プラス自分の大好きなRoostersのGood DreamsのLPも現在高値のついているCDと比べると安めの値段で出てるので買いたい。。。

今日本にもバンコクにもLPをmp3化する環境を持ってないので困ってしまう。。どうしよ。。。

あ、大阪組の皆様また来週よろしくお願いします。

懐かしのブートビデオ満載 AmericanJackass1 2017年03月12日

Bootleg

以前にインターネット以前の音楽業界ではブートレッグCD、ブートレッグビデオ、いわゆるアーティストが販売を意図しない映像や音源を元にした海賊版のCDやビデオが問題になっていましたが(当然アーティスト側には売れても金は入らない)、インターネット時代になってそれらのマテリアルはどこへ行ったのかといろいろ考えてました。

が、ここに来てYoutube上の1アカウントが話題になっております。AmericanJackass1というアカウントで80年代、90年代のメタルのブート音源、映像が大量放出。毎日何が出てくるか目が離せません。

AmericanJackass1 – YouTube

一例を上げますと、


↑ Randy Rhoads在籍時のQuiet Riotのライブ映像


↑ 1984年時のKeel!!!


↑ 1990年のYngwieの来日大阪公園。見に行ってた人は涙モノですな。


↑ Frehleys Cometなんて。。。


↑ 1989年 Blue Murder!!


↑ 1989年Badlanads!Ray Gillenの声の伸びに感動!

というわけでアラフォー旧メタラーはフォロー必須の垂涎アカウント。これはええですな!

タイメタル、ギターマスター Seree Lee 2017年03月07日

またまたタイメタルのギタリストをご紹介。ソロのSeree Lee名義でアルバムを2枚リリースしているSeree Lee氏。ワンレン長髪と太い眉毛がめっちゃ特徴的なメタルギタリスト。

時々日本から持ってきた日本のメタルのCDなどをebayで売ることがあるが、落札されて発送する際に大概「タイに住んでるならこのCD持ってない?」とタイメタルのCDのタイトルを言われる。

タイの場合ヒット曲のCDでも数年経てば見つけるのが非常に難しかったりするのに(最近はiTunesなどの配信があるからちょっとマシか)、洋楽のメタルではなくタイメタルはやはりニッチでまず発売時に買っておかなければその後入手するのは困難。

しかし今の御時世Facebookがあるのでご本人に問い合わせてストックがあるなら直接買える。このSeree Lee氏の2枚のアルバムも今はiTunesから買えるが、ちょうどCDがリイシューで出るというのでfacebook経由でご本人から購入しました。

以前に紹介したPattrawut Muti氏がスラッシュよりのテクニカルメタルだとすればSeree Lee氏はもうちょっとクラシカル、パワーメタルよりかな。曲によってはSteve Vaiなどトリッキーな匂いも若干するプレイ。

facebookを見てるとイベントでSeree Lee氏とPattrawut Muti氏の両雄揃って写真に写ってるたりするのでタイを代表するメタルギタリストなのでしょうな。Pattrawut Muti氏はチェンマイ在住でSeree Lee氏はバンコク在住。

ebayでCD売るところからじわじわとタイメタルを聞くように鳴ってきてますがオンラインでタイメタルのCDショップでもやろうかしら。200%儲かる気がしないが。。。