タグ: selfie

高所パフォーマンスとDeath Fail 2016年09月15日

ひとつめの動画のFail集を見てみてください。ちなみにこれは一応、閲覧注意と書いておかないといけないのかな? ロシアなどで流行った高所での命綱なしのクレイジーパフォーマンス。「落ちたらどうすんだよ!!」がそのまんま具現化された映像。 目を覆う以外にない映像ですな。。。

で、気づいたんですが最初の動画を見た後で2つめの動画を御覧ください。先に事故落下映像をしっかり見てるからか、より一層見てられない感が強まります。自分なんか見てて手が震えちゃったもん。。

やっぱりこういうトライアル、死んでるんすね。てかこれほどリスクが高いことようやるわ。一番最初にやった人ぐらいしか見合うリターンも得れないでしょうに。モモンガみたいに崖っぷちから滑空するやつもとんでもないほどリスク高いすよね。やっぱこういうのやってる奴ってちょっと頭の中で変な汁出てますよね。。

バイクとランニングと、、ブームの後は? 2016年02月29日

Bike

タイは今自転車とランニングブームがすごい。

自転車が半年ぐらい先行していて、今ランニングやマラソンがそれに追いついてきてて半年前と比べるとかなりランニング中のセルフィーがSNSに溢れかえっている感じ。

個人的には自転車、ロードバイクはやったことはないが、ランニングは2013年から初めて脚痛めたり、痔が大変になったりで間が空きつつも、地味にやり続けて今に至ります。ひとえにランニングは継続障壁(継続を妨害する壁)が低いから続いているのだと思う。

Hatyai Marathon 2015

反対に自分的には自転車の継続障壁はかなり高いのではないかと思っている。

なんでみんなあんなに高い自転車買って、わざわざ嵩張る自転車持って遠くへ出掛けて、めちゃ暑い昼の日中に乗るんだろう。バンコク市内は道路ボコボコ、渋滞酷くて危ないし、田舎は田舎で道路穴ボコあったり、空いてるから車は大概100kmオーバーの高速道路状態で走ってるしで言わずもがな危ない。

ホントに自転車が好きな人が「俺はそれでもタイで走る!」ていうのは全然理解できます。そんな苦労よりも自転車にかける情熱の方が上なのも理解できます。

が、一般のタイ人はそれほどみんな自転車好きなのかね。自分の場合はそういう障壁が十分に事前に予測されるから、始めたとしても絶対続かないと踏んでいる。だからやらないのです。。。

というのも、数年前にあれだけハマっていた釣りも結局今は全く行ってないからであります。

やっぱりタイは海釣りも淡水釣りも、もともと仏教的な観点から良いとされないせいか、環境があまり整ってない。なのでタイでまともに釣りをするのって結構大変でお金掛かったり、手間が掛かったりなのだ。僕はとある瞬間からちょっと熱が覚めてそれ以降めんどくささが先にたって行かなくなってしまった。釣りも意外とタイでは継続障壁が高くてホントに好きな人しか続かないと思う。

とりあえずタイでは数年後に自転車もランニングもどれぐらいの人たちが残っているかが楽しみです。継続障壁が低いと考えているランニングもどれぐらい人が残るだろうか??いつも走ってるルンピニ公園の走者の数で確認できるはず?!

アストロノーツセルフィー 2014年10月22日

image

数日前にtwitterのタイムラインで見かけた写真、宇宙飛行士の自分撮り写真である Astronauts Selfieです。宇宙飛行士の写真でこんなカッコイイの見たことないなあというぐらい宇宙服と宇宙空間の漆黒、太陽の光と影が、個人的に宇宙なんてまったく興味もない人間だけどこの絵はぐっと来ますな!

その中で一番カッコよくてぐっと来る写真だと思ったのが下ので

image

Wikiでよくよく見てみるとJAXAの日本人宇宙飛行士じゃないですか。顔はシールドが鏡面のように反射しててまったく見えないけどバックの光の入り方とかとてもカッコいいですな。しかもそのシールドの中に地球がすっぽり入っているという。

という訳で自分も宇宙セルフィー。ってiPhoneの壁紙やし。

image