タグ: Deep Purple

ギタートラックだけを抜き出したメタル音源 2017年08月04日

ふとしたことからメタルやハードロック系の有名な曲(おおよそギタープレイの点でマスターピースと言われる作品)がギタートラックだけ抜き出したような形でyoutubeに何曲かあがっているのを見つけた。


↑ Van Halen / Running With The Devil


↑ Van Halen / Somebody Get Me A Doctor


↑ Van Halen / Panama


↑ Ozzy Osbourne / Crazy Train


↑ Deep Purple / Highway Star


↑ Bon Jovi / You Give Love a Bad Name

確かにマスタテープには各トラック別々に録音されてるだろうからこういう音源があること自体は不思議ではないけど、こんな単体のトラックだけの音源がなんでネット上に流出するんだろう?どこから漏れてくるの??アーティスト本人は多分こんな不完全でお金になるわけでもないものを流通させたがらないだろうし。。。そして最近こういう音源が大量に流出してきたのか?と思いつつ上の動画のアップロード日付なんかを見てみたりもしたが中には10年近く前のものとか最近というわけでもないようです。ソウル・ファンク〜ディスコ・ハウスなんかだったらRemixって作業が頻繁だからわかるけどメタルに限ってはリマスタリングはあれどあまりRemixないしなあ。


↑ Metallica / …And Justice for All

最後にこのアルバムの曲を。当時から変だったがやっぱり今聴いても変な音だ。とりあえず別々のトラックの音源があるならこのアルバムのベーストラックの音源出してくれ。どう聴いても聞こえなかったJason Newstedの幻のベースプレイを。

And Justice for All
And Justice for All

posted with amazlet at 17.08.05
Metallica
Blackened Recordings (2013-09-10)
売り上げランキング: 27,830

↑ メタル界きっての音抜けの悪さで定評がありました …And Justice for All。

メタルに出る頻出英単語20 2016年07月31日

Christian "Speesy" Giesler And Miland "Mille" Petrozza Of Kreator

SNSでこんな記事が共有されていた。メタル・ハードロックの歌詞中、最も出現回数が多い単語は?という記事であります。膨大な歌詞データの中から単語の出現回数の解析。こういう仕事はコンピュータの得意な仕事でありますな。

メタル楽曲の歌詞で最も使われている単語は? TOP20発表 – amass

でリンク先のページを見て頂くと結果はわかりますが、頻出単語は全ての単語でその単語使った曲名などもすぐに頭に浮かんで来る。ま、当然か。

で、オマケで逆パターンもあって最も使われない単語ベスト20位がある。secretaryとかcomitteeとかemployeesとかattorneyとか。。。メタルで使われるかよ!って感じでツッコミ感と解析結果が見事に一致してて気持ちいい。なかなか見てて楽しかった。

しかしリンク先のトップの写真がDeep PurpleのBurnのジャケですが、Burnのアルバムジャケのタイトルカリグラフィっていうかあの書体ってなんであんなにダサいの??あの書体見て直感的にオバQを思い出しちゃうんだよね。。。

Burn
Burn

posted with amazlet at 16.07.31
Deep Purple
Rhino / Wea (2005-05-16)
売り上げランキング: 8,076

前へ!!前へ!! 2011年04月30日

Deep Purpleにおける人間模様、というか人間関係。こういうタイトルをつけておきながら別に分析がどうとかという訳ではないのだけれど、

以下の二つのビデオ、

これと、プラスPurpleのLive in Japanを見て思うのは、ジョン・ロードとリッチー・ブラックモアの演奏が最盛期はかなり前に前にと踏み出した演奏をしてること。これにボーカルが負けないように離されないように追いかけて来てるという印象しかない。Live in Japanを聴いてるとベストテイクだと思うが、ホントに世紀のベストテイクだったのだろうと思う。というのもyoutubeのテイク聴いてるとイアン・ギランがパワー負けしてまったく追いつけていない。

そしてBurnになるとボーカル分担制。デビット・カヴァデールはベーシストのくせに歌を歌うグレン・ヒューズを目の敵にしていたようで、もう全員が全員、「前へ!!前へ!!」これだけギリギリのバランスを続けるバンドというのも凄いもんですな。イアン・ペイスも地味ながら合間にガツンガツンかましてくるし。

このバンドでやっていくのは辛かったやろうなあ。。。

せっかくKula ShakerのHushのことについて書こうと思ってたらPurpleのビデオで呆然としてしまってまたよけいなことを書いてしまった。。。