タグ: デザイン

WORDPRESSのテンプレートを変更 2018年09月19日

数年ぶりにこのBlogのテンプレートを変更いたしました。前回java scriptを自分のウェブスペースに置くときにHTML5に準拠した書き方にしてみて、さらにはついでにトップページもHTML5準拠に書き換えました。なのでブログのWORDPRESSの方もHTML5準拠にしたくて長年使ってきたWORDPRESSのテンプレートも置き換えを検討。

PC、スマホ、タブレットのどれでも使えるようにレスポンシブデザインになっているものでHTML5にも準拠していて個人的にデザインが気に入るものを。。と考えて以下になりました。

WordPress Themes <⚡> Photricity Web Design
https://photricity.com/wordpress-themes/

Thanks to Photricity Web Design!!

なつかしの hi-lite のパッケージ 2018年03月09日

IMG_4947

飲み屋で知り合いが吸っていたタバコ。定番の hi-lite 。しかしこのタバコのパッケージも変わらないですなあ。僕が親父のお使いで近所のタバコ屋に買いに行っていた当時からは変わっていない。当然ながら友川カズキが「だったら売るな!」と歌にしていた健康に関する警告文はお使いしていた当時は記載はなかったが。

タバコの存在自体は危うい現在、それでもパッケージがこのように昭和のままストップしているのは面白い。お値段も僕がお使いしていた当時でも 200 円とか 220 円だったと思うが今は 420円 らしい。

そういえば自分が完全禁煙してもうすぐ 10 年。。。流石にもう吸うことはないだろうなあ。。。

インドの圧力鍋がまた古めかしいデザインで無駄に買いたくなる 2018年01月21日

色々圧力鍋を使うレシピを調べていたら偶然に発見。インドの圧力鍋ってこんな見た目のがポピュラーなのね。

夏井景子さんの愛用品|1人暮らしにちょうどいい。ホーキンス社製の小型圧力鍋 | カンパネラ
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/061300024/120900007/

もう日本でパール金属の3Lの一番小さい圧力鍋を買ってしまったが、見た目だけでなんとも買ってしまいたくなる古式ゆかしいデザイン。

そして日本みたいに圧が上がってくると「シュコシュコシュコシュコ」とうまいこと蒸気を逃すような構造ではなく、かなり圧が上がってくるまでずっとこの子はだんまりを決め込んで、気まぐれに「バシューーーーーーーーーッッ!!!」と爆発する強引さ。

こりゃあ欲しくなるなあ、、、と思いつつキッチンの収納狭いので同じ機能のものを2つも買う決断はなかなか下せません。。。それならフードプロセッサ買うなあ。。。

ホーキンスA20クラシックアルミ圧力鍋 - 3リットル
Hawkins
売り上げランキング: 1,159,729

↑何気にアマゾンでも売ってたりするんだが、パール金属の圧力鍋の倍の値段なんだよな。。。eBay だともうちょっと安いか。。。

プルタブ付きココナッツ?? 2017年08月17日

Coconut with tab 5

近所のスーパーマーケット、Topsで食品を物色していたらこんなものを見つけた。

オーガニックのココナッツらしいが、見慣れないものが付いている。なんとプルタブ!!

Coconut with tab 1

10円玉ぐらいの大きさに割りやすいように切り込みが入れられていてそこにプルタブがネジ止めされているココナッツ。

Coconut with tab 2

簡単にパコッと取れた。構造上しょうがないかもしれないが、ネジの先端がココナッツの実のほうに到達してしまっているので全然日持ちはしないものと思われる(ココナッツの実は割るまでは完全に無菌状態に保たれているけど、こういう風に外部から菌が入る要因があると気をつけるべし。パッケージングしてから日が経ってないものだと大丈夫だと思うけど)。ココナッツジュースを飲む場合はここからストローを果肉にぶっ刺して飲む感じかな。

Coconut with tab 3

僕は果物ナイフでホジホジして穴開けてからコップに注いで飲みました。そして殻のもうひとつの溝のほうに包丁を入れてみるとそれほど力を入れなくても包丁が入り、刃をひねってやるとこちらもパコッと殻が外れた。

Coconut with tab 4

果肉を食べる時はこんな感じでしょうか。

うーん、タイ人はこういうディスプレイ感覚に長けたアレンジうまいすね。

AirPort Express 802.11n WiFiルーター 2014年12月24日

image

最近ほぼ4年使ってきているBelkinの802.11nのWiFiルーターが仕事終わって自宅に帰ってくると電源が落ちていることが度々。それはACアダプタを引っこ抜いて再度挿し直すと電源が入り、それ以降は安定して使える。ただ、たまーにスマホがWiFiの電波を掴み損なったりすることが出てきた。

こりゃもうそろそろお亡くなりになるかなと思って再度調達することに。まあ、今使ってるデバイスが

Mac mini
Macbook Air
iPhone x2
iPad x2
Android Smartphone x2

という構成でアップル製品がまた大多数になってきたのでApple製のWiFiルータを試してみるかと考えた。そうなると、

AirPort Express 802.11n (Dualband)
AirPort Extreme 802.11ac
AirPort Time Capsule 802.11ac + SATA HDD
(日本ではAirMacとなってますが、海外ではAirPortという商品名)

となるが、一番部屋に置きたいのは超コンパクト設計なAirPort Expressの802.11n WiFiルーター。ただし、発売からもうしばらく経ってしまっていてデュアルバンドとはいえ特に目新しいスペックのものではなくなっている。これからしばらく使っていくには先が短いスペックか?お値段は3200THB。日本だと9400円か。

せっかくなら802.11nの次のWiFi規格802.11acに行きたいところだが、802.11acをサポートしているAirPort Extremeだといきなり筐体がでかくなってしまう。しかももうひとつ上のクラスの製品AirPort Time Capsuleなら中にHDDが入っていてMacのバックアップマシンとして動作するので納得だが、AirPort ExtremeのほうはHDDも入っていないのに無駄にデカイ。HDD入っていないのならせめてこの半分ぐらいのサイズにしてほしいもんだが。かと言ってTime Capsuleのほうは2TBのHDDのモデルで9500THB、3TBで12500THBとちと高い。AirPort Extremeで6200THB。むうう。(ちなみに日本だとAirPort Extremeで18800円、Time Capsuleが28800円と37800円)

結局、一番サイズとデザインが気に入っていたAirPort Expressの802.11nにしました。。。まあ、いいでしょう。実質802.11nでも普通にまだ数年は使い続けるでしょうし。ただ、数多あるWiFiルーターの中でこの省スペース&ミニマルデザインは特筆モノですな。しかも電源ケーブル部にはMac miniなどと同じくいわゆるBrick (見た目がレンガのブロックみたいなことからブリックという、電源ユニット部のこと) がなく、この手に収まる小さな箱の中に電源ユニットも内蔵しているという素晴らしい作り。

image

image

ま、買ってきて箱開けて設定、スピードは前のものと同じだからあまり変わりませんな。AppleのAirPortシリーズはどうもWebインターフェイスでの管理コンソールを提供していない模様なので必ず設定にはiPhoneやMacなどのAirPort設定ユーティリティが必要になるのがちょっと変わったところでしょうか。Windowsは設定ユーティリティがフリーでDLできるようです。

それぐらいかな。この製品素晴らしいのはデザインです。それ以外は普通。

Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/A
アップル (2012-06-13)
売り上げランキング: 3,554