アストラゼネカ1本目! 2021年06月16日

IMG_20210616_134549

会社で登録されたCOVID19のワクチン接種、あれよあれよという間に接種の予定日が来てしまいました。会場はラムイントラのFashion Island。これまた遠い。会場入って会社名、名前、住所、パスポートやらワークパーミットやら確認、あとはアレルギーやら健康状態のヒアリング、身長体重、血圧などのチェックを済ませたらあとは注射。待ち時間も15分ほどで左腕に垂直に注射針打ち込んで「ちゅぅっ」とやって、はい終了。その後は30分経過観察のために隣の部屋に移動してぼけーっとスマホいじりながら待つだけ。そして30分経ったら証明書もらってバイなら。簡単に接種終了。次の注射は3,4ヶ月先とのこと。。。えっ!?長くない?

今アストラゼネカ受けといて、今年の12月とかに有料でモデルナも受けようと思ってたのにアストラゼネカであと3,4ヶ月もかかるなら年末モデルナ受けられんなあ。でもまあこれでどこか海外に行けるところが出来ればうれしいところだけどね。

ちなみに後から知ったけど今んところワクチンはバンコクではアストラゼネカ、地方ではシノバックになるようです。

IMG_20210616_150825

ドリアンもオンラインで注文、チルドで届く 2021年06月14日

IMG_20210613_164226

うちの彼女がオンラインでドリアンを注文。夕方、自宅のコンドに販売業者が届けに来た。ハッチバックの一般車にでっかいクーラーボックス乗っけてドリアンをチルド冷蔵の状態にできるだけ保ちながら今日一日分の注文を配達している模様。

個人の商店レベルでも、なんかスイッチが入るとタイの世の中はサービスレベルの改善、変更なんかは日本人がやる以上のスピードでガンガン変わっていきますな。ひと昔前はドリアンをオンライン注文でチルドで配達してれるなんて考えもしなかった。

が、金額がバカ高く、今回の注文分で1,200バーツもはらったそうだ。本人は「まあ、一回はサービスがどんなもんか試してみて。。。」とは言ってるものの「量が少なすぎる、最低じゃ」と切れておりました。というわけでもう頼まないかな。

Air Tag、バンコクに来ていた 2021年06月13日

IMG_20210613_124552

未だにオンラインのアップルストアで注文したAir Tagがまだ自宅に届かないのだが、バンコクのガジェット好きな人間には有名なMBKのA.O.B.になら輸入品が入ってきているようだったので日曜日に買いに行く。

A.O.B Mobile.NET

1個1,300バーツ。Apple Storeなら990バーツ。で、帰りにそういやiPhone SEって今いくらするんだっけ?と思ってiStudio に立ち寄ったら普通にAir Tag置いていた。。。990バーツ。えー、1,300バーツ払っちゃったよ。。。まあ、それはさておき、Air Tagです。さすがアップル。とりあえず我がPCXに取り付けてみると、もう10分おき、5分おきぐらいにAir Tagの位置をどこかの誰かのiPhoneが位置を拾ってくれる。これなら盗難の際のトラッキングもある程度は使えるんじゃなかろうか。TILEとは偉い違いです。

IMG_20210613_124631
↑ 今こんな紙が入ってるのね。

IMG_20210613_124648

IMG_20210613_124722

IMG_20210613_124750

IMG_20210613_125439
↑ バッテリーはCR2032。コンビニで電池はすぐに調達できるので便利。しかし、Air Tagは一応音が出せるのでスピーカー内蔵だと思うが本体の作り見ててどこにスピーカー穴があるのかよくわからなかった。

VEMARの夏用バイクメッシュグローブ 2021年06月12日

IMG_20210613_111249

これ、薄手でバンコクでも快適。掌底のところに分厚いゴムのプロテクタが入っていて、転倒時に掌底から道路に手をついても大根おろし状態から多少は救ってくれるはず。あまりごてごてとプロテクタは入っておらず指が動かしやすくて使いやすい。なにより価格が安い。バンコクはウォンウェンヤイ近くのバイク用品店320SRで確か400バーツぐらいで購入(ほぼワゴンセール状態)。結構お気に入り。

IMG_20210613_111247

実は3月にEpiphoneの古ーいSG Specialを買っていました 2021年06月09日

IMG_20210321_153630

次の記事を書く前に以前のブログの書き込みを調べていたら実はこのギターを買ったことを書いていなかった。なので書きます。

上記、EpiphoneのSG Special P-90 60周年Reissueモデル。TVイエローカラーが目にまぶしいGibsonではなくEpiphoneなやつです。さて、50周年で「??」と思われた方は正解。1961年のリイシューで今は2021年。60周年じゃん。と思うんだが

http://www.epiphonewiki.org/index/SG.php#1961_SG_Special_P90

これを見ても50周年って書いてある。そう、このギター2011年に製造のギターなんであります。しかしながらバンコクで2021年に中古ではなく新品で手に入れた。10年間このギターはどこでどうしてたんだろう?という不思議なギター。でも店頭にあったのはTVイエロー一色のみだったからこの色だけ10年売れ残ってたのかもしれない。

IMG_20210321_152131

ちゃんとギグバッグまでついていて、このギグバッグにもご丁寧にSG 1961 Special 50th Anniversaryと書かれたレザーのタグがついている。(ところがファスナーの金具は1ヶ月後にポキリと折れた)

TVイエローのこの色味は実は結構微妙な色合いでこのカラーリングのせいで売れ残ったたのかな?お値段は確かもともと14000バーツだかを2割引きしてもらって10000バーツ前後の価格で非常にお値頃に手に入れた。が、やはりお値段なりでそれなりに作りに雑なところがあるのだった。。。