600バーツ(約2000円)で買ったWiFi AX200とBT5.0のPCIボードが安定して使えて嬉しい 2020年09月24日

IMG_20200925_214455

新しく作った Windows PC には WiFi の機能がなかったので多用する USB ポートを潰さないために PCI 接続の WiFi カードが欲しかった。いつもの Lazada をチェックすると 500 バーツ台で AX200 対応の WiFi カードがごろごろ出てくる。販売元はどれもほとんど中国のお店なので注文して次の日入手、というわけにはいかないが、AX200 の WiFi カードが 500 バーツ台というのは魅力。そして BT5.0 も同じボードにチップが載ってるみたい。

まあ、最悪失敗してもいいやという感じで注文。1週間ほどで自宅に到着しました。それが上の写真。メーカー名もない。まあよくある安物中華パッケージ。

IMG_20200925_214319

で、さっそく PC に装着。うーん、何も問題なく認識、WiFi も BT も認識して使えてる。それまでつなぎに使ってた D-Link の安い USB の WiFi モジュールは途中で WiFi との接続が切れたりしてたが、この PCI のカードはそんなこともなく全然安定している。そして WiFi の速度を測る対象もツールもないので(テストする対向も 802.11ax でつながないと速度なんて出ない。本来は 802.11ax デバイスをもう一台用意して転送スピードテストしたいが)とりあえず ookla のインターネットスピードテスト試してみたらなぜかインターネットの接続スピードが倍になった(とはいっても 30Mbps が 60Mbps に)。

そして 2014 年に作った Windows PC では USB のモジュールで BT を追加してたが、そいつが全然安定していなくてずっと Windows で BT は使えないなと思ってたが、この PCI ボードは BT も全然安定している。BT マウスも使えるし、PC スピーカーがないので Google Home Mini を PC と BT ペアリングしてスピーカー代わりに使ってるが、PC 起動時にはすぐにペアリングする、音も途切れないと超安定してます。

これはとてもいいっす。このお値段で全然使えます。

Dual Band PCI Express WiFi Card Gigabit for Intel AX200 2.4G/5Ghz 802.11Ac/Ax 5.0 Bluetooth Adapter Only Support Window10 | Lazada.co.th
↑ Lazada のこれを買いました。


↑ AX です。


↑ アマゾンでもだいたい同じようなものを売ってますが価格は倍ぐらいか。

あまりものLebanese 2020年09月20日

IMG_20200909_203309

先日作ったファラフェルのソースとしてタヒニソースを作りましたが、ファラフェルで使い切れる以上の分量を作ってしまい、そのままでは腐らせてしまいそうな勢いだったので、同じくファラフェルで使いきれなかったパセリと冷蔵庫の中で眠っていたカナー(タイのケール คะน้า )とで飯を作ってみた。

ぶつ切りにしたカナーを蒸して、そこにタヒニソースをシーザーサラダのように絡めて、みじん切りしたパセリをどばっと。なんだかものすごい緑一色の料理になって、緑は瑞々しくてよかろ、と思った割になんか全体的に絵が寒色になってうまそうに見えない。。写真だから余計に寒色寄りになってますが、目で見てもあんまりうまそうには見えませんでした。

が、実際の味は全然オーケー。ちょっと変わった味のサラダとして全然食えます。タヒニソースとか中東系のものをインスタントラーメンとか、ソムタムとかに合わせて食べてみるのも以外とイケるかもしれないと思う夕べでした。


↑ パセリとイタリアンパセリは別物?

久々のトラチャイステーキハウスでパスタサラダ 2020年09月19日

2020-09-18_06-33-03

実に数年ぶりにラマ4ルンピニ近く、サトーンソイ1のトラチャイステーキハウスに行ってきました。友人とともにサウナに行き、その帰りに洋食を食おうということで訪問。シュニッツェルやコルドンブルーとか美味いのであります。

とはいえ、自分はベジなのでパスタサラダを選択。

しかし、ブレッドとベイクドポテト、コールスローに主人公のシュニッツェルもついて160バーツとかの価格帯は破格だと思う。そして味もなかなか美味いのでやはりここはすごく良い。友人も美味いと申しておりました。

パスタサラダも地味ながら美味かった。

そしていつもの中国人のおっちゃん(オーナー)はこの日は不在。また久しぶりに会いたいね。翌日バイクで前を通りかかったらおっちゃんは居てたので病に倒れたとかではないと思う。また行こう。

iPad ProがSIMを認識しなくなる問題が頻発。。。 2020年09月17日

iPad Pro

去年買った11インチの iPad Pro 日本版のモバイル回線の調子がなんかおかしい。SIM 入れてるのに認識してくれない。SIM が挿入されていませんとか出るのではなく、SIM スロット自体忘れてしまったかのように設定画面でも eSIM の設定項目しか出てこなくなる。いつからこうなったのかよくわからないけど、iPad OS のバージョンアップかなにかソフトウェアの問題でそうなってしまったのかと思っていた。

最近また SIM 入れて使うようになり、ちゃんと状況を見ていたが、家では SIM 入れて認識してるのに会社に持ってくると モバイル回線がつながらなくなったり、SIM を入れ直すと認識したり、また認識しなくなって、今度は入れ直しでは駄目でネットワーク設定のリセットを実施したら認識するようになったりとなんかイマイチなにが原因なのか掴みきれない感じ。

日本語の検索結果でも英語の検索結果でもあまり数多くは事例が出てこないが、iPad や iPhone の SIM スロットが壊れるということもあるみたいだ。変な凹凸の付いた SIM を入れたりすると SIM カードの抜き差しで SIM のチップに接触する金属のピンが曲がったり折れたりするということ。

うーん、SIM スロットの端子の接触の問題もあるのか?と少し SIM トレイの中でガタついている SIM をきれいに固定しようと思ってセロテープで固定して SIM トレイを挿入しようとするが、途中から手応えがかなり固くなって、、、、いや、これは無理くり押し込むと今度は抜けなるパターンだ!と思って SIM を再度抜く。

と、その後 SIM の認識問題は解決してしまった。その後 SIM を入れても100%で認識してくれている。やっぱり物理的な接触の問題?テープ巻いてキツキツのスロットで端子ピンが矯正された??

イマイチ iPad Pro みたいな超精密電子機器がこんな物理接触の問題起こるのかなと半信半疑ですが、実際に問題が起こってないのだからやっぱりそうなのかと思います。

まあ、数ヶ月悩んでいましたがとりあえず今の所解決で、iPad OS 14 にアップグレードして快適に使ってます。。。

OISHIのเจ, ベジタリアンメニュー 2020年09月16日

2020-09-18_05-59-44

うちのオフィスのビルに入ってるOISHIの立て看メニュー、ベジな自分としては嬉しいことにベジメニュー(เจ)です。

が、

上のほうに写ってるのが ราเมนผัดซอสโหระพาเจ ラーメンパットソースホーラパージェー。ガパオのように見えて実はガパオではなく、たぶんソイミートとスイートバジルのソース炒めラーメンという聞いててもイマイチどんな味なのか想像しにくいメニュー。

そして下のほうに写ってるのが มาโบโทฟุราเมน マーボードーフラーメン という、これは味がまだ想像しやすい名前のメニュー。

ただ、どっちの写真を見てもぜんぜんうまそうに見えないのがなんとも言えないところ。まあ、自分がベジで、あまり選択肢の少ないバンコクのベジメニューなのでとりあえず試してみたいとは思いますが、あんまり気が進まないんだよな。。。まあ、後日うまくてもまずくてもご報告いたします。