タグ: アップル

iPhone買うのももう終わりかな 2018年09月14日

先週iPhoneXSなどの2018年のiPhoneシリーズが発表になりましたが、なんか全然魅力を感じない。しかも値段も馬鹿高い。

最近のAndroidも面白いとは言わないけど、十分にiPhoneレベルのスペックを満たしている機種はいっぱいあるし、お値段も安い(とはいえ一時期に比べると全体的に上がったような気がするが)。普通にOnePlus 6とかXiaomiのMi8Explorerモデルのほうがデザインもイケてる気がするし興味を持てる。手持ちのiPhoneXをiOS12にアップグレードしたらぬるさく度が結構あがってもうしばらくは使おうかなと思ってるけどそのうちAndroidに返り咲くでしょうね。

身につける今川焼き Sony MDR-XB950N1 2018年1月04日

IMG_2264

最近映画館で映画をよく見るのでドルビーアトモスとかなかなかいい音環境に慣れてしまったせいで、自宅で映画館のような極上音楽環境を、と思って 7.1ch とかのサラウンドヘッドホンが欲しいなあと思って居た。

そこから色々考えあぐねて結局ノイズキャンセリング付きの下品なぐらいベースが鳴る BT ワイヤレスヘッドホンを購入した。大阪に帰省中に実家近くのヤマダ電機で購入。ソニーの MDR-XB950N1 というモデル。ソニーの EXTRA BASS という製品ラインナップのものでクラブのフロアに立っているような音響を目指して作ったらしい。

確かにこれでハウスやドラムンベースあたりを聞いてるとレイブに行ってスピーカーの真ん前に立って踊っている時のような音の聞こえ方になってくる。そういう系統の音楽を聴く時はちょっと音を調整しないと聞きにくいかもしれない。

そしてノイズキャンセリングの効果は絶大。高周波のノイズはほとんどかき消してくれる。音楽かけずにノイズキャンセリングだけしてる状態なら他の人が呼びかけて来てもうっすら聞こえる。外に出て歩きながらスマホ取り出して曲選んで再生、としてパッと前を見たら目の前に車が居たことも。それぐらい周りの音が聞こえない。

ノイズキャンセリング+音楽かけてたら、かなり孤立感+没入感あり。通勤時に電車に乗って目をつぶってると駅に着いたアナウンスも聞こえないし、ドアの開く音も聞こえない。気をつけないと乗り過ごしてしまう。とはいえ音楽聴くには素晴らしいヘッドホンです。

IMG_5318

IMG_1298

そしてこの見た目。まるで左右の耳に今川焼きくっつけてるような出で立ち。ヘッドホンのパッドの厚さがかなりあるため、耳を全く押さえつけることもなくつけてて疲れないし、音漏れもほとんどないぐらいのソフトな密着。

アップルの AirPods も小さくてとても便利なんだが音の上では好み的にもこっちに軍配が上がります。最近はどこに行くにもこのヘッドホンつけて外出してます。

とはいえ、暑そうだから夏場になるとまた AirPods の権威が持ち直すと思います。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple Computer (2016-12-14)
売り上げランキング: 25

MacBook Proは大方気に入ってるけどキーボードのタイプ音が強すぎてヤダ 2017年10月05日

MacBook Pro
↑ これはタッチバー付きのモデル

2016年のタッチバーなしのモデルのMacBook Pro13インチを使っております。以前のMacBook 12インチから比べてもマシンパフォーマンスもあるし、MB12インチは薄すぎて持ち歩き時に折ってしまいそう、とかバックパックを適当に床などに置いてしまうと角から破壊してまいそうな気がしてイマイチ気に入ってなかったが、MBP13インチは本体の大きさに見合った分厚さと重量感で強度的な心配はそれほどないと思われます。(とはいえ久しぶりに体験したJR山手線の朝のラッシュの詰め込みの際にはちょっと心配でしたが)

個人的にはUSB-Cポートのみ搭載という点もUSBトークンなどがアダプタないと挿入できないなどめんどくさい点もなくはないけどACアダプタをサードパーティ品などで使いまわし出来たりとそれなりにいい点もあるので気に入ってます。

一点だけ残念な点は、最近のMacBookで採用されてるロープロファイルなキーボード。キータッチがどうのこうのというのはいろんな人が言ってるが、その辺は2015年のMB12インチで初登場した時から比べてかなり改善されて打ちやすいキーボードになっています。しかし、問題点は打鍵時のうるささ。薄いプラスチックを叩くようなパタパタした音が部屋中に響き渡るんですわ。。。これが非常にマイナスポイント。薄いシリコンのキーボードカバーみたいなのをつければ打鍵音はだいぶ吸収されますが、キータッチがかなり変わってしまって打鍵感が重い。。。

うーん、この部分だけ改善してくれればかなりいいマシンだと思うんですがねー。

このタイミングでApple Watch Series 2 2017年09月22日

image

日本に帰ってきてまずいちばんに買おうと思っていたのはApple Watch。というのも自分の使ってるiPhone7は香港版なのでApple Pay + Suicaが使えない。でもカメラのシャッター音を完全にオフにできる香港版はそのまま使いたい。そういう時は日本で購入するApple Watch Series 2を併用すればApple Payが使えるようになるわけです。

ちょうどAppleの新製品発表のタイミングでもあり、Apple Watchも新しくなるという噂が出てましたが、結局LTE対応のApple Watch Series 3はどうやらMVNOのSIM入れたiPhoneとの組み合わせでは使えなさそうなので、とりあえずSeries 2でもSeries 3でもいいやと思って買おうと思ったらSeries 3の発表のあった火曜日から金曜日までApple Watchが買えないという状況に。オンラインの日本のApple StoreでSeries 2を購入して自分が大阪に帰る前に実家に届けておいてもらおうと思ってたがそれが不可能に。3を購入しようとしても発売が22日なので手に入るのは一週間後。さらにその時期東京に来ており、部屋探しの予定が見えなかったため、はっきり住所が明確ではなかった。Series 3をオンライン予約で買うのは難しい。

で、諦めずにヨドバシ梅田の在庫を狙おうと訪ねて行ったらちゃんと42mmのApple Watch Series 2が在庫ありました。自分には珍しくゴールドなんてカラーをチョイスしました。

iPhoneとApple Watch Series 2とペアリングして早速Apple PayとMobile Suicaを設定。

非常に便利だ。とにかく財布もスマホも出す必要がない。SuicaはExpressカードに設定しているのでボタン操作もなく、コンビニ支払いも駅の改札も時計をリーダーにかざすだけ。両手に荷物いっぱい持ってても非常に楽。使用履歴もSuicaなら当日の使用分は見れないが、前日までの分はしっかり一件一件確認できる。自分の使ってる三井住友のカードだとiDも使えるようにしているんだけど、これは使用履歴の確認が非常に見づらい。

そして東京に移動してかなりの支払いがSuicaでできるのでさらに利便性を感じる。公共交通機関、コンビニ、チェーンの飲食店で東京ならほとんど使えますな。

というわけで決済用リストバンド以外の機能はほとんど期待していないApple Watch Series 2。Series 3には目もくれずとりあえずこれで東京生活スタートじゃ。

エアダスターでMacbookのロープロキーボードの不具合解消 2017年09月18日

image

ホントにこの手が使えるのね。

MacBook 12インチや、MacBook Pro 13インチの最新版でキーストロークの浅いキーボードが採用されてますが、たまーにキーの下にゴミが入る。当然ながらそうなるとキーを押しても認識しなかったり、押す感触がなんだか気持ち悪ーくなったりするのであります。

1個のキーがそうなるだけでも使ってて非常に気持ち悪くてPCを投げ捨てたくなったりするが、以前は清掃しようとして無理くりゴミの入ったキーをパキッと外していた。しかしこれをやると大変。キーストロークが浅い分非常に精巧に作られているのか、再度キーをハメようとすると難儀します。なかなか元通りにハマらない。ていうか最初は壊してしまったかと思ってドキドキしてました。

でまたMacBook Proでキーの下にゴミが入ってしまったのでキーを外す前にとりあえずググる。

MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法 – Apple サポート

単純にスプレー式のブロワーでホコリを吹きとばせ!というだけの話。ホントにこんなんで改善するのかいな、と半信半疑でアマゾンでエアダスターを購入。ゴミの入ったキーを集中的にスプレーで吹きまくる。上のページに書いてあるとおり75度ぐらいに傾けて吹いてやる。

そしたら完全復活しました。キー押した時の認識も打鍵感も購入時の問題のない状態に完全に戻った。単純な方法だけどやっぱこれ効果あるんですなー。

スプレーが2缶で960円ぐらいだから電車乗ってアップルストアやヨドバシなんかに持っていくのとたぶん変わらん価格なのでとりあえずこれは効果あると思います。