最近のiPhoneもMac要らねけどiPadはないと困る 2021年05月28日

Little Burrito wants to know if there will be a test on this book.

2010年ぐらいからiPhone使ったり、Android使ったりを繰り返してきてますが最近はAndroidのOnePlusで落ち着き、最後のIntel版Macbookを買ったものの、Parallels
DesktopでWindows 10をインストールしてずっと使っております。だいぶ最近はApple離れが進んでますがiPadだけは未だに手放せずにおります。iPhoneは馬鹿みたいに高いから呆れてしまったというのがあり、Macbookに関しては細かいところに不具合が多く、スリープで持ち歩くとなんでか裏で稼働してるのか移動した後に取り出してみると本体ホカホカでバッテリーが大幅に減ってること多々。このへんでちょっと気持ちがAppleから離れた。

でもiPadはいいですな。やっぱりApple Pencilと純正キーボードとの組み合わせが非常によく、現在アメリカのオンライン大学で勉強してますが学習の際のツールとしてはピカイチな気がします。やっぱり配布されたテキストをすぐに取り込んで上にバリバリ書き込んでいける作業が強い。あと、現場作業の際にお客さんの工場のレイアウト図やオフィスのレイアウト図を読み込ませてその上に書き込んでいく時の使い勝手は素晴らしいですな。しかしたぶんMagic Keyboardは要らない。重い、高い(価格)が主な理由。トラックパッド多用するかなあ。。。

というわけで最近はOnePlusのAndroid、MacbookでWin10、iPadでずっと作業しております。

エアダスターでMacbookのロープロキーボードの不具合解消 2017年09月18日

image

ホントにこの手が使えるのね。

MacBook 12インチや、MacBook Pro 13インチの最新版でキーストロークの浅いキーボードが採用されてますが、たまーにキーの下にゴミが入る。当然ながらそうなるとキーを押しても認識しなかったり、押す感触がなんだか気持ち悪ーくなったりするのであります。

1個のキーがそうなるだけでも使ってて非常に気持ち悪くてPCを投げ捨てたくなったりするが、以前は清掃しようとして無理くりゴミの入ったキーをパキッと外していた。しかしこれをやると大変。キーストロークが浅い分非常に精巧に作られているのか、再度キーをハメようとすると難儀します。なかなか元通りにハマらない。ていうか最初は壊してしまったかと思ってドキドキしてました。

でまたMacBook Proでキーの下にゴミが入ってしまったのでキーを外す前にとりあえずググる。

MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法 – Apple サポート

単純にスプレー式のブロワーでホコリを吹きとばせ!というだけの話。ホントにこんなんで改善するのかいな、と半信半疑でアマゾンでエアダスターを購入。ゴミの入ったキーを集中的にスプレーで吹きまくる。上のページに書いてあるとおり75度ぐらいに傾けて吹いてやる。

そしたら完全復活しました。キー押した時の認識も打鍵感も購入時の問題のない状態に完全に戻った。単純な方法だけどやっぱこれ効果あるんですなー。

スプレーが2缶で960円ぐらいだから電車乗ってアップルストアやヨドバシなんかに持っていくのとたぶん変わらん価格なのでとりあえずこれは効果あると思います。

Macbook 12インチ 2015年モデルのキーボード。。 2016年11月22日

image

めちゃくちゃ薄くてファンレス、軽い、小さい、んでキーボードのストロークが驚くほど浅い、拡張端子がUSB-C x1とヘッドホンジャックしかないというちょっと変わった子のMacbook 12インチですが個人的にそれなりに気に入って使っております。仕事もプライベートも使うのはほぼこいつ。

それだけ酷使しているせいか、キーボードのEnterのキートップの印字が剥げてきてます。。これはかっこ悪いなあ。。そこらへんの安物PCとかは使い始めて半年とかでキートップがテカテカになり、印字が消えて常用するキーは真っ黒になるという事態が頻発してましたが、さすがにしっかりとしたお値段のMacは大丈夫だろうと思ってた。(5年ぐらい使ってたiBook G4も、Macbook Air 13インチもそんなことはなかった。このことからさすがMacは高いだけあって細かいところの作りが違うなと思ってたんですが。。。)

12インチMacBookを使い始めて半年で買ったアクセサリと使ったアプリ、El Capitanへのアプデほかまとめ – muo-notes
↑ こちらの方も同じように悩まれてます(ページ下部の記載を参照)。。。こっちはcommandキーか。。。

こちらのサイトの方も僕もMacbook 12″は2015年モデル(2016年にマイナーアップデート)を使ってますが、2016年モデルはキートップ剥げないんだろうか??

↑ こういうのを付けたほうがいいのかなあ。しかしキータッチが変わるのも嫌だしなあ。

久しぶりに自分の仕事と私用のメインマシン、Macbook12インチをクリーンインストール 2016年11月02日

image

一応、自分の使ってるマシンは部屋の大掃除と同じように一年に一回ぐらいはまっさらにしてきれいにしてます。必要なデータはバックアップ取って、OSをイチから入れ直して不必要に残ってしまったゴミデータや一時ファイルを消し去るんですが、ここ最近億劫でまる2年ほどやってなかったかもしれない。

なのでちょうどmacOS Sierraもリリースされていることだし、クリーンインストール、およびEl CapitanからSierraへのアップグレードも兼ねて週末に実施。

先にデスクトップのMac miniでSierraアップグレードは行っていたので、USBメモリにインストールディスクは仕込んでありそれを挿して再起動。手順通り進めて特段なんにも問題になることはなく終了。USBのHDDからデータを戻して、必要な周辺機器のドライバ入れて必要なアプリ入れ直して、とりあえず仕事できる環境に戻しました。

いや、これ、OSアップグレードしたんだっけか?っていうぐらいアップグレード感がない。壁紙ぐらい??Siriも自分はまったく使わない、Apple Payはまだタイでは使えない、iCloud関連の同期や勝手にファイルを移動するような機能などはオフにしてるし、、、使い勝手も見た目もほぼ変わらず。まあアップグレードも無料だから何も文句などはないですが。

でもやっぱり快適。一旦クリーンインストールするとなると、デスクトップや変なパスに散らばってたファイルも簡単ながら一旦整理するし、PCの中がすっきりまとまる。やっぱり一年に一回ぐらいはやらんとダメですな。

。。。Apple Watch連携の自動ログオンは使えるかな。。Apple Watchも持ってるけどホントに時計ぐらいしか用途がないし、Sierraも新機能ほとんど使ってないからこれぐらいは試してみるかな。。。

PC世代はタブレットではなくPCで行こう 2016年02月17日

02.Laptop.MeridianHillPark.WDC.26June2011
↑ そう、結局はこのスタイルで良かったんだよね。タブレットいろいろ買ったけど、結局PCが一番よかったってこと。

自分にとってモバイルに必要な端末はハイスペックなスマホでもタブレットでもなく単純にノートPCだと改めて考える次第。

思いついたらそのままある程度長い文章を打ち込みたいとか、ブログの更新をしたいとか、自分の管理してるVPSのサーバーを覗きたいとか、寝転がってる時や飯の後にぼさっとしてる時でもふいに作業したくなる時がある。スマホ、タブレットでも出来るんだけどある程度まとまった作業量だとモバイル端末での作業は効率が悪くてイライラして、途中でやめてしまうこと多々。

んで、アメリカの映画なんかで向こうの人が外出先のカフェとか、自宅のベッドルームの枕元に分厚い重そうなノートPCを置いて使ってるのをよく見るが、あれと同じことをしてみようと。手持ちのノートPCはMacbookの12インチとSurface3なので持ち歩いたってタブレットとさほど印象は変わらんのです。

she gets winded just watching mad men -  _MG_9090.embed

手元にモバイル端末ではなくノートPCがあれば継続して最後まで作業が出来るのかなと思ってMacbookとかSurfaceを家の中でずっと持ち歩いている。やってみて、多分これが正解だと思う。思い立った時にすぐに作業できて、手に馴染んだ作業環境というのが良い。

スマホはそれでも外出時のメールチェックやプッシュ通知で急ぎ連絡確認があるので手放せないが、タブレットを持って移動するぐらいならMacbookかSurface持って移動してる方がなんかを作りたいという時にすぐに対応できて良い。タブレットは1ピクセル単位でオブジェクトずらすとかそういうの苦手で、入力が弱いのでどうしてもコンテンツ消費系になってしまう。

自分はスマホ・タブレットのネイティブ世代ではないし、正直な話、何が一番使いやすいかと考えるとPCになるのです。というか元々学生時代にネットや画像編集などを行う際にPCしかなかったからスマホ、タブレットもPCと比較してしまうんだけど、基準がPCであるならPCが一番使いやすいわけですよ。子供の頃に親からタブレットを買い与えられてそれで育ってきてる人はやっぱり基準はタブレットになると思う。

というわけでインターネット黎明期(1996、1997年あたり)に初めてPCを触った僕はやはりPCとともに生きるのです。