タグ: keyboard

自宅用にはHHKB Lite2 for Macを買ってしまった。。 2017年11月03日

HHKB Pro2の非常に心地いい タイピング感覚に鳴らされてしまってついつい秋葉原に足を運んだタイミングでHHKB Lite2 for Macを自宅のMac用に購入してしまった。

巷では高級キーボードとして名前が売れてる東プレのRealforceシリーズなども比較するために買ってみようかなと考えたりもしましたが、こちらも2万円台という強気なお値段と、テンキーレスで小型化されてるモデルがあるものの、ファンクションキーや十字キーが付いていてHHKBと比べるとかなり大振りなサイズになってしまうのがいやでフットプリントの小さいHHKBをまた買い足すことになりました。

メンブレン方式のキーボードとはいえ、それでも6,000円ぐらいするキーボードなので打ち心地はなかなか。キーボードの高さやサイズ感はPro2そのままで打ちやすい。その反面、若干HHKB Pro2よりも打鍵音がうるさいかなと思ってタミヤのグリースをAmazonで購入してしまいましたよ。グリース塗って静音化。とりあえずこれで様子見。

個人的にはこのLite2でも全然使用上問題になることがなさそうな気がする。それぐらいPFUのHHKBシリーズは確かに使いやすい。。。

これで職場も自宅もなかなかのキーボード環境が整いました。。。。

PFU、Happy Hacking Keyboard の Professional2 2017年10月31日

IMG_0884

今の会社の同僚がイチオシのキーボード、Happy Hacking Keyboard(以下、HHKBと書きます)。同僚がこのHHKBの良さを熱く語っているを聞いてるとちょっと興味を持ってしまって土日の休みのうちにアキバにでも行って実際にいろいろキーボード触って来ようかなと思ってたら先週の土日は台風到来で始終雨降り&強風で外に出るのが億劫に。。

で、結局27インチのディスプレイをPrime Nowで購入する際についついポチってしまった。このHHKBで1番お高くて仕事用に使えるキーボードはHHKB Pro2のType-S(Type-Sは静音仕様)で約3万円、ただこれがPrime Nowで取り扱ってなかった。。。日曜日に注文して日曜日に受け取りたかったからとりあえずPrime Nowで買えるもの限定。。。で約2万円のPro2にしておきました。

で、届いたHHKB Pro2。これコンパクトなサイズのキーボードでかつキーストロークも深くちょうど気持ちのいい打鍵感。圧倒的にMacBook Proの薄っぺらいキーボードを打つよりも打ち疲れが少なく非常によろしい。確かに仕事とプライベートで一日中キーボードを弄ってる我々みたいな人種はキーボードを奮発して良いもの使う理由は十分にある。

Type-SなしのPro2はやっぱり打鍵音は静かなオフィスで使用する分にはちょっと気になる音かなあ、というところ。とはいえType-Sでなくても使う時に机に直置きせずにハンドタオルなどを敷いてからその上に置いてやると結構静音化される感じもあります。

ただ、ネット上ではいろいろと静音化改造ネタが溢れているので、また週末などに開腹して静音化改造をしてみようかと考えております。

一応言っておきますと音以外には文句のつけようのない出来のキーボード。今までこれほど軽くて打ちやすいタッチのキーボードは触ったことがないというぐらいの素晴らしいキーボードであります。2万円というお値段もなんとか理解できるぐらいのキーボード。東プレのRealforceなんかもいいんだろうけどやっぱりキーボード自体のコンパクトさで、職場〜自宅間を毎日持ち運べるのが非常にいいところ。といいつつそのうち自宅にひとつ、職場にひとつともう一個買い足しそうな自分も居ます。。。

↑ こちらPro2。約2万円。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS
PFU (2011-06-15)
売り上げランキング: 4,710

↑ こちら静音 Type-S。約3万円。

MacBook Proは大方気に入ってるけどキーボードのタイプ音が強すぎてヤダ 2017年10月05日

MacBook Pro
↑ これはタッチバー付きのモデル

2016年のタッチバーなしのモデルのMacBook Pro13インチを使っております。以前のMacBook 12インチから比べてもマシンパフォーマンスもあるし、MB12インチは薄すぎて持ち歩き時に折ってしまいそう、とかバックパックを適当に床などに置いてしまうと角から破壊してまいそうな気がしてイマイチ気に入ってなかったが、MBP13インチは本体の大きさに見合った分厚さと重量感で強度的な心配はそれほどないと思われます。(とはいえ久しぶりに体験したJR山手線の朝のラッシュの詰め込みの際にはちょっと心配でしたが)

個人的にはUSB-Cポートのみ搭載という点もUSBトークンなどがアダプタないと挿入できないなどめんどくさい点もなくはないけどACアダプタをサードパーティ品などで使いまわし出来たりとそれなりにいい点もあるので気に入ってます。

一点だけ残念な点は、最近のMacBookで採用されてるロープロファイルなキーボード。キータッチがどうのこうのというのはいろんな人が言ってるが、その辺は2015年のMB12インチで初登場した時から比べてかなり改善されて打ちやすいキーボードになっています。しかし、問題点は打鍵時のうるささ。薄いプラスチックを叩くようなパタパタした音が部屋中に響き渡るんですわ。。。これが非常にマイナスポイント。薄いシリコンのキーボードカバーみたいなのをつければ打鍵音はだいぶ吸収されますが、キータッチがかなり変わってしまって打鍵感が重い。。。

うーん、この部分だけ改善してくれればかなりいいマシンだと思うんですがねー。

エアダスターでMacbookのロープロキーボードの不具合解消 2017年09月18日

image

ホントにこの手が使えるのね。

MacBook 12インチや、MacBook Pro 13インチの最新版でキーストロークの浅いキーボードが採用されてますが、たまーにキーの下にゴミが入る。当然ながらそうなるとキーを押しても認識しなかったり、押す感触がなんだか気持ち悪ーくなったりするのであります。

1個のキーがそうなるだけでも使ってて非常に気持ち悪くてPCを投げ捨てたくなったりするが、以前は清掃しようとして無理くりゴミの入ったキーをパキッと外していた。しかしこれをやると大変。キーストロークが浅い分非常に精巧に作られているのか、再度キーをハメようとすると難儀します。なかなか元通りにハマらない。ていうか最初は壊してしまったかと思ってドキドキしてました。

でまたMacBook Proでキーの下にゴミが入ってしまったのでキーを外す前にとりあえずググる。

MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法 – Apple サポート

単純にスプレー式のブロワーでホコリを吹きとばせ!というだけの話。ホントにこんなんで改善するのかいな、と半信半疑でアマゾンでエアダスターを購入。ゴミの入ったキーを集中的にスプレーで吹きまくる。上のページに書いてあるとおり75度ぐらいに傾けて吹いてやる。

そしたら完全復活しました。キー押した時の認識も打鍵感も購入時の問題のない状態に完全に戻った。単純な方法だけどやっぱこれ効果あるんですなー。

スプレーが2缶で960円ぐらいだから電車乗ってアップルストアやヨドバシなんかに持っていくのとたぶん変わらん価格なのでとりあえずこれは効果あると思います。

FPV FREERIDER でスピードレーサードローン仮体験 2017年01月20日

ドローン、その中でもスピードレース用のFPVドローンのシミュレータがあります。その名はFPV FREERIDER。Windows / Mac / Android / iOS と主要なプラットフォームに対応している。なのでスマホやPC上でとりあえずスピードレーサードローンの練習することが出来る。かなりいい感じに出来ていてみんなこれで練習してるらしい。

ただ、コントローラが問題で、PCのキーボードではスロットルの調整などが難しく、USB接続のゲームパッドを接続するとなんとか使える。ただしUSBゲームパッドもスティックにバネが入っていて、これが厄介でスロットルのレバーに常に指をかけて力を入れてないといけない状態になる。何気にこれがホンモノのプロポの操作感と大きく違う。プロポの場合、左スティックの上下、スロットルのレバーはバネが仕込まれておらず、指を触れなくてもそのまま同じ出力をキープできる。

結局は自分のドローンで使うプロポをPCに接続してそれでコントロールするのが一番の練習になりそう。いろいろやっていきます。。。