タグ: いましろたかし

また改めて買う、「トコトコ節」 2017年11月08日

IMG_5606

日本に帰ってきたらやっぱり手元に置いておかないと、といういましろたかし先生の90年代の名作「トコトコ節」。今考えてみると80年代の作品はバブル全盛期の都会についていけない若者の姿が描かれている中でも登場人物はみんないろんな「モヤモヤ」したものを抱えていたが90年代のこの「トコトコ節」になるとその「モヤモヤ」はほとんど消えていてぼっさりした野暮天感に変わる。

後の「釣れんボーイ」などの超脱力感を考えるとこの「トコトコ節」の時はちょうど過渡期だったのだなとよくわかります。

トコトコ節 〜 釣れんボーイ 〜 新・釣れんボーイ(曇天三茶生活) この流れがたまらなく好き。しかしまた近いうちに自炊業者に送ってスキャンもしてもらおう。その際にはもう一冊買うかな。

トコトコ節 (Cue comics)
トコトコ節 (Cue comics)

posted with amazlet at 17.11.12
いましろ たかし
イースト・プレス
売り上げランキング: 158,668

いましろたかし先生の新刊 「ぼくトンちゃん」 2017年11月23日

IMG_0814

いましろたかし先生の新刊「ぼくトンちゃん」を買いました。今回は電子書籍がまだ発行されておらず紙本にて。新刊と入っても「ぼくトンちゃん」自体はWeekly漫画アクションに1997年〜1998年に連載されていたモノらしいが、それに44ページ分の最終章を今回書き足して完全版として再発されたものらしい。2017年05月10日初版となっております。

今回僕は「ぼくトンちゃん」自体は初めて読みましたがくまのトンちゃんと牛山五郎がぶた仙人のもとで修行に励むというお話。実際に読んでも全体のストーリーとしてはどこがゴールなのか?どこをゴールにしてたのかイマイチわからん感じではありますが、いましろ先生の牧歌的な絵と相変わらず悩みのつきない登場人物たち。

実はこの書下ろし44ページの原稿制作のひましろ先生の場面がしっかり「曇天三茶生活」に描かれており、なんか「曇天三茶生活」読んでるとこれも読まないといけない感に包まれてつい買ってしまった一冊。「新・釣れんボーイ」や「曇天三茶生活」のようなぼっさりした日常のお話とはちょっと毛色が違いますが、なかなかの佳作。

だんだんといましろコンプリートに近づいて来ました。次は絵本作品とされている「あそこまでいってみよう」かな。。。

ぼくトンちゃん 完全版
ぼくトンちゃん 完全版

posted with amazlet at 17.10.29
いましろ たかし
エランド・プレス
売り上げランキング: 50,532
あそこまで いってみよう
いましろ たかし
エランド・プレス
売り上げランキング: 390,038

曇天三茶生活 / いましろたかし 2017年10月09日

日本に帰ってきてたまには紙の本でも買ってみるかと思ってコミックビームの最新刊を本屋にて購入。なんでコミックビームかというといましろたかし先生の「新・釣れんボーイ」を読むためです。特段それ以外にコミックビームを買う理由がありません。

そしてその中で見つけた「曇天三茶生活」絶賛発売中!の文字。あら?「新・釣れんボーイ」の新刊ではなく「曇天三茶生活」?しかし挿し絵は普通に「新・釣れんボーイ」のような挿し絵。ま、とりあえず興味ありなのでこちらはKindleで購入。

発売は角川のビームコミックスで出ていて、内容はコミックビームの2016年11月号〜2017年09月号の内容とのこと。??「新・釣れんボーイ」の第二巻がタイトル変更して「曇天三茶生活」となった?しかし今回買ったコミックビームのいましろ先生の連載のタイトルはやはり「新・釣れんボーイ」どうなってるんだろう?内容はたぶん「新・釣れんボーイ」からの続きだろう。

タイトルは「新・釣れんボーイ」よりこの「曇天三茶生活」のほうがしっくり来る気がする。何気にこの曇天三茶生活というフレーズが気に入ってます。自分のこのブログのタイトルも「曇天高円寺生活」と変えてみたろか??

そして「新・釣れんボーイ」でも楽しかったいましろ先生の近況が2016年暮れから2017年にかけてとぐっと最近のお話になりすごいリアル感が増しております。2016年のお話だからいましろ先生の映画「あなたを待っています」の上映のタイミングの話でありました。ホントの数字かどうかわからないけど、映画の動員数や収支の金額がきっちり書かれていてホントに地味にリアル。物語というよりも近況報告レポート的な。。。

ちなみに僕は昨年はバンコクに居ておりましたので「あなたを待っています」は未見。DVDやBlu-Rayがないものかと探したが売ってるのかどうかもわからん状況だったのでご本人にTwitterで問い合わせてみたがやはり現在はパッケージ化してない模様。先にはDVDなりで販売する予定はあるようだけど具体的な日程などは未定のようです。また大阪とか地方で上映会とかしてくれないかなあ。

というわけで「曇天三茶生活」もいましろ節全開。個人的に超オススメ!

曇天三茶生活 我、かく闘えり 釣れんボーイ (ビームコミックス)
KADOKAWA / エンターブレイン (2017-09-25)
売り上げランキング: 7,112

いましろたかし先生の最新作 新・釣れんボーイ 2017年03月04日

image

いましろたかし先生の最新作である「新・釣れんボーイ」がKindleでも販売されている。前作の釣れんボーイは1998年からコミックビームで連載されていて、下のような発言がございましてちょうどその当時ひましろ先生は40歳だったんだろう。

「釣れんボーイ」のひましろ先生は「もっと遊びたい。時間足りない。仕事したくねえ。」と始終おっしゃってられましたが、41歳の僕は今ひとりで仕事をしておりまして今の自分がまさに「もっと遊びたい、仕事したくねえ」的なマインドになっており、改めて読み返すと変なシンクロを感じる。

しかししかし、ここで「新・釣れんボーイ」であります。もうすでに20年ちかくの歳月が流れて久々に目にするひましろ先生の日常は政治への不満と金・仕事への不満と健康への不安、猫に囲まれた日常、頑張って釣りに出掛ける、みたいな感じ。いやー、今になって「釣れんボーイ」と同調する自分の20年後はこうですよ、みたいな未来予想図か?そう考えると読んでて非常に不安になります。

ひましろ先生は漫画家だから作品というストックがあるからいいと思うんだけど単なるサラリーマン、サービス業の自分は自分の体以外にお金を生むストックを何も持たないのでもっと辛い先が待ってるのかと。。。

そんな複雑な思いを抱えながらも久しぶりに読むひましろ先生が非常に楽しくいましろファンにイチオシであります。タイのバンコクでもKindleでちゃんといましろ先生の新刊が読めるのは嬉しいですな。願わくはトコトコ節やハーツ・アンド・マインズなんかもKindle化してほしいところです。

新釣れんボーイ<釣れんボーイ> (ビームコミックス)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / エンターブレイン (2016-10-24)
売り上げランキング: 73,265

クール井上―いましろたかし傑作短編集 2016年07月22日

image

大学生の頃に友人にいましろたかしの作品を教えてもらってから、熱心なファンではないけれど、それなりにずっとこの人のマンガを読んでます。Wikiにあるとおりな、「初期は自意識過剰な若者の空回りを、近年は脱力した30代から40代の男性が主人公の漫画を主に描く。」、そんな感じなんです。ただ、最近のマンガは50代ぐらいの男性の行き詰まり感が行間にかなり描かれるようになってきていてご本人の加齢とともにその心象を映し出してるのではないかと思っております。

80年代のハーツアンドマインズ、この時作者も多分20代、描かれる作品中の人物たちも主に20代ぐらいの青年期。90年代の後期の釣れんボーイ、これ40代男のハーツアンドマインズで、マンガの主人公はマンガ家の暇城先生で基本的にご自身であろう。この頃はだいぶお気楽で脱力、というキーワードが似合う感じではありますが、2000年代の傑作短編集(以前は「クール井上」というタイトルで販売されてた)、この辺が50代かな。

作者の加齢とともに先々への不安みたいなものが、煮凍りのように煮詰まっていく感じが如実に感じ取れますな。クール井上も10年ぐらい前に紙の本で買って読んでいたが当初はジメッとした抜け切れない空気感が読んでて辛く、あまり好きではなかったが最近Amazon見たらkindleでも出てたんで再度読んでみたらそうでもなかった。この辺は自分の年齢が向こうに近づいていってるからか??

最近のいましろ先生の作品は「原発幻魔大戦」など珍しく社会問題などをテーマに書かれてますがそれでも自分のこと50%、社会問題20%、残りの30%は読後でも「うーんなんだったんだろ?」と首をかしげるような内容で相変わらずと言えば相変わらずなんですが、個人的に社会問題を取り扱うものは歌であれ、マンガであれ、全然気持ちが入っていかないのであまり好きな作品ではありません。。現在コミックビームで連載されてる「新・釣れんボーイ」のほうがトコトコしててずっと好き。

ちなみに新世紀トコトコ節なんて短編も収録されてます。

いましろたかし傑作短編集<いましろたかし傑作短編集> (ビームコミックス)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / エンターブレイン (2015-02-17)
売り上げランキング: 161,884