タグ: shinjuku

新宿のVeganカフェ アインソフ・ジャーニー Ain Soph Journey 2019年02月16日

IMG_20190219_150128

せっかく東京に来てるんだからVeganカフェやレストランにも行ってみようと思って1店だけ行ってきました。

新宿三丁目のアインソフ・ジャーニー Ain Soph Jouneyというお店。昔Youtubeで見かけてずっと記憶に残ってたのでこの店に。

上のメニューはグリーンカレーランチ。そして下はベジタブルパエリアランチ。お味はまあまあと言ったレベルかなー。個人的にはまた来てもいいレベルのお味でしたが、やっぱりちょっとこういう小洒落た空間は居心地が悪い。そこら辺の居酒屋に居てたほうが落ち着くな。そんなこと言ってると元も子もないのだけれど。

AIN SOPH.journey 新宿三丁目_ビーガン・ベジタリアンレストラン

平日の昼間の上映も午前中で完売する「カメラを止めるな!」 2018年07月04日

20180704-103323-7

先日新宿武蔵野館で「スパイナル・タップ」という映画を観に行ったが、ついでに映画二本をハシゴしてやろうかと思って、すぐ近くのK’s Cinemaでやっている「カメラを止めるな!」を観に行った。が、18:40から始まるその日の最後の上映回はすでに満員御礼で入れなかった。前々からこの「カメラを止めるな!」は大人気でチケットが取りにくいという話を聞いていたのでまあしょうがないか、という感じでその日は帰った。

このK’s Cinemaはネットでチケットの前売りや映画の席の予約をやっていなくて、当日の開館時にその日の上映分の整理券を発行するらしい。つまり次の日以降の映画の予約はできないのであります。次の日に満席になる前に来るしかない。が、K’s Cinemaの整理券情報をTwitterで調べていたら、この「カメラを止めるな!」は毎日18時ぐらいから始まる最後の上映回の分もお昼頃には満席が出てしまうほどの人気らしい。

というわけで明けて4日の朝、わざわざ整理券をゲットするためだけに高円寺から新宿までやってきました。朝10時ぐらいにチケット購入、整理券ゲットして14:40開始の回が22番目。そしてその日はTwitterを見ていたら早々と午前中で全部の回が満員御礼となっていた。平日でこの状況は大したもんだ。

そしてまた映画の時間までは部屋のゴミ捨て、整理などをこなし、改めてK’s Cinemaへ。

「カメラを止めるな!」は確かにその人気ぶりに納得できるほどよくできてて楽しい映画だった。ゾンビ映画なんだけど楽しい。僕が見たときには「37分ぶっ続けのワンカットで撮るゾンビ映画の話」という前情報だけで見ていたが、確かにこれだけの情報で他のネット上のレビュー記事などを読まずに観るのが一番楽しいはず。はっきり言って予告編すら見ずにこの映画を観るのが良い。予告編ですら軽いネタバレになる。これぐらい別に知っててもいいんじゃないかとは思うところもあるが、「37分ぶっ続けのワンカットで撮るゾンビ映画の話」という意識で見ていた方が見たときの展開の楽しさは数倍だと思う。いい具合に構成されていて、前半観ていて、「え?」「ん?」「あ?」と思ってたところが綺麗に「なるほど〜!」と回収されていくのも見事で観ていて気持ちがいいです。

というわけで何か書くとそれがすぐネタバレになるので何も書きませんが、とにかく面白かった!サプライズ的に出演者のミニトークショーみたいなものもあったしK’s Cinemaの上映は非常に楽しかった。オススメであります。ちなみに私は上映後にTシャツを買ってしまいました。

20180704-163155-13

新宿武蔵野館でスパイナルタップ! 2018年07月03日

20180703-200152-1

さて、ホテル三日月お泊まり会が終わってもう7月5日の東京退去日までほとんど日がない状況となってきましたが、それでもまだ見忘れていた映画を観にいくのだ。午前中は飲みの疲れから部屋でぼーっとしつつも荷物の整理をし、午後から電車乗って新宿武蔵野館へ。1984年制作のロブライナーの初監督作品「スパイナル・タップ」を観るためでございます。

そしてちょっと早めについたので昨日教えてもらった新宿東口ベルクにて黒ビールを一杯。その後武蔵野館です。

ちなみにこの「スパイナル・タップ」は1960年代に英国でデビューしたスパイナル・タップというバンドが1982年に全米ツアーを行うという体で作成したモキュメンタリー(モック+ドキュメンタリーの造語、架空の対象物を追うドキュメンタリー仕立てのお話)。

映画はドキュメンタリーらしく淡々と進んでいくが、詰め込まれているエピソードが面白いものばかり。Tap Into America!(アメリカに喰いこめ!)というだっさいツアータイトルに始まり、次々と謎の死を遂げる(死んだとも明確に表現されてなかったりするが)ドラマーやライブのキャンセル、メンバー同士の喧嘩やメンバーの彼女がバンドの運営に口出してきたり、ステージ上の演出でも揉めたりとメタルバンドあるあるがぎっしり詰まっている。

そして自分が観ていた時にはあまり売れていなかったがグッズがまた秀逸。Tシャツはスパイナルタップが契約するレコード会社ポリマーレコードのロゴ入りだったり、Tap Into AmericaツアーのツアーTシャツだったりとグッズでも映画の内容と連携している。今年の夏はスパイナルタップTシャツを来て夏フェスなどに行くのが楽しそう。(といいつつ夏本番になる前に私は日本を退去しますが)

20180703-200208-2
↑ キャンセルになったツアー日程までご丁寧に記載。最後に日本ツアーとして東京コーベホールという謎の会場名まで入っている。

スパイナル・タップ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ミュージカル&音楽映画特集】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-04-06)
売り上げランキング: 41,417

ホテル三日月紀行 2日め 2018年07月02日

20180701-184950-2

竜宮城スパホテル三日月、一夜明けてまた朝風呂に入る。8時ぐらいに行くとちゃんと露天風呂もサウナも開いていた。しばしサウナで汗を流す。しかしホテル三日月の風呂は老人・子供対策のためか温度が緩い目に設定されているようだ。サウナも80度、湯船も40度、水風呂もぬるめ(何度だったか忘れた)。関東の風呂は江戸っ子の風呂、かなりな熱めのイメージがあったがぬるくて入りやすかった。サウナは低刺激。

そしてチェックアウト後は新宿で皆でハンソロを観に行こうということになり、チェックアウトしたらそそくさと東京へ。乗り継ぎがうまく行って新宿まで1時間以内で帰ってこれた。やっぱ近いねえ、アクアライン万歳だねえ。

そして歌舞伎町のTOHOシネマズでハンソロ鑑賞。映画自体は良くもないが悪くもなく、面白いのは面白い。ただ、この映画はコレ!ココ!という見所が少なくて若干メリハリがないようにも感じる。

その後、連れられて新宿駅東口地下のベルクも初体験。ビールスタンドという風情のお店。

20180702-162029-1

その後高円寺に移動して菜食解禁後の焼肉!高円寺の肉一にて開店直後に入店して肉を食いまくる。ウーロンハイ飲みまくる。

20180702-191541-1
↑ 冷麺ー。

なんだか贅沢なゆるゆる加減でゴージャスな三日月お泊まりツアーは過ぎていくのでした。

バーフバリ完全版とパニプリと 2018年06月17日

すべての写真-5136

今日は晩に東京で用事があるので早々に大阪から移動。

朝8時ごろに大阪の実家を出て、昼の1時に東京の家に到着。その後ちょっと仮眠して16時からは知り合い総勢6名で新宿ピカデリーにてバーフバリ完全版を鑑賞。土日の映画館の激混みっぷりにゲロ吐きそうになりながら鑑賞。

バーフバリ完全版は物語の描き方がさらに詳細に緻密になっているが、個人的に長さは全然感じなかった。それよりも本編始まるまでの協賛企業のロゴが延々と流れる部分や、「動物のシーンはCG多用してます」などの言い訳、指を切り落とされた手が映るとこでそこだけモザイクが入る(切り落とされた首には全くモザイクも入らないくせに)などの違和感も度々。とはいえこれらは多分インドスタンダードを世界で上映するにあたってのいろいろな文化摩擦を考慮してのことかと。

そしてこの後、大久保ナングロガルに移動してインド・ネパール料理堪能。初めてPani Puriを食べた。こんな味、食感なんだ!ダンガルで姉妹が親父に「これから食べられなくなるからちゃんと食っとけよ」と言われてたあのシーンのやつ。

すべての写真-5173

すべての写真-5138

今回もナングロガルの飯はなかなか美味いものでありました。やはりこのお店はいいですな。