バーフバリ完全版とパニプリと 2018年06月17日

すべての写真-5136

今日は晩に東京で用事があるので早々に大阪から移動。

朝8時ごろに大阪の実家を出て、昼の1時に東京の家に到着。その後ちょっと仮眠して16時からは知り合い総勢6名で新宿ピカデリーにてバーフバリ完全版を鑑賞。土日の映画館の激混みっぷりにゲロ吐きそうになりながら鑑賞。

バーフバリ完全版は物語の描き方がさらに詳細に緻密になっているが、個人的に長さは全然感じなかった。それよりも本編始まるまでの協賛企業のロゴが延々と流れる部分や、「動物のシーンはCG多用してます」などの言い訳、指を切り落とされた手が映るとこでそこだけモザイクが入る(切り落とされた首には全くモザイクも入らないくせに)などの違和感も度々。とはいえこれらは多分インドスタンダードを世界で上映するにあたってのいろいろな文化摩擦を考慮してのことかと。

そしてこの後、大久保ナングロガルに移動してインド・ネパール料理堪能。初めてPani Puriを食べた。こんな味、食感なんだ!ダンガルで姉妹が親父に「これから食べられなくなるからちゃんと食っとけよ」と言われてたあのシーンのやつ。

すべての写真-5173

すべての写真-5138

今回もナングロガルの飯はなかなか美味いものでありました。やはりこのお店はいいですな。

大久保ナングロガル再び 2018年03月06日

IMG_0084

またまた知り合いと大久保のネパール料理屋ナングロガルに再訪。今回で 3 回目かな。

IMG_8139

一品め。アチャール。なんか思ってたのと違ったけどまあこれはこれでうまかった。

IMG_9960

二品め。ベジモモ。ここで肉入りのモモは当然食ったことがない。が、ベジのやつでかなりうまい。真ん中のソースがこれまた上出来。

IMG_3094

三品め。ベジサモサ。これもうまい。中身は単純にグリーンピース入りのマサラのマッシュポテトみたいなもんだけど、単純ながらにやっぱりうまい。

IMG_5787

四品め。マサラパパダム。これがしっかり辛かった。パパダムのトッピングが玉ねぎとかきゅうりとかの生野菜系なので味が鮮烈で辛くて良いですな。

IMG_2590

五品め。私は食べておりませんが、マトンのケバブ。マサラフレーバータップリらしい。なかなかかみごたえのある肉だったらしい。ワシはかみごたえのお肉大好きだったから食いたいのは山々だったが、やっぱり今はベジな人なんでビールがぶ飲みしてました。

というわけで4人で行ってカレーは一品も頼まずという変わった食事でした。いやー、ナングロガル、駅から近いし、店は広いし、なんか落ち着くんですわな。また来よう。

大久保ナングロガルとネパールビールリアルゴールド 2017年02月11日

IMG_0084

だいぶ前に行ったのに全然ここのお店のこと書いてなかったな。。。

現在大久保はネパーリタウンと化してますが、その大久保駅から大久保通りを東に3分ほど歩い他ところにあるナングロガルというネパール料理屋。

IMG_0568
↑ ベジ・ダルバート 900円也。

メニューにダルバートはあるんだけど、ベジなのかどうなのかわからなかったので注文するときに店のお姉ちゃんに「ダルバートってベジある?」と聞くと「はい、ベジに出来ますよ」とのことだったのでベジ・ダルバートをもらう。

しかし、このダルバート、インド料理とはまた全然違う味だ。自分はネパールなんて行ったことないからあんまり味がよくわからんが、そもそも山岳地方の料理なんで地味な料理かもしれない。ここのダルバートはめちゃくちゃ地味な味。でも本当にネパールの料理に近いんだろうな、と考えながら食べる。

味の色気の無さと言ったら、タイで言えばどこからのイサーンのムーバーンの家庭でとりあえず作ったトムガイと、パクドーンとカオチャオで黙々と飯食ってるような感じ。

IMG_0437

そしてこれは別の日に知人と一緒に行った際に出てきたネパールビール。その名も「リアルゴールド」w

しかし、他にも北インド系の他の料理もあり、客層もそこそこは人が入って居て、ネパール人のグループや歌舞伎町や新宿あたりでこれから出勤するようなパキッと化粧したエロいお姉ちゃんが居たりと楽しいお店です。

また行こうっと。