タグ: han solo

スターウォーズ, プリクエルトリロジーのハマりどこ 2018年07月28日

May the 4th Be With You

自宅にてAmazon Prime Videoでスターウォーズep2を改めて見直しする。

ep2はep1と比べてもストーリーのスケールがかなり大きくなっていて、10年以上前に1回観たことはあるもののストーリーをほとんど覚えておらず、全体の流れの把握が今回の1回観ただけでは押さえきれない。歳かな?もう1回ぐらい観る必要があるな。そして以前観た時はもっと面白い印象だったが、今回は観てもなんだか??な感じがする。

とはいえ、ここまで観たらep3まで早く観てしまいたいという気持ちになってきているのでできるだけすぐにep3をみよう。そうしたら今度はまた「ハン・ソロ」が観たくなるんだけど、今もうバンコクでも観れないしなあ。どうしよう。。。今回のスターウォーズep1 – 3を観る作業というのは全て「ハン・ソロ」のラストシーンを理解するためにやっている事でございます。ネタバレを書きたくないから細かいところは書きたくないが、とにかく「ハン・ソロ」の最後を理解するためと思って一生懸命ep1 – ep3を観ていたんだが、ググってみるとどうやら答えはep1 – ep3のプリクエル・トリロジーではなくCGアニメドラマの「クローン・ウォーズ」にあるようだ。しかしながらこれ、TVドラマだけあって22分ほどの本編が100話以上ある。。。どうする?観るのか?抜けれない沼のような気がして来た。

ホテル三日月紀行 2日め 2018年07月02日

20180701-184950-2

竜宮城スパホテル三日月、一夜明けてまた朝風呂に入る。8時ぐらいに行くとちゃんと露天風呂もサウナも開いていた。しばしサウナで汗を流す。しかしホテル三日月の風呂は老人・子供対策のためか温度が緩い目に設定されているようだ。サウナも80度、湯船も40度、水風呂もぬるめ(何度だったか忘れた)。関東の風呂は江戸っ子の風呂、かなりな熱めのイメージがあったがぬるくて入りやすかった。サウナは低刺激。

そしてチェックアウト後は新宿で皆でハンソロを観に行こうということになり、チェックアウトしたらそそくさと東京へ。乗り継ぎがうまく行って新宿まで1時間以内で帰ってこれた。やっぱ近いねえ、アクアライン万歳だねえ。

そして歌舞伎町のTOHOシネマズでハンソロ鑑賞。映画自体は良くもないが悪くもなく、面白いのは面白い。ただ、この映画はコレ!ココ!という見所が少なくて若干メリハリがないようにも感じる。

その後、連れられて新宿駅東口地下のベルクも初体験。ビールスタンドという風情のお店。

20180702-162029-1

その後高円寺に移動して菜食解禁後の焼肉!高円寺の肉一にて開店直後に入店して肉を食いまくる。ウーロンハイ飲みまくる。

20180702-191541-1
↑ 冷麺ー。

なんだか贅沢なゆるゆる加減でゴージャスな三日月お泊まりツアーは過ぎていくのでした。

久々に Paragon の Krungsri IMAX シアターで日本に先駆けて ハンソロ を鑑賞 2018年05月26日

すべての写真-4714

バンコクにはあるけど日本にはないもの、それは巨大なサイズのスクリーンを持ったIMAXシアター。バンコクのParagonのKrungsri IMAXシアターのような巨大なスクリーンのものは残念ながら日本にはないのです。(大阪の万博公園のIMAXはそこそこ大きいけどParagonの方が大きい)

で、改めてParagonのIMAXでReady Player Oneが見れると最高だなあと考えておりましたが、残念ながら僕が行った時にはParagonではReady Player Oneは上映しておらず、上映していたのは日本では公開が1ヶ月も先の予定のハンソロがやっていた。

これはせっかくなんで見ましょうという感じになり、とりあえず英語版ータイ語字幕のものを鑑賞。

結果、大体のストーリーは追えたものの、ディテールが全然つかめず消化不良。これは日本で日本語字幕のものを再度見ないといけないな。改めてタイでの映画見る時の制限を実感。当たり前だが映画館で公開している映画では日本語字幕は望めない。もうちょっと英語の勉強が必要だなあ。

すべての写真-4715

「ハリソン君、それ旧式やで」というわけでブレードランナー2049観てきました 2017年11月05日

いやー、とりあえずIMAXでなくてもいいかと思って新宿歌舞伎町のTOHOシネマズにて「ブレードランナー2049」を観て参りました。

いやー、感覚的に長くは感じない上映時間2時間40分だが、腰が痛くて痛くて大変だった。椅子が悪いのか自分の加齢か?腰の痛みに耐えながら観たブレードランナー2049はなかなか楽しい作品でした。

ストーリーはストーリーでいろんな見方も出来るし、あまりここでネタバレを書くのもなんだかという感じがするのであまり書きませんが、本家ブレードランナーよりも細かい作り込みが丁寧でより世界観が磨かれている気がする。本家のほうでは都市部ばかりの描写で都市部から離れた荒野の風景はあまり描かれてなかったが今回はそのような風景も映し出されていてより「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の世界観に近い気がしますな。

そして思っていたよりもずっとずっと画面に写っている時間の長かったハリソン・フォード翁。まだまだ売れっ子ですな。前回のスターウォーズのEP7ではとりあえず死んだ設定なので次回作などには出演予定もないだろうからこのブレードランナー2049のお仕事はいいところに入ってきた大仕事ですな。

思ったよりも全然面白かったブレードランナー2049、それに対比してTrailerがバンバン流れるスターウォーズのEP8がどうにも面白くなさそうな臭いがプンプンしてるんですが大丈夫なんでしょうか?少年ジャンプ臭がぷんぷんしてて心配です。

というわけで本編の説明を全くしないブレードランナー2049、オススメです!というエントリでした。最後に「ハリソンくん、それ旧式やで!」解任。