タグ: Star Wars

やっぱりParagonのIMAXは凄かった 2019年12月25日

Krungsri Imax

Star Wars ep9、一回目はICONSIAMのIMAXで観て、二回目はCentral Worldの普通のデジタルシネマで観て、三回目にしてやっとSiam ParagonのKrungsri IMAXシアターで観てきました。

直前にチケットをブッキングしたので後方列の良い席が取れず、前から四列目のちょっと首が疲れそうな位置で観て来たんですが、さすがIMAX。

前から四列目、H19の席で観ましたが、ここ音響および画面の距離、視野角的に最高でした。場所のせいなのかわからないが今回が今までここで観た映画の中で最高の音質音圧、そして目の可視範囲ギリギリに広がるスクリーン。三回目のep9ですが、今回が一番良かった!それぐらいやっぱIMAXいいですな。

さらにはちゃんとIMAXの予告でTENETもやっていた。「Shot on IMAX」と画面にデカデカと明示されていて、予告編の間は始終1.44:1のIMAXスクリーンを100%活かせるアスペクト比。今までここで映画観て来たけど、ちゃんとIMAXで撮ったスクリーン観ると違いますな。やっぱこれだけデカイスクリーンを1.44:1で使えるフォーマットで撮ったやつで観ないと宝の持ち腐れになってしまう。今回TENETでちゃんとそれが観れたのもよかった。

TENETはParagonで観ようと思いました。

クローンウォーズスペクタクル 2018年08月01日

Star-Wars-Clone-Wars-59
↑ めっちゃアメコミなタッチですが。

とりあえず自宅にてスターウォーズ ep3を観了。今回初めて観たけどep3は見応えがあるなあ。歳のせいかスケールの大きなストーリーの全貌が掴みきれないので改めて1 ~ 3の全てをもう一度観直してみよう。ネタバレになる&先にも書いたのであまり書がないが、そうでないといまいち「ハン・ソロ」の最後の展開の意味が掴みきれないのです。

改めて調べてみると、ジョージ・ルーカス総指揮のアニメ映画で「クローン大戦」(2時間)とCGアニメ映画「クローンウォーズ」(2時間)があり、さらにCGアニメのTVドラマだった「ザ・クローンウォーズ」(22分 x100話以上)がある。すごい物量だ。そこでep2からep3の間の時期のクローン戦争の詳細が描かれていて大きなヒントがあるらしい。

そして残念なことに「クローン大戦」はデジタル配信版がない模様。アマゾンでDVDでは買えるけどyoutubeの映画チャンネルやプライムビデオでは観れないからしばらくバンコクで視聴するのは諦めるか。次回何らかの日本一時帰国の際にDVDを仕入れてくるかな。。。

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005-05-27)
売り上げランキング: 23,493
スター・ウォーズ クローン大戦 Vol.2 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005-11-23)
売り上げランキング: 34,996
スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-12-17)
売り上げランキング: 19,165
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ シーズン1-5 コンプリート・セッ ト(22枚組) [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-11-13)
売り上げランキング: 632

スターウォーズ, プリクエルトリロジーのハマりどこ 2018年07月28日

May the 4th Be With You

自宅にてAmazon Prime Videoでスターウォーズep2を改めて見直しする。

ep2はep1と比べてもストーリーのスケールがかなり大きくなっていて、10年以上前に1回観たことはあるもののストーリーをほとんど覚えておらず、全体の流れの把握が今回の1回観ただけでは押さえきれない。歳かな?もう1回ぐらい観る必要があるな。そして以前観た時はもっと面白い印象だったが、今回は観てもなんだか??な感じがする。

とはいえ、ここまで観たらep3まで早く観てしまいたいという気持ちになってきているのでできるだけすぐにep3をみよう。そうしたら今度はまた「ハン・ソロ」が観たくなるんだけど、今もうバンコクでも観れないしなあ。どうしよう。。。今回のスターウォーズep1 – 3を観る作業というのは全て「ハン・ソロ」のラストシーンを理解するためにやっている事でございます。ネタバレを書きたくないから細かいところは書きたくないが、とにかく「ハン・ソロ」の最後を理解するためと思って一生懸命ep1 – ep3を観ていたんだが、ググってみるとどうやら答えはep1 – ep3のプリクエル・トリロジーではなくCGアニメドラマの「クローン・ウォーズ」にあるようだ。しかしながらこれ、TVドラマだけあって22分ほどの本編が100話以上ある。。。どうする?観るのか?抜けれない沼のような気がして来た。

久々に Paragon の Krungsri IMAX シアターで日本に先駆けて ハンソロ を鑑賞 2018年05月26日

すべての写真-4714

バンコクにはあるけど日本にはないもの、それは巨大なサイズのスクリーンを持ったIMAXシアター。バンコクのParagonのKrungsri IMAXシアターのような巨大なスクリーンのものは残念ながら日本にはないのです。(大阪の万博公園のIMAXはそこそこ大きいけどParagonの方が大きい)

で、改めてParagonのIMAXでReady Player Oneが見れると最高だなあと考えておりましたが、残念ながら僕が行った時にはParagonではReady Player Oneは上映しておらず、上映していたのは日本では公開が1ヶ月も先の予定のハンソロがやっていた。

これはせっかくなんで見ましょうという感じになり、とりあえず英語版ータイ語字幕のものを鑑賞。

結果、大体のストーリーは追えたものの、ディテールが全然つかめず消化不良。これは日本で日本語字幕のものを再度見ないといけないな。改めてタイでの映画見る時の制限を実感。当たり前だが映画館で公開している映画では日本語字幕は望めない。もうちょっと英語の勉強が必要だなあ。

すべての写真-4715

新宿 TOHO シネマズにて MX4D初体験、EP8のダークサイドバージョン 2018年01月05日

「最後のジェダイ」は公開されてから通常版+ドルビーアトモス、大阪エキスポシティでの IMAX、そして大阪エキスポシティでの 3D IMAX を見て、そういえばまだ見てない上映方式があったなと思い、新宿の TOHO シネマズで MX4D を見て来た。

MX4Dは 3D 映像プラス椅子の振動、風、水、匂いを再現する上映方式で自分も今まで見たことがなかった。しかし「最後のジェダイ」の MX4D バージョンで「ダークサイドバージョン」なるものが 2018年の01月05日から公開されていて、今まで公開されていた「ライトサイド」は反乱軍側の立場で椅子に衝撃や風などを演出するものだが、「ダークサイド」はファーストオーダー側を演出したものらしい。早い話が「ライトサイド」は反乱軍の X ウィングに弾が当たってドカンってなった時に椅子が揺れるのだが、「ダークサイド」はファーストーオーダーのタイファイターに弾が当たった時に椅子が揺れる。

「ライトサイド」を見ていないが、ちょうどいい機会だと思って「ダークサイド」を見に行った。

が。。。個人的な感覚で言いますと、「子供だまし」。劇場に入る際に持って来たバックパックとか通路に置けないんでロッカーに強制的に入れさせられるし、2時間半の映画でずっと椅子が揺れてたり、椅子自体のクッションがよくないので腰が痛くなった。そして IMAX 3D と比べて 3D メガネ越しに見る映像で目が疲れる。

てな感じで個人的にはあまりいいことなかった MX4D。うーんとりあえずは IMAX 3D でいいかな、という感じです。