タグ: MRT

バンコクの地下鉄MRTのカードを更新して。。。 2017年07月20日

DSC05361

MRTに乗ろうとしたら改札でブーって鳴って通れなかった。その改札のユニットに「窓口にコンタクトせい」と表示されてたので聞いてみるとどうやらカードの有効期限が切れているらしく、チャージされてる金額は移行できるから新しくカード作ってくれとの事。

カードに残っていたチャージ分200バーツを受け取って、新しく作るカードに180バーツ払わなければならないらしい。財布に入っていた100バーツ2枚も足して「じゃあこれで新しいカード作って、残りは全部チャージしといて」と言うとわざわざ20バーツお釣りよこして、「じゃあこれで300バーツチャージされてますので」とカード渡されたが「?カード180バーツでチャージ200バーツじゃないの?間違えてない?」と聞くが大丈夫との事。イマイチ細かい説明をしてくれない。ま、タイにいてれば当たり前のことではあるが。。

どういう事なんだと思って家に帰ってからググってみたら、MRTのカードは

発行手数料 30バーツ
デポジット 50バーツ
初回最低チャージ 100バーツ

をまとめて180バーツなのね。400バーツ出して20バーツ返してきたのは多分100バーツ単位でしかチャージできないからなんだろう。なので、

カード発行手数料デポジットなど 80バーツ
初回最低チャージ 100バーツ
追加チャージ 200バーツ

となってチャージの合計が300バーツになってたのか。別にややこしくもない話だけど、説明がないからイチイチ調べる羽目になる。。

とここまで書いてふと前のカードのデポジットは??と気づいた。多分50バーツだかのデポジットを前のカード購入時に払ってるはず。その分の金額がどこにも出てこないな。。レシートもそのまま貰わずに出て来てしまったよ。。デポジット分は職員が自分のポケットに入れてるんだろうか??作って何年も経ったカードなんてデポジットの事忘れてるしなあ。

もしくは職員が180バーツの内訳細かく説明してると「デポジット」という言葉を発した途端に客が「そういや前のカードのデポジットは返却されないの??」とツッコミが入るから説明しないのか?そんな気もするんですが、うがった見方が過ぎるでしょうか??でもバンコクで生活してるとこんなくだらない事をいろいろ考えざるを得ない日常。。

サトーンタイQ-HOUSE内の丼屋さん、RICE 2016年11月25日

image

とある日、サトーンタイ通りのラマ4との交差点近くにあるQ-HOUSEビル内にあるRICE ไรซ์ というお店で晩飯を。見るからに日本人が経営しているのではない丼系レストラン。

入ってみると最初にカウンターで食べ物を注文して座るファーストフードスタイル。でもその割にはちと高いか。

image

image

チキンカツカレーとサーモンサラダ、水2本を注文して370THB。やっぱりちと高いわ。普通の日本食屋だとこんなもんだろうけど、ファーストフードみたいなスタイルだと如実に高く感じてしまう。

で、飯が出てきた。

image

image

カレー、結構でかい。

image

image

サラダ、これも結構でかい。

というわけで20代の育ち盛りにはいいかもしれない。味はローカルの日本食屋にしては結構うまいほうだと思う。こだわる人はご飯とかイマイチという評価になるのかもしれないが、個人的にタイ米食ってて日本米などまったく恋しくもならない嗜好なので気にはならなかった。

が、やっぱりなんだかちょっと値段が高い感じがする。もうちょっとお値段安くなると気安い感じでいいんだけど、場所柄、ショバ代が高いんだろうなあ。