タグ: fake

やっぱりLazadaはパチもんばっか 2018年10月16日

すべての写真-7395

会社のデスクで使おうと思ってスマホ充電用のUSBチャージャーをLazadaから購入。ちゃんとしたメーカーのもの(たとえば今回はAukeyのものを買いましたが)であればMBKに行けば正規品をちゃんと購入できるんだが微妙に行く時間がなくて、それならとLazadaを検索してみるとちゃんと販売している業者があったのでとりあえず購入。

で、3,4日で自宅に到着したんですが。。。よく出来た(とは言えパッと見でわかる)偽物。。外箱とか結構ちゃんと作ってるんですが、本体のプラスチックのバリの処理などがぞんざいで自宅にあるもう一個のほうはもっときれいな作り。値段は正規品と変わらんぐらいの値段なんですがね。。。

まー、とりあえず返品とかそのへんは非常にめんどくさいので、一応使えるしそのまま使おうとは思いますがやっぱりこういうのが多いとがっくりしますな。結局Lazadaは使わないという結論になりそう。これからはMBKで買います。。。

↑ 日本だったらだいじょうぶ?

LazadaでAnker製のiPad Air2キーボードケースを買ったら見事にニセモノ 2016年06月27日

すべての写真-1290

iPad Air2にキーボードケース付けて改めてノートPCのように使ってみるかと思ってタイのオンラインショッピングサイトLazadaにて買い物。買ったのはモバイルバッテリーやスマホの充電器などでブランドを確立しているAnkerの、低価格だけどなかなか品質がいいらしいキーボードケース。送料込みでちょうど1,200バーツ。

このAnkerのキーボードケースは全然タイ国内で見かけたことがなく、eBayで値段を見ても送料込みで計算するとどれも2,000バーツぐらいする。

Lazadaでは1,200バーツであったので購入してみたんですが、海外からの発送で数日経って届いた品はこんな感じ。

iLife Anker Bluetooth Folio Keyboard Case for iPad Air 2 Smart Case with Auto Sleep Wake Comfortable Keys and 6 Month Battery Life Between Charges (Black) | Lazada

すべての写真-1289

見事にパチモノでした。やっぱLazadaじゃダメだなあ。

が、届いたキーボードケースはAnker製ではないものの、Bluetooth接続も安定したキータッチがかなり良い品物。iPad用にファンクションキーも備えていてボリュームの上下や曲の再生・停止などもキーボードから行えるし、もちろんキーボードショートカットも使える。パチモノながら質のいいものは届きました。

あとは、これで納得して返品処理をするか?しないか??というところだな。

まあとりあえずこれをしばらく使ってみようかと思います。泣き寝入り?泣いてはないけど。。

すべての写真-1284

一点、Ankerよりいいところは、写真のようにケースとキーボードがマグネットで付いているのでキーボードをずらせばiPadの角度を2段階に調整できる。Ankerのキーボードケースは
角度は固定なのでこの点はパチモノキーボードショートカットものほうがよい。

すべての写真-1283

すべての写真-1285

すべての写真-1286

すべての写真-1287

あと、キーボードの右上、通常はBSかDeleteキーに当たるところにスリープロックボタンがあるのでついつい文字の消去の際にミスタイプで画面をスリープしてしまう。。。これ、慣れるまで時間かかりそう。

すべての写真-1288

それ以外には思ったより使えそうなやつである。

Lazadaでueのイヤホン買ったらパチモノ。。 2016年05月17日

すべての写真-549

Lazadaでイヤホンを買おうかと思って、一番最初に注文した時には在庫なしでキャンセルになって意気消沈したものの、他の店、他のモデルで再トライ。ちゃんと注文が通りShipping通知(発送通知)が来て、今回はやっと入手できると思って楽しみにしてたら、届いたものはそこそこ質のいいパチもんでした。。

日本とかほかの国のアマゾンとかの価格と比べて安いから怪しいとはちょっと思ったがわかりやすいパチものでした。モノホンにはついている外箱や替えのイヤーチップなどが全くついておらず、イヤホンが入っていたビニール袋もくしゃくしゃ。。。

すべての写真-547

すべての写真-550

すべての写真-551

やっぱりオンラインで初めてショップでの買い物は失敗多いなあ。最近日本でもアマゾンのマーケットプレイスでブランドもののパチもんが届くことが増えてるみたいだけど、やっぱりタイでは名前の通るLazadaといえどAmazonとは雲泥の差ですなー。

タイでもアマゾンに出てきてほしいが、アマゾンが出てこないのではなく多分タイの業界の方が規制設けてアマゾンに参入できないようにしてるんだろうね。根拠ないけどそういう気がする。

パチモノ Xiaomi mi powerbank 16,000mAh 2015年05月22日

DSC01983-11
↑ 左:Remax Proda 10,000mAh、中:mi powerbank 16,000mAh、右:Yoobao powerbank 7,800mAh

KLの旅行で感じたのはやっぱりスマートフォン持って旅行する場合、10,000mAh以上のバッテリが必要だなあと言うこと。

旅行の際ってほとんど外に出てて歩きまわってるからどこかでコンセント探してスマホ充電というわけにいかず歩きながら残り10%とかになってしまったバッテリを補充しないと動きが取れない。なのでPowerbank(スマホ用サブバッテリ)が必須なんですな。

Powerbank2コ持ちなら片方を持ち歩き、片方を昼間にホテルで充電、帰ってきて晩に両方充電開始、次の日は前日に充電していてフルになっているPowerbankを持ち歩くという感じがベストかなと思っていたが、よく考えたらホテルの場合外出時はキーカード抜いて部屋の電気が落ちるところがほとんどなので昼のホテル不在時に充電はできないし、充電器、Powerbankの盗難の可能性も高い。

結局、容量の大きいPowerbankを1個用意し、晩に充電する。晩の充電が停電や充電忘れでフルになってなくても10,000mAhあればiPhoneぐらいは充電が可能。安心の容量であります。

というわけで今までYoobaoの7,800mAhのPowerbankを持っていて正直これでもイケてはいたが、マレーシアの電脳ビルLaw Yatt Plazaにてパチモノmi Powerbank 16,000mAhが売っていたので買ってみた。2つで99RM。1コ500THBぐらいだからめっちゃ安い。さすがパチモノ。でも店の兄ちゃんは1年保証と言っていたからある程度使えるものかと思われる。

買うときにYoobao(日本ではどうかわかんないすけどタイあたりだと有名な中国のPowerbankブランド)の同じく16,000mAhのものと比較していたがmi Powerbankのほうが明確にバッテリ重量が軽い。同じ容量で多分電池の方式もLithium-ionだし、何が違う??(しかもよく見ると僕の持ってるYoobaoは2系統の出力持ってるけど片方5.0V/1.0A、
片方5.0V/1.5Aと10Wまでサポートしていない。。)

と思って持ち帰ってよく見たら、

image

3.75Vで16,000mAh??5.1Vだと10,800mAhと書いてある。理系出身の同僚に聞くと「ああ、電圧で数字変わりますよ」とのこと。じゃあ、このmi Powerbankは実質10,800mAhのPowerbankということ?だとすれば軽いはずだ。うーん、文系で電気がわからない自分はこの辺の理屈がイマイチ。。。Kindleで電気の本読んで今勉強中。

日本からSquareリーダーを持ってきて貰ったものの。。 2014年09月23日

最後に追加した項目-265

今月はまた日本から旧友のみやさんが来タイ。来る前にアマゾンで注文しておいたもののハンドキャリーとわざわざローソンまで買ってきて!と頼んでおいたSquareリーダーを持ってきて貰った。

最後に追加した項目-317
↑ こちらが今回ゲットの本。

さて、Squareリーダーに関しては一度使ってみたいなとは思っていたものの中々頼める人がおらずにダラダラとしていましたがついに入手。これは小さなクレジットカードリーダーで、スマートフォンのヘッドフォンジャックに挿して専用アプリを立ち上げるとそれだけで決済が出来てしまうというフリーマーケットや、個人事業主をやっている人なんかにはとても便利なデバイス。

image

Square – iPhone、Android、iPadでクレジットカード決済。

ただ、購入時点では海外でちゃんと使えるのかは全然事前に調べていなかった。

さて実際に試してみるとまず日本の銀行口座が必要。そりゃまあそうですわな。海外の銀行口座にまで対応しているとは思えないもの。僕は日本に楽天銀行の口座があるから問題なし。そしてやっぱり日本国内でしか使えないと書いてある。日本国内か海外かの判定はIPか?と思ってたらどうも現在位置をGPSで確認してるみたい。。ああ、これは誤魔化すの大変だ、ていうか無理だよなあ。。と半ば諦めかけていた。

しかしもうちょっと頑張ってwebで他に何か手はないだろうかといろいろ検索していたらなんとiPhoneのGPSは多分デバッグの用途でその位置情報を任意の場所に書き換えることができるみたい。

Appleの公式マップアプリに隠された設定が面白い!システムの位置情報を偽装・デバックモードなど | きんちゃんぶろぐ

iPhoneのバックアップを取って、その中の設定ファイルを書き換えてApple標準マップアプリでデバッグ用に位置偽装できるボタンを表示させる。ああ、これで多分クリアできるなあ。と思って時間があれば試してみようと思っていたんだが、それをうっかり忘れてiOS8祭りに乗ってしまった。。

iOS8をインストールした後で、はて?iOS8でもGPSのデバッグモード使えるのかなと再度上記のサイトを見たりしてみると、iOS8では同じ方法でGPSの位置情報を操作することは出来ないらしい。。

がは。結局一度も試せなかった。。まあ、今の内ならiOS7に復元することもできるんだろうけどまたセットアップしなおすのも面倒くさいのと、もうiOS8使っていくと決めたので戻したくもない。

と言うわけで結局Squareリーダーはタイ国内から使えなかったのであります。また今度日本に行った時に試してみることにしようかな。