タグ: タヒニ

フムスも自炊してみました。そのままフムスパスタも。 2018年10月12日

すべての写真-7382

1kgのタヒニを買ったので同時に買ってきたひよこ豆を圧力鍋で煮てフムス作り。

しかしひよこ豆を煮たあとで気付いたんだが、結構虫食いのひよこ豆が多い。豆を煮ると虫食い穴が目立つようになるね。だいたい虫食い豆はどの豆も豆の横に小さい針穴のようなものが2つあって、割ってみると小さい虫がその穴の先に居る。なので豆の湯を切ってバットに広げ、一個一個確認。しかし日本でフムス作ってたときにはこんな虫食いはほとんどなかったがさすがインド直輸入?バンコクで買った豆は無農薬で虫食い、東京で買った豆はケミカルな除虫処理がしっかりしてあったというふうに考えればいいのか?それとも?

バンコクの自宅ではフードプロセッサがなく、ブレンダーしかないのだが、頑張ってそれで作ってみるが、最初からひよこ豆の茹で汁を多めに入れておくことでブレンダーの刃の空転は少なく出来てちゃんと作ることが出来た。

昼飯はそれを茹でたパスタにからめて黒胡椒振っただけのフムスパスタ。これで十分うまかったです。中東料理などに慣れていないうちの彼女はほとんど食べることなく一人で食べます。。。

すべての写真-7379
↑ ちょっと固めだったかな。

練り白胡麻(タヒーナ)907g
SECOND HOUSE PRODUCTS
売り上げランキング: 40,378

ポンガル自炊のためにギー800g、タヒニ1kg買いました。2018年10月11日

すべての写真-7376

先に書いたアソークのVegie Mayでカレーを食ったあと、ナナまで移動してインド食材店に。5月にも一回買いに行ったT.A.G. Arabic Supermarketです。そこで次回のポンガルの自炊用にギーを買う。しかし基本ここは卸の店なので小さいボトルがなく800gのデカボトルを購入となりました。450バーツだったかな?1700円ぐらいのはず。

さらに横に目を移すと1kgのタヒニのボトルがあったのでこれもついつい購入。350バーツ。日本ではなかなか目にすることがなくてタヒニの代わりにねりごまを使ってフムスを自炊してましたがバンコクはさすが多国籍。こういうところにちゃんとありますな。(味は特に変わらんと思いますが)

ギーはさすがに香りが超濃ゆいですな。バターの濃縮というのもあるけど、発酵バター的な香りがしてほんとに濃厚です。ポンガル作る時に使うとぐっと味にコクが出そう。

さて、これに追加でひよこ豆も1kgを追加で購入して帰宅しました。さてさてこれらを使い切れるでしょうか?!?

フードプロセッサも導入。自宅でフムス。 2018年01月29日

IMG_8677

さてまた自宅の台所に新兵器導入。TESCOM のフードプロセッサであります。だんだんと男の一人暮らしの様相とは異なり、かなり台所がゴチャッとしてきました。。

しかし、このフードプロセッサでまた作れる料理がかなり広がるのは事実。まずそもそもなんでこれを買ったのかというと、新大久保のイスラム横丁で買ってきた大量のひよこ豆を消費するためでもある中東料理「フムス」を作りたいからであります。

それまでずっと中央線沿線をフムスの材料となる「タヒニ」と呼ばれるごまペーストを探し回っていたが、どうやらホントに日本の「練りごま」で代用できるという予測も立ったので是非に作りたくなって買ってしまいました。

圧力鍋との併せ技で乾燥ひよこ豆を前の日の晩から浸水しておき、圧力鍋で数分ほど圧かけてやるとすぐにホロホロのひよこ豆ができます。それをニンニク、レモン汁、パセリ、タヒニ(ねりごま)、オリーブオイルと一緒にフードプロセッサで滑らかになるまで回してやれば完成。道具と材料さえあれば非常に簡単な料理です。

で、つまんでみると思った通り美味い。これが自宅で食えるのは嬉しい。ビールとか飲みながらこのフムスをちびちび食べるのは非常にええ感じです。

ですが、ひよこ豆の薄皮をむかずにフードプロセッサにかけてしまったのでちょっと舌触りがザラザラした感じになってしまった。やはり薄皮取った方がいいんだけど、豆一つ一つ皮をむくってそんな時間かかることもしてられないしな。。。豆の皮むきってグルーヴ地獄のバイト地獄やないんやからやってられへんわな。。。

TESCOM PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK440-W
テスコム(TESCOM) (2013-10-04)
売り上げランキング: 2,883