タグ: white

HHKB Lite2 for Macをタミヤのモリブデングリスで静音化 2017年11月10日

IMG_1703

以前書いていたHHKB Lite2 for Macですが、Amazonで購入しておいたモリブデングリスが届いたので静音化作業を実施。買ってから一つ気づいたんですが、このモリブデングリスって透明や白色ではないのね。。。グリスが漏れてきたらキーボードが白だから思いっきり汚くなりそう。。。

でもめげずに静音化作業をするのだ!

IMG_9631

キートップをリムーバーで外して、キーの軸のところにモリブデングリスをちょっとたっぷりめに綿棒で塗っていく。そして再度元の場所に押し込む。これだけの作業だけどキー一つ一つに対して作業しないといけないので以外と時間を食うし、単純作業の繰り返しなので結構辛い。

で、最終的に全部のキーを組み上げてテストタイプしてみたら、かなり静かになりました。まるで別のキーボードか?というぐらいに本当に静かにはなりました。グリスがキーの軸とキーボード本体の間に入り込んでキーがカチャカチャ言う隙間をうまく埋め、かつキーを打つ際、打たれたキーが戻る時にキーボード本体と接触する音がグリスが膜になって受け止めているようです。

が、デメリットとしてそのグリスの抵抗のおかげでキーがちょっと重くなった感があります。明らかにキータッチが変わった感じです。というわけで、

・白色か透明のグリスを用意して実施しましょう。
・基本的にグリスでの静音化はなかなか元に戻せません、そこを考慮した上で検討しましょう。
・キートップを外すのにクレジットカードなどを使ってひっかけて、というような事も出来るかと思いますが、かなりめんどくさいのでリムーバーを買いましょう。500円もあれば買えます。

というところかな。個人的にはあまり好きなキータッチではないキーボードになってしまいました。これでまたHHKB Pro2がより一層好きになってしまいました。さて、どうしようか。。。

Apple純正スマートバッテリーケースがなかなか汚れに強い 2017年07月14日

image

5月の後半に日本に帰った際にヨドバシで買ってきたiPhone7のApple純正バッテリーケース。7月半ばということですでに使用し始めて1ヶ月半が経っていますが、上の写真のような汚れ知らず。

Apple純正品だからやっぱ白がいいなーと思いつつ、当然ながら黒のケースと比べりゃ汚れが目立つはず。すぐに汚くなるかなーと心配になりながらもやっぱり白を選んだのでありますが、とりあえず1ヶ月半の使用状況では上の写真のようにほぼ汚れなし。これはびっくり。なんか途中ジーンズの青色がケースの一番擦れる角のところに付いていたことがあるんだけど、しばらくしたら色は取れていて元のきれいな白色に。これだけ汚れない素材というのもすごい。

ただし、シリコンケースということで、非常に手の脂を吸いやすい感じです。特にズボンのポケットに入れたときや手持ちの際に一番擦れるであろう角の部分は若干手の脂を吸ってテカってるような気がします。新品時はシリコン独特のサラッとした肌触りが気持ちいいですがそんな感触も2日ぐらい経てば手の脂が馴染んでシットリして来ます。微妙な感触に変わります。。。結構手の脂吸ってるので火気厳禁かもしれないですな。火の近くに持っていくとぼわっと引火したりして。

ただ、機能的には非常に大満足のバッテリーケースです。これ使い始めてからiPhone本体のバッテリーを消費し始めるようなことがほとんどなく、外出時にはバッテリーケースの電力だけで十分に賄えるぐらいの底力を発揮してます。明らかにパワーバンクと紐付きのスマホ状態よりは機動性が高くて満足です。

価格:☓(やっぱ高いわ)
デザイン:ー(イーブン。コブ付きとかいろいろ言われてますが、まあどうでもいいレベル)
質感:△(いんだけど、脂吸い取り状態の肌触りが微妙)
汚れ耐性:◎(思ったよりかなり汚れない)
重さ:☓(重い。。。)
サイズ:☓(iPhoneの縦のサイズが+1cmぐらいになり、何気にでかい)
機能性:◎(バッテリ持ち2倍+。これを付けても持ち歩くのはいつものライトニングケーブル一本でOK)

改めてまとめてみると結構☓の項目が多いなあ。。。☓が3つとイーブン、△2つ、二重丸2つって客観的に見て人にあまり勧められるものでもないのかな。でも非常に機能性がいいです。よくiPhoneのバッテリー切らす人には便利なもんです。

盛り杉アプリ Meitu でナイトメア美顔 2017年03月01日

どこかのウェブニュースでMeituという超モリモリ美顔アプリが流行っている?流行っていた?みたいな記事を見た。その写真の出来栄えがあまりにナイトメアな感じなので少々興味をそそられてDLしてみた。

去年ぐらいからFacebook上でタイ人の女の子が超美白、猫顔ステッカー、Dreamin’フレームなどで悪夢のような画像をアップしてるのをちょこちょこ見かけていたので「ああ、もしかしてこのアプリだったか」と思いながらとりあえず自分を撮ってみました。

image

image

いやー、これすごいね。女の子の自撮り写真でも結構な悪夢なのに男が使うと絶望的な破壊力ですな。いい意味でも悪い意味でもこれが人気なのはよくわかりますな。まわりからどう言われようととりあえずこんなアホな写真作ってるのが楽しい。

ブルーチーズが結構うまかったので同じメーカーのBrieを買ってみたらびっくりするほど不味かった 2016年05月20日

すべての写真-581

Jindiのセミハード青カビチーズ 2016年05月15日

先のブログのエントリで書いたオーストラリアのメーカーのブルーチーズがかなり美味かったので、ちょうどいわゆる白カビチーズのBrieがこっちのスーパーチェーンであるTopsで特売してたので買ってみた。

が、このBrie、ひっくり返るほど不味かった。ちょっとびっくりした。先のプロダクトは凄い美味かったのに、こっちは箸にも棒にもかからん味だわ。。。全然乳製品らしいこってりした味と香りがなく、ただ鼻先に時々アンモニア臭が漂うだけ。。

すべての写真-590

売れ残ってたのがよく分かる味でした。。一方がめっちゃうまく、一方がめちゃまずいってそんな食品メーカーのパターンってまだあるんですな。。最近の世の流れから考えるとそういうメーカーってすぐに淘汰されてしまう雰囲気だけど。。このメーカーは頑張ってるようです!変な文章になっちゃったけど、とりあえずはブルーチーズだけリピートかな。このBrie、賞味期限切れ前の特売で200gが100バーツ。ちょっと安すぎるか??

↑ いっぺんこういうクセの強いチーズを1kgとか2kgの塊で小脇に抱えながらむしゃむしゃ食いたい。