タグ: quiet

HHKB Lite2 for Macをタミヤのモリブデングリスで静音化 2017年11月10日

IMG_1703

以前書いていたHHKB Lite2 for Macですが、Amazonで購入しておいたモリブデングリスが届いたので静音化作業を実施。買ってから一つ気づいたんですが、このモリブデングリスって透明や白色ではないのね。。。グリスが漏れてきたらキーボードが白だから思いっきり汚くなりそう。。。

でもめげずに静音化作業をするのだ!

IMG_9631

キートップをリムーバーで外して、キーの軸のところにモリブデングリスをちょっとたっぷりめに綿棒で塗っていく。そして再度元の場所に押し込む。これだけの作業だけどキー一つ一つに対して作業しないといけないので以外と時間を食うし、単純作業の繰り返しなので結構辛い。

で、最終的に全部のキーを組み上げてテストタイプしてみたら、かなり静かになりました。まるで別のキーボードか?というぐらいに本当に静かにはなりました。グリスがキーの軸とキーボード本体の間に入り込んでキーがカチャカチャ言う隙間をうまく埋め、かつキーを打つ際、打たれたキーが戻る時にキーボード本体と接触する音がグリスが膜になって受け止めているようです。

が、デメリットとしてそのグリスの抵抗のおかげでキーがちょっと重くなった感があります。明らかにキータッチが変わった感じです。というわけで、

・白色か透明のグリスを用意して実施しましょう。
・基本的にグリスでの静音化はなかなか元に戻せません、そこを考慮した上で検討しましょう。
・キートップを外すのにクレジットカードなどを使ってひっかけて、というような事も出来るかと思いますが、かなりめんどくさいのでリムーバーを買いましょう。500円もあれば買えます。

というところかな。個人的にはあまり好きなキータッチではないキーボードになってしまいました。これでまたHHKB Pro2がより一層好きになってしまいました。さて、どうしようか。。。

ถ้ำพระยานคร プラヤーナコーン洞窟 2015年07月02日

DSC02508.jpg

前回からのつづき。

【タイ】クーハーカルハット宮殿の神々しすぎる絶景 | TABIZINE~人生に旅心を~

さて物静かなサムロイヨットビーチの宿で朝イチから12時のチェックアウトのギリギリまで昼寝をしまくった後、なんか体動かすのダルいねえと言いながらも今回の目的であるプラヤーナコーン洞窟に向かいました。


↑ 行き方概略。とりあえず車では4020のこの十字路をホアヒン方面から左折です。

とりあえずの行き方は上の地図のようになります。どうやって行くのかというのはウェブ上に日本語で全然説明がなかったので一応書いときます。タイ語で検索したら一発で出てきました。

んでとりあえず洞窟に続く寺の駐車場に車を止めて案内に従って洞窟方面へ。

DSC02468.jpg

この手前で入場料を払って入るわけですが、大人(外国人)200THB、大人(タイ人)40THB。。。また外国人価格が。。ま、暑くてめんどくさかったので大した金額ではないし200THB払って山登りスタート。

洞窟までは山を2つ越えないと行けないのですが階段がちゃんとあるのは最初だけで途中から石がゴロゴロした急な山道になり、歩きにくいことこの上ない。

DSC02480.jpg

途中、「View Point(展望台)」と書かれた看板があったので登って行ってみるとこんな足場。。柵もないし、登ってきた所以外は崖で下は海。転んだら一貫の終わり的な展望台。

DSC02484.jpg

そしてひとつめの山を降りるとこんなきれいなビーチが続いてます。

DSC02486.jpg

ビーチにはこんなバンガローがあって多分予約すれば泊まれるはず。一応ビーチには食堂と売店はありました。それ以外の施設は何もなく、他に何か手に入れようと思ったら山を越えていかないといけない立地。。。

DSC02494.jpg

さて2つめの山の入口。もうすでに汗だくでだんだんと歩くのが嫌になってくるがここまで来て洞窟を見ないで帰るのも馬鹿らしいので頑張る。

DSC02500.jpg

どんだけ登ってもこんな景色ばかりで足場が悪い。ビーチから400m登らなければならないそうだ。

DSC02508.jpg

山の中にいきなりこんな看板が。いよいよ洞窟か?

DSC02528.jpg

わあ!すごい景色だ!

DSC02537.jpg

さらに進むとあの祠があった!さすがにもう午後になっていたので祠に光が注ぎ込むような角度にはなっていなかったがそれでも十分に素晴らしい景色。

DSC02540.jpg

てかここまでかなりの過酷な上り坂を登ってくるのであまり余計な人が入ってこない&みんな息が上がってあまりしゃべらないので洞窟の中もとても静かでひんやりしている。時たまどこかからふく風が冷たくて気持ちいい。さらに洞窟内の石の上に座って目をつむると静寂の中に洞窟内の空間に反響する大地の鼓動みたいなものを感じる。。。と非常に興奮気味の洞窟探検。てか何気に生まれてこの方洞窟の中って入ったことがなかったかもしれない。そもそもちょっと閉所恐怖症の気があったからなあ。。。

とにもかくにも非常にいい場所です。珍しく大絶賛。


↑ Google Mapの航空写真で見てみると山に穴が空いているのが見て取れます。。。