タグ: tourist

大阪タイ領事館で観光ビザ申請の際に必要になる「知人の手紙」とは 2016年06月10日

Thai Visa.jpg

在大阪タイ領事館でタイの観光ビザを取る時に、事前予約したホテルなどに宿泊するなら問題無いですがタイ人の知り合いが居て、その知り合いの家に滞在するのでホテルの予約なんかないよ、という人は、ビザの申請要項によると、

7. ホテルの予約確認書 コピー

●申請者名・ホテル名・住所・電話番号・宿泊期間が確認できるもの

●申請者名義でアパートを借りる場合、賃貸借契約書で代用可

●親族・知人宅に滞在する場合は以下の書類で代用可
①知人からの手紙(名前・申請者名・申請者との関係・宿泊先住所・電話番号・宿泊期間・署名を記載)
②知人の身分証明書(IDカード または タイ住居登録証の住所面 および 氏名記載面) コピー

※タイ国籍者以外の場合、パスポートのデータ面コピーおよびタイの労働許可証(ワークパーミット)あるいはタイでの住所を証明できる書類(光熱費支払明細書等)のコピーも必要

タイ王国大阪総領事館 観光ビザTR (Tourist Visa) 申請要項

この、赤字の部分が必要になってくる模様。実際に申請してみたところ、この定義のあいまいな「知人からの手紙」という文書はINVITATION LETTERの体裁で提出すればいい模様。そして以下のように作成。

スクリーンショット 2016-06-12 9.24.49

この文書を自分で作成して知人のサインをしてもらい、

INVITATION LETTER (文末に知人のサイン済み)

知人のIDカードのコピー (書類の右下あたりに知人のサイン済み)

知人の名前とINVITATION LETTERに記載した住所の印字のある公共料金請求書などのコピー (こちらも知人のサイン済み)

を揃えて提出したら、この項目に関しては何も言及はなく通りました。(一番最後の項目はなくても通るかもしれなかったですが、念のため提出しました)

以上、在大阪タイ領事館で観光ビザ申請する際に

「知人からの手紙??!?」

となってる人向けの一応これで申請通った実績ありのドキュメント作成例を書いておきました。

Macchiato De Coffee / Somchith Chaleunxay Hotel at サワンナケート 2015年12月31日


↑ サワンのタイ領事館はちょうど地図を下にドラッグすると出て来ます

今回のビザ取り旅行でよく立ち寄ったサワンのカフェとホテルであります。この2つは立地的にとても良い場所にあるのと、WiFiのつながり重視でサワンに滞在したい人にはいい場所になると思います。

この2つがお互い歩いて2分の場所で道路挟んでほぼ向かいぐらいにあるイメージ。片方はサワンの中で異空間とも思える小洒落たカフェ、片方は(多分)風呂屋を改造して作った古めかしいホテル。両方に共通してるのはバスターミナルとタイ領事館のちょうど真ん中ぐらいに位置していてWiFiの電波が強くて安定していること。

サワン滞在も1日、もしくは2日の予定だったのでSIMカードを用意することもなく、なんとかWiFi接続でごまかしてやり過ごそうと思っていた。行動の中心となるタイ領事館からすぐそばでWiFi電波が強力なこの2箇所はなかなか頼りがいのあるスポットですな。

IMG_20151228_094144

IMG_20151228_104003
↑ 道端に山羊が。。。

Macchiato De Coffee、こんな感じでラオス第二の都市と言われてる割にタイの田舎より田舎なサワンの街に出来た異空間だけあってお値段は非常に高い。コーヒー、ケーキなどもスタバ並のお値段します。コーヒーが15,000kip~、ケーキなども35,000kip~ぐらいでした。(100THBがだいたい22,000kipぐらい)。でも高いだけあって人が少なくてフリーWiFiあって店のコンセントから電源借りれたりもします。

Macchiato De Coffee

IMG_20151228_095341

IMG_20151228_083840

Somchith Chaleunxay Hotel(以下Somchith Hotelと省略)のほうは一泊580THBだったかな?agodaで予約せず飛び込みで宿泊したのでログが残っていない。。。確かそんなもんでした。こちらは古めかしいラブホテル風ですが、掃除はそれなりに行き届いていて汚くはなかったです。水回りも掃除は出来てるので個人的には文句なし。WiFiが安定してて快適。。。

Somchith Chaleunxay Hotel Savannakhet, Laos: Agoda.com

IMG_20151228_105524

IMG_20151228_105530

IMG_20151228_121354

よくよく考えると自分は今回ぜんぜん適当にビザ取り旅行を考えてましたが、詰めて行動すると

バンコクから夜行バスでムクダハンへ > 早朝にムクダハンバスターミナル着 (一泊)
朝7:30の国際バスでサワンナケートへ移動 > タイ領事館でビザ申請 (一日)
Somchith Hotelで宿泊 (一泊)
午前中ゆっくりして14:00にタイ領事館でビザ受け取り
> そのまま歩きでバスターミナルへ移動 > 国際バスでタイ・ムクダハンに (一日)
ムクダハンバスターミナルから18時や20時発の夜行バスでバンコクへ (一泊)

という工程なら3泊2日の工程でビザ取って戻って来れます。はっきり言ってこの工程でよかった。他に何もすることないもん。もし次回またサワンでビザ取りが必要な場合は上記日程で時間短縮で行く所存でございます。

サワンナケートへ国際バスでビザ取り小旅行 2015年12月30日

IMG_20151228_090023

さてムクダハンくんだりまで来ているメインの目的、とりあえずのツーリストビザ取得になりますが、これはタイ国内で取得できるものではないので一度日本なり周辺国に出る必要があります。そこのタイ大使館なりタイ領事館で観光ビザを申請して受け取り、それを使用して再入国ということをやらんといけません。

事前に調べていたとおりムクダハンのバスターミナルから国際バスがサワンナケートまで通ってます。バスチケットは55THBだった。

IMG_20151228_064259
↑ ムクダハンのバスターミナル、チケット売り場。右の列がバンコク行きバスのチケットの列、左の列が国際バスのチケットの列。

ちゃんと早めに起きて朝7時から国際バスのチケットブースの前に並ぶ。月曜日で年末近いからか結構混んでた。んでバスは通路まで人をぎっしり搭載して出発。国際バスと言うと長距離のイメージになるかもしれないが、両都市のバスターミナルを結ぶだけなので実際に走ってる距離は10kmもないと思う。

ムクダハンーサワンナケートを結ぶタイ・ラオス第二友好橋のタイ側で一旦バスを降りてタイの出国手続き。そしてタイでもない、ラオスでもない橋の上を走るバスに再度乗り、ラオス側のブースでラオスの入国手続き。そしてまた今度はラオス側のバスに乗りターミナルまで。

IMG_20151228_083340
↑ サワンのバスターミナルを出て北上したところ。こんなゆるい交通状況。

IMG_20151228_083840
↑ 途中、こんな小洒落たcafeが。もうちゃんと営業してました。

サワンのターミナルではトゥックトゥックなどが声かけてくるが「いや、歩けるから」と断って北に歩く。10分ほど歩くとタイ領事館が左側に見えてくる。手前の代書屋で住所をメモ書きしてパスポートと一緒に手渡す。写真がなければ奥のめちゃくちゃ適当な写真ブースで写真を撮ってインクジェットプリンタとフォトペーパーで写真印刷をしてくれる。申請用写真印刷が100THB。

IMG_20151228_084642

んでPC上でなんか専用のアプリを使ってたみたいだが、代書屋が住所入力やパスポート番号を入力してプリンタから申請用紙が出てくるのでサインして終わり。申請書の代書が80THB。計180THBでパスポートだけの所持品ですぐに申請の準備をしてくれます。

IMG_20151228_090244s

IMG_20151228_090035
↑ 領事館に向かって左側が代書屋群。どこでやってもらってもいいと思います。

そして朝9時の受付までに入り口に列が出来てるのでそこに並ぶ。受付で書類提出と申請料1,000THBを渡し、キュー番号が書かれているレシートをもらって作業終了。受け取りは次の日の14:00。ただし、後で代書屋で聞くと「急ぐなら特別なルート通すと申請日にビザは受け取れるよ。」 と言っていた「あー、もう申請出しちゃったからねー」なんて言ってて結局その当日発行の場合の値段を聞き忘れた。

次の日はキュー番号のレシートだけ持っていけばビザ受け取りできます。ビザシール貼ったパスポートと1,000THBの領収書をもらう。ビザの記載事項に間違いがないかは窓口のすぐ横でちゃんと確認を。何か間違いがあればすぐに窓口に言って訂正なりをしてもらう必要があります。

23467770134_7089e6486d_o

2015年の11月中旬からツーリストビザはマルチプルが新設されてダブルのビザが廃止されているとのこと。マルチプルは日本人は日本の大使館・領事館でしか取得できないようなのでタイ周辺国で取得できるツーリストビザは事実上シングルのみとなっている模様。とりあえず窓口や代書屋で「ダブル取れないか?」と聞いてみたけどやっぱり「No」しか帰ってこなかった。しかしサワンナケートまでの距離の往復などをこなして取得できる滞在ビザが60日(後に30日の延長がイミグレで可)ってのはちょっと割りに合わん気がしますな。

とりあえずこれでシングルのツーリストビザの取得は終了です。お疲れ様でした。今回のメインの目的は達成。後はバンコクまでの戻りがまたバスで長時間。。。

สามร้อยยอด サムロイヨット国立公園周辺のビーチ 2015年06月30日

DSC02427.jpg

さて、先週末は日本から来た友人と男ふたり旅でホアヒンの南約60kmのサムロイヨット国立公園というところに行ってきました。ここは天井にぽかっと穴の空いた大洞窟の中にラマ5世訪問の際の祠が立てられていてその穴から光が注ぎまるで祠が後光がさすかのように神々しく光り輝く様が見られるという。。。

【タイ】クーハーカルハット宮殿の神々しすぎる絶景 | TABIZINE~人生に旅心を~

というわけで土曜日に車でバンコクからふらふらとホアヒンを抜けてこのサムロイヨットの周辺までやって来ました。来て最初の印象、

「何ここ?観光地?人が居ない。。。」

通る車もほとんどなければ観光客もほとんど見ない、地元の人も出歩いていない。。。そして周りは切り立った奇岩の山々。。おおお、自分の大好きな人の訪れない最果て地に足を踏み込んだような隔絶感。

サムロイヨットと言われているエリアがかなり広大で最初迷ったんですがその際に立ち寄ってみたビーチ。。。完全無人。

DSC02361.jpg

日暮れ時の曇り空、人の居ないビーチ、何故か大きな魚が絶命して砂浜に転がり、朽ち果てていく死肉と大海原の対比。。何ここ?観光地?まるで日本海の海を見てるよう。。。

再度、その日の宿泊場所を探して別のホテルが集まっているビーチへ。街もホテルも閑散。。。宿を押さえて宿泊。男2人でツインベッドの部屋、一泊1,500THB。どうも宿泊客は僕らのみのようだった。。。

次の日朝になって近所のミニマートまでアイスクリーム買いに表に出てみたらきれいな快晴。気持ちいいなあ。

でも人が居ない。

DSC02421.jpg

DSC02430.jpg

観光地なのにビーチの写真を引きで撮ってなんで人が一人も写り込まないんだ??

でも非常に静かで心穏やかな環境です。素晴らしい。ホテルで寝てても鳥の鳴き声とたまに表の道路を通るバイクのエンジン音がするのみ。こんな静かな環境がタイにもあったんだと感心した(タイの場合、バンコクはもちろん、田舎に行ったってとにかく人がうるさい)。あまりに気持ちいいのでチェックアウトぎりぎりまで部屋でうとうとしていた。

さて、静かでゆるやかな環境に浸っていてうっかり忘れかけそうになった大洞窟に向かったわけですが、その際に登った山から駐車場のあるお寺のビーチをパシャリ。ここも人っ子一人居ないのです。

DSC02471.jpg

と思ったらお母さんと子供らしき人影が2人だけ居るな。。。今回ビーチ撮って写った人はこの2人だけ。。。

こんなんでホテルとかやっていけるのかと心配にはなったものの、個人的にはやはり静かなのは大好きなので非常にお勧めな素晴らしい場所です。

〜つづく〜