タグ: application

90日レポートの日数計算スクリプトを書く 2018年09月10日

Pythonの勉強をしてる中で、タイに長期滞在してる人間なら必ず必要なタイの90日レポートの計算スクリプトを書いたんですが、ウェブを検索してもそれらしい機能を提供してるサイトがなかったのでどうせならウェブに載せるかと考えておりました。

スクリプトとして持っているPythonのものをそのまま使いたかったんですが、Pythonをウェブ上で動かそうと思うと勉強不足かもしれないですがちょっとめんどくさそうなので、アプリと言っても日時、時間を扱うクラスしか使わないのでJavaScriptでいいかと思い直して単純にJavaScriptで書いてみました。まあやってる内容が内容だけにすぐにJavaScriptで作り直せましたが、たぶんちゃんとやってる人が見たらもっともっと短いコードでかけるんでしょうな。でもとりあえず動きます。

CSSも使わずにそのまま表示するだけですがタイに入国した日を入力してボタン押せば90日後の日付とレポートを受け付けてもらえる期間の日付を表示してくれます。作るまでもない機能かもしれませんが、はっきりと日付だしてスケジュールに入れたいときとかには自分では一応使うかな?というような感じです。

こういう細々したものを自作していると非常に楽しいです。

Just Simple 90days Report Calculator
https://www.yamagiwa2000.com/r90.html

改めてビザ取り、ビエンチャンへ 2018年09月06日

20180906-093720-25

この一、二ヶ月は移動が多い。今回はバンコクで就職が決まったのでラオスはビエンチャンにビザ取りツアー。以前の会社ではビザ取りは手配してくれたが、今度の会社は全部自分で手配するとのこと。こういった対応は会社によってずいぶん違うもんだとタイに10年居て改めてそう思う。個人的には手間はかかるが問題はございません。

ビエンチャンのビザ取りを一泊二日の最短コースで取ってくる、なので朝の時間は余裕を持って朝6時のバンコク発の飛行機でウドンタニに向かうのであります。ドンムアンのエアアジア機への搭乗時間はかなり遅れていたが、結局ウドン着陸は予定よりもちょっと早かった。立派。ウドンの空港も立派。ウボンはこれと比べると小さい。

20180906-071111-11

アライバルのロビーからロットゥのチケットを買う。ロットゥも待ち時間10分ほどですぐに出発。滞りなく進みます。

20180906-083149-16
↑ ノンカイ、ビエンチャンにかかる第一友好橋。メコン川上で左がラオス、右がタイとなります。

小一時間で国境到着。出国、入国もスムーズ。久しぶりにメコン川にかかる第一友好橋を見た。来たのは12年ぶり。ラオスのイミグレを通ってラオスに入ってからはソンテウに200THB払って大使館まで移動。タクシーは300THBだと言って乗せてくれなかった。。orz(暑い。しかもトロトロ走って他の客も乗せるし。30分乗ってるとうっすらとバックパックに砂埃の層が)

それでも9時半にはタイ大使館到着。問題ない時間。朝6時のバンコク発の飛行機でウドンに行けばよほどの事がない限りビエンチャンのビザ申請は大丈夫ですな。

大使館横の代筆屋でラオスの入国スタンプが押してあるパスポートのページのコピーを取ってもらう。入国時のスタンプなんでここで取ってもらうしかない。10THB。コピー二枚取って10THBってのはいい商売でしょうな。入国スタンプのコピー必須なので確実にコピー取りに来る客は居るし、このレベルの上乗せは客も気にしないから数さえこなせば儲かるだろう。んで代筆屋がいろいろ言ってたが事前にちゃんと調べてきたしドキュメントに問題はない。

大使館は到着時で30人ほどのキュー。10時前には係員のチェックでキューナンバーを貰えた。

20180906-100128-26

ところが窓口で社長のパスポートのタイのビザと入国スタンプページが必要とのことで突き返された。ちょっと焦ったがSIMのローミングを即座にオンにして会社の総務に連絡。PDFを送ってもらい、コピー屋で印刷してもらい、申請時間ギリギリの11時半に再提出。これでなんとか受け付けてもらえた。。。一安心。やはりビザの申請書類は常に足りないものが出てきてもすぐに送ってもらえるように準備しとかないと無駄な時間を過ごす羽目になりますな。。。

とりあえず今日のタスクは終了。宿に移動です。。。

やっとコンビニのスマホアプリの使い方がわかった 2016年12月14日

Seven Eleven Sasa

今までスマホの7-11とかファミリーマートとかのコンビニの会社が作ってるアプリって会社側のプロモーションとしてはいいだろうけど利用者側になんのメリットがあるのかわからず、「こんなの誰が使うんだろう」とずっと思っていたが、出張や旅行で初めての場所に来た際などに、「あ、歯ブラシ忘れた」とかでコンビニ探すことも多いですが、その際にGPS併用でスパッと分かるのが便利ってことなんですな。

日本だとそれほど困らないけど、外国にいてると周りの人に聞いてその場所に行ってみても一向にコンビニが見えてこないなんてことも多々。

image

つい先日もホテルの宿泊費払おうかと思ったら財布に現金がなくてATM求めてフラフラ彷徨ってた。結局、最初にもうひとつ先の角まで行って見渡せば看板が目に入ったのに。。。みたいな無駄歩きとなった。

image

そこに住んでる人に聞いてもたどり着けないコンビニに労せずたどり着くにはどうしたらいいか??汗だくになりながら考えてましたが、そこで点と点が繋がるというか、頭の中にピカッと電球が灯り、「そうか!コンビニアプリってこういう時に使うんか!」と一人ガッツポーズ取ってました。ということでタイの7-11とファミリーマートのiOSアプリを入れておきました。これで初めての土地でもコンビニには困らんね。

iPhoneでBTキーボード使用時のアプリ切り替え画面ショートカット 2016年09月10日

Bluetooth keyboard for iPhone.

iPad の場合、Bluetoothキーボードをつないでいる時はキーボードショートカットのAlt+Tab で直近で使用したアプリの切り替えが出来る。

で、iPhoneでも同じことが出来るもんだと思っていたらそのショートカットはどうもサポートされていない模様です。何気にキーボードでアプリの切り替えができないのは不便でどうしようかと思っていた。

とりあえずホーム画面へのキーボードショートカット(Cmd+H)は使えるのでそれでホームに戻り、画面上のアプリのアイコンをタップするという方法でしのいで来たが(ホームボタンは”押す”という多少力がかかる作業なのでスマホスタンドに立てかけたiPhoneを手で支えて押さなければならない。ショートカットでホームに戻って別のアプリのアイコンをタップだと”タップ=触れる”なのでiPhoneを手で支える必要がなく少し楽)、先日偶然にiPhoneでのキーボードでアプリ切り替えの方法を発見してしまった。

それは

”キーボードショートカットでホームに戻るキーを二度押し”

つまりiPhoneでホームボタンをダブルクリックするアクションをキーボードでやってしまえばいいということです。

が、残念ながらこの次の画面でキーボード上の矢印キーを押そうが、何を押そうがアプリの切り替えができない。。。直近のアプリの一覧から使いたいアプリを選ぶのはやっぱりタップしてあげないといけない模様。。完全にキーボードから手を離さず、というわけにはいかないようです。。。もうちょっとだったのに。。。こういうところキーボード使えるようにしといて欲しい。。。

しかし、自分でホームボタンをダブルクリックするよりかはだいぶ楽、ショートカットで一旦ホームに戻ってホーム画面からアプリのアイコンをタップするよりかは、切り替えたいアプリはだいたい直近で立ち上げたアプリのリストの中にあるものなので、実際の作業はかなり楽になりました。

iPhoneでもやはりまだ細かいところの操作で知らないところもあり、??ってところもありますな。。。

iLepo 折りたたみ英語キーボード 130x78mm(折りたたむ場合) 並行輸入品
AfterMarket-Generic
売り上げランキング: 152,130
グラントン Tri-folding Bluetooth キーボード(三つ折りタイプ) GK930-BK
GRANTON (2015-06-19)
売り上げランキング: 39,477

タイ在住者の義務、90日レポートのオンライン申請 2016年08月29日

GDC Online 2012 (Tuesday 10/9) Registration

タイで住んでいる外国人の面倒な手続きのうちのひとつ、90日レポート。外国人の長期滞在の場合、入国から90日ごとに現在の自分のタイ国内での住所を申請しておかないといけない。忘れてたりすると罰金などの処置もあるようです。

で、フリーランス一年目の私はこういったこともすべて自分でやらないといけないんですが、調べてたら別にイミグレーション(入国管理局)のあるチェーンワタナまで行かずともオンラインで申請を済ますことができるという記載があった。オンラインで済んでしまうならそれに越したことはない!とトライしてみましたが。。。いろいろ不可解な事象が。。。

・ 対応ブラウザはなんとIEのみ。一択。

90日レポートオンライン申請サイトが動作するのはWindowsのInternet Explorerのみらしい。いつの時代のウェブサイトだ??今の御時世、Chrome、Firefox、Safariのみ対応ならわかるけどIEのみ対応って多分数年は放置されてるサイト??でも現役でタイ在住外国人は使ってる??

試しにChromeやEdgeなどの他のブラウザでやってみたが、どうにもスクリプトが上手く動いてくれないみたいで、フォームに一文字入力するたびにバックグラウンドで何らかの処理が走っていて非常に重くて使えない。多分、サイトを開発した際にIEでしか動作確認してないんだろうな。。。

・90日レポートオンライン申請のサイトの入口が非常にわかりづらい

隠してるの?と思うぐらいにわかりにくいところに申請フォームのリンクがある。明確に「90 days Report Online Registration Form」とかって書いてくれたらわかりやすいんだけど、「Notification of staying in the kingdom over 90 days」って90日以上経過した際のなんらかの通知なのかと思ってしまう。わかりにくい表記だ。さらにこのページに飛んでもめちゃ小さいフォントで最下段に配置されたリンク。。。あまり使ってほしくない、ということの表れなんかな??

スクリーンショット 2016-08-31 20.03.56

スクリーンショット 2016-08-31 20.04.11

・謎のエラー「イミグレオフィスにコンタクトせよ」

とりえず上のリンクから申請に必要な情報を埋めていきましたが、申請フォーム1ページ目から早速問題発生。

For further information regarding The 90-day Notification Report Service,
please contact the immigration branch office in your residence area.

このエラーメッセージのまま画面が進まず2ページ目の入力フォームへ進めない。。エラーは何をしようがこのエラーから変わらず、何が問題なのか全然切り分けが出来ない。いろいろ手を尽くそうが、返ってくる答えは一緒。「ダメです。」「うちじゃなくて、あっちに問い合わせして」まるで現実の対人でのお役所仕事のようにあしらわれている感覚。フラッシュバック。

・先人のファランたちの屍が。。

You Can Now Do 90-Day Reporting Online in Thailand

タイ在住者の間では有名なブロガー、Richard Barrow氏のサイトで紹介されていた90日レポートのオンライン申請が可能だという記事。しかし、コメント欄を見てみると先に進まない、エラーがなんでもかんでも上記のメッセージのみで原因が
まったくわからないと泣きのコメントが満載。

「いろんなブラウザを試したけど、次に進んだのはひとつだけだった
でもpage1からsubmitボタンを押した後、コンピュータ自体がクラッシュしちゃった。。」

などなど。

そしてTHAI VISAのフォーラム

Online 90 day reporting not working now? – Thai visas, residency and work permits – Thailand Forum

これを見ると、このサイトを利用する上で必要なチェックリストを掲載してくれているユーザーが居た。

・申請期間に注意(90日期限の2週間前から1週間前までの間に申請)
・すべて大文字入力すること
・*印の付いた欄だけを入力(ミドルネームや、氏名の名前の部分さえも空白で残す)
・日付入力は 日/月/年 の順 (もしくはカレンダーのウィジェットを使うこと)
・国籍の部分はドロップダウンから選択すること(国名英語表記/国名タイ語表記 のような記載になる)

というところが大事らしい。このチェックリストを守って*印の付いていない入国の際に利用した飛行機の便名なども空白のまま(いいのか?そんなんで??)にしたら画面が進んで申請出来たなどの報告もあり、そういうことなのかと同じようにしてみたけど僕の場合は残念ながら進まず、また「イミグレオフィスにコンタクトせよ」。。。

・サイトの開発環境を読む

>いつの時代のウェブサイトだ??今の御時世、Chrome、Firefox、Safariのみ対応ならわかるけどIEのみ対応って多分数年は放置されてるサイト??
>多分、サイトを開発した際にIEでしか動作確認してないんだろうな。。。

サイトがIEにしか対応していないということで記事の上のほうでこのように書いたが、それならこのサイトの開発環境、テスト環境をそのまま再現すればサイトは動作するだろうと思ってどのような環境かを考えてみた。いくら役所のマッチプレイ入札で、素人に毛が生えたようなデベロッパー使って思い切りダンピングして元請けが開発させたとしても、お役所側が目暗検品をしてたとしても、少なくとも一つの検証環境ではちゃんと動くものを入れないと担当者もトラブった際に上司に言い訳ができないはずである。

で、IEで動くということはWindows xpの時代か新しくてもWindows7じゃないかと思うのです。これ以降はIEだけ対応のウェブサイトって現実的なチョイスではなくなってきたはず。。。Hyper-VにWindows XPを入れて、その上でIEでアクセスを。。。

で、ここまでやっておいてなんですが、自分は9月7日からうちの親父の入院の付き添いで一旦大阪に帰国するので結局のところ90日が経過する前に国外へ退出することが判明。とりあえず90日レポートの必要性がなかったことに気づきました。取り越し苦労。。てか最初からよく考えてればここまでやることもなかったかな。。。

でもまた次回3ヶ月後に同じことで悩むでしょうから、今できるだけのことをやっておくのも悪くはないのだと自分に言い聞かせます。

もうサポート切れて放っておくとウィルスの温床になりかねないxpはHyper-Vのイメージさえとうの昔に削除してしまっていたので再度インストールから開始し、昔の記憶を辿ってプロダクトキーを探しだし、インストール完了、SP3をあてて、言語設定など最低限のOS設定を。。。これでゆうに2時間かかりました。。。で、結果は以下。

スクリーンショット 2016-08-31 2.49.42

気が狂いそう。。。今回は必要ないけど次回また苦労しそう。。。素直にチェーンワタナ行くか。。。