タグ: chongnonsi

バンコク穴場のサービスアパートメント:サトーン・グレース・サービス・レジデンス 2016年01月28日

あの男がバンコクに戻ってきた!というわけでカンチャナブリまで小旅行に行ったわけですが、バンコクに戻ってきて、あの男の今回の宿泊場所がこちら、Sathorn Grace Serviced Residence。

今回は定宿のあるスアンプルーの通りを離れてこんなところに宿を取ったのかと送っていったついでに部屋を覗かしてもらったら、ここ、いいじゃないの!

IMG_20160126_200902
↑ ホテルではなく1日から部屋を貸してくれる掃除やら何やらのサービスも込みのサービスアパートメントなのでキッチンも付きます。

IMG_20160126_200914

IMG_20160126_200908
↑ キッチン横の部屋。なかなか広い。

IMG_20160126_200921
↑ ベッドルーム。

IMG_20160126_200935

IMG_20160126_200938
↑ シャワールームと浴槽が別室??かなり広い。

IMG_20160126_200942

IMG_20160126_200946
↑ 水回りも故障なく清潔。広いなあ。。。

全体の広さでいうと60-70平米ぐらいあるんじゃないかという感じのワンベッドルームのお部屋。これで一泊なんと1,600THB程度だったそうな。実際にAgodaで見てみるとワンルームの60平米の部屋が1,500THBほどでブッキングできる。かなりリーズナブルなお部屋で、バンコク在住の自分でも泊まる必要はないけど友達集めて飯食って、酒飲んで(自分は飲まないが)、リラックスして遊ぶのにはシャワーも付いてるこの部屋ひとつ借りてパーティーするのもええかな、と思えるお部屋でございます。

ただ、場所的にソイセンルイというセントルイス病院横のローカルな通りにあるのでBTSチョンノンシ駅からもスラサック駅からも徒歩10分ぐらいの距離があるのが少し残念なところ。ほとんどの日本人はソイセンルイなんて通り知らないでしょうし。。。

飯は屋台やローカルな食堂でタイ飯食いたい、でもホテルの部屋自体は疲れて帰ってきて落ち着けるのがいい、という旅行者の方にはちょうどいいんじゃないでしょうか。部屋の設備、広さから考えるとかなりリーズナブルないいお部屋です。

Bangkok Serviced Apartment | Sathorn Hotel | Sathorn Grace Bangkok
↑ サトーングレースの自社HP

サトーン グレイス サービス レジデンス (Sathorn Grace Serviced Residence)・バンコク – Agoda.com
↑ Agodaのサトーングレースのページ

もれなくチャイナシンドロームも付いてくる 潮川餐館 2013年05月15日

IMG_20130515_201812

バンコクは中華料理も選択の幅がかなり広くて食に関しては恵まれた場所に住んでいるなあと実感すること多々なのであります。

そんなわけで今日もまた彼女と晩飯に中華料理を食いに出かけたわけです。

最初はいつもの赤提灯の店、 紅燈籠に行ったものの満席でかなり待たされると悟りすぐに店を出て、昔バンコクITオフ会で入ったことのあるナラティワートソイ2、潮川餐館 Chao Chuan Restaurantへ。


View 潮川餐館 Chao Chuan Restaurant in a larger map

ここも前来たときは中々うまかったよなー、と思いつつ店に行ってみると。。なんか薄暗い。。客が居ない。。

一抹の不安を覚えるもののせっかく来たんだからとトライする。

麻婆豆腐、いんげんの炒めもの、空芯菜の炒めものとご飯を注文。麻婆が運ばれてきて、一口。味濃くて山椒もドサッと入っていてビリビリする。あ、うまいじゃん!と思っていたのもつかの間のっぺりした味が舌の上に乗っかったまま消えずに口全体が微妙な塩気にあふれる。

「化学調味料の量がハンパないな。。」

てな感じです。どの料理も化学調味料は凄かった。二人で水飲みまくりながら食った食った。

味濃すぎて大変なんだけれど、それでも食えない味じゃないんだよな。東南アジアで化学調味料避けて食事ができるか!ってものあるし長きにわたるバンコク暮らしで化学調味料の耐性はしっかりついているのかも。とはいえここの料理は僕の経験上バンコク最強の化学調味料量であります。

確かに食後家に帰ってからなんかぼんやりしてるようなしてないような。。食後のチャイナシンドロームまでついてくるある意味、高級料理ではない草の根の問題をも含めた本当の中華料理がそこにあったのかも知れません。化学調味料で手が痺れる希有な体験をしたい奇特なお方はチャレンジされるのもいいかもしれません。。

てか、wikiちゃんと見てみたらチャイナシンドロームの原因は化学調味料とは言えないという調査結果もあるみたいね。。

チャイナ・シンドローム [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013-06-26)
売り上げランキング: 3,553

↑ チャイナ・シンドロームと言えば、これ。しかし、ブルーレイで見るような映画か?という気がしなくもない。

BTSチョンノンシー駅真下のLekシーフード 2012年09月30日

Untitled

うーん、ビール一杯飲んでから出かけて、ビール、ワインをガバ飲みしてたのでまーったく写真を撮るのを忘れていたが、一応このシーフードレストランはWebに日本語で情報が多いので許してもらおう。


レック・シーフード LEK SEAFOOD – タイ バンコク タイ自由ランド


サーヤのバンコクだらだら日記:LEK SEAFOOD at チョンノンシー駅すぐ近く


大きな地図で見る

てなわけで先日行って来たチョンノンシーの駅近のタイ料理シーフードレストランのLekシーフード。以前にも何回か日本人や会社のタイ人スタッフとも来た事があった。駅近でちょっとシーロムから離れたところで、ということでここをチョイス。屋台スタイルで屋外に座って食うパターンと、エアコンの効いた室内で食うパターンと二通り。今タイは雨期のちょうど終わりぐらいの時期なので晩飯食ってると雨がポツポツ、ザザーっと降ってくることが多い。なんでエアコンの室内になりました。

味も中々うまい。てか一般的においしいと言われてるソンブーンよかこっちのほうが全然うまいと思うんだが、それでもやっぱり中華街、ヤワラートのソイテキサスの入り口の赤服、緑服のシーフード屋台のほうが全然うまいと思う。ただあそこまではスクンビットやシーロム界隈からBTSや地下鉄が通ってないので行きにくい。BTSの駅降りてすぐのここはアクセス性は抜群であります。

料理は安いものなら70−80THBぐらいからあって安心価格。現にこの日も7人で飲みにいってシーフード食って、ビール4,5本開けて、持ち込み白ワイン開けて、それでお会計2,100THB。一人あたま300THB。安い。うん、すばらしい。