タグ: 餃子

京都王将 極王炒飯、、、残念ながら全然プレミア感なし 2017年11月21日

IMG_1420

高円寺にも京都王将がございまして、関西出身の中華Eaterとしては非常に嬉しい限りです。

子供の頃から王将で食ってる人間としましては食うメニューは割りと限られておりまして、

「餃子」
「唐揚げ」
「炒飯」
「天津飯」
「野菜炒め」

ぐらい。残念ながら他のメニュー、特にラーメンは何十年も前から京都王将はなかなか残念な感じであります。

そして最近また仕事帰りに王将で飯を食っていたら今まで見たこともない「極王炒飯」などというメニューがございまして、どうやらこれは炒飯の豪華版メニューのようで、お値段も普通の炒飯の1.5倍ぐらいする強気炒飯。

メニュー:北海道・東北・関東・信越 | メニュー | 餃子の王将

前々から一回は食っとかなきゃあいけないと思いながら早幾年、先日食いましたがな。

それが上の写真なんですが、炒飯がしょぼいのか、自分のiPhoneで撮る写真の腕が悪いのか、全然高級メニューに見えない貧相ぶり。食してみますと、プリプリしたエビとゴツい三枚肉系チャーシューが結構ゴロゴロ入っております。だけど、、なんだろうね、高級な炒飯ってぜんぜんうまくないんだわ。冷や飯に油ドバドバ入れた中華鍋で卵とネギと申し訳程度に入ったみじん切りチャーシューが恋しくなる。。。やっぱ炒飯も安いものほど美味いんじゃなかろうか??

というわけでやはり次からは京都王将では普通の炒飯を食いたいと思います。といいつつ、これは食ってると確実に太るので出来れば食わないようにしたいなあ。。。。

食ってばっかり東京ライフ 高円寺で王将 2017年09月30日

image

なんか飯食ってばっかりの内容が続きますが。。。

バンコクから戻って数日だけ大阪におりましたがその間に王将には行ってなかったなあと思っていたが12年前にはなかった王将が高円寺中通り商店街に出来ていた!

なんだか久しぶりに王将のチャーハンが食いたくなってチャーハン定食を注文。餃子も3つ付いて来てボリューム満点なんだが、やはり日本の中華系の定食はかなり量が多くて腹が張る。。食ってちょっと後悔する感じが。。。

その後も関西で見慣れている王将の看板のせいか、頻繁に飯を食いに来ております。最近は肉野菜炒め定食ばっか食ってますがスタンプカードにスタンプを集めると王将のロゴ入り餃子皿やラーメン鉢を貰えるようで引っ越し直後の食器のない我がワンルームに是非王将ロゴ入りラーメン鉢を迎えたくて俄然通う気満々です。

創業50年 お客様感謝キャンペーン開催のお知らせ | お知らせ | 餃子の王将

しかしよくよく見てみると500円で一つもらえるスタンプを35個も集めないとロゴ入り食器は貰えない。。。うーん、これは王将で飲むという方法を取らないとなかなかスタンプがたまらないなと思案中。

というわけで近々高円寺(高円寺でなくてもよいが。。)王将にて餃子とビールで乾杯出来る方募集。(悪いけどスタンプは全部自分が貰います。。。)

0円餃子で高円寺満喫 2017年09月21日

image

僕が高円寺に住んでいたのは2005年の12月まで。そして戻ってきたのが2017年09月。僕が以前に住んでいた時にこのお店があったのかな?記憶が確かではない。。。たぶんなかったと思うんだが。。

で、高円寺の部屋探しを夕方に終えて「ちょっと一杯行くかな」と向かったのがJRの高架下にある「餃子処たちばな」。実は高円寺徒歩5分圏内という条件で不動産屋のお兄ちゃんと5件ぐらい内見に行ったんだけど途中雑談で教えてもらった高円寺らしいおもろい飲み屋。

image

このお店はドリンク(アルコール・ソフトドリンク問わず)を頼むと餃子1人前(焼き餃子5個)が無料で付いてくる。だから餃子だけでいい人ならドリンク頼むだけで飲めてしまう。しかもビールで480円などという価格設定だからたまらん。しかも餃子はそれなりにちゃんとお店で作ってる餃子っぽい。少なくとも冷食丸出しみたいなサムいことはしていない。もう30年とか40年とか内装のリノベやってないですというようなガビガビの居酒屋空間で餃子とビール片手にほっこりのいいお店。

image

高円寺の「餃子処たちばな」で0円餃子を12人前食べてきた!【東京別視点ガイド ぐるなび支店】 – ぐるなび みんなのごはん

間違っても高級ではないのでくだけた間柄の人ならだいじょうぶだと思うが仕事上の知り合いと来るとなると中には「あ、俺ちょっとこういうトコ無理ですわ」なんて言い出す人が居るかもしれないので注意であります。

パル商店街にももう一軒お店があるようです。

ナワナコン餃子専科「しのぶ」のボリューム定食 2016年05月25日

すべての写真-627

ナワナコン近くのお客さんとこに行った時に連れて行ってもらった日本食屋さん。

だいたいタイの工業団地なら日系企業がどこの工業団地でもたくさん入ってるから日本食屋の一軒や二軒はあって当たり前だけど、ここは全然今まで知らなかった。

新しく出来た店か?と思ってググってみたら

餃子専科「しのぶ」 | newsclip (グルメ、コラム、取材記事のニュース)

こんな記事が出てきたが投稿された日付は2009年なので全然昔からあったわけですな。

僕が頼んだのは「お好み定食2」というやつでいくつかあるおかずの中から2つを選んでそれにご飯やら小鉢がついてくるもの。それにここの名物らしい「豚汁」を付けて170バーツ。

工業団地の日常使いの日本食屋としては価格としてはこんなもんでしょうか。

お好みのおかず2品は揚げ物攻めでメンチカツとから揚げをチョイス。豚汁小だが結構大きめのお椀にホントに具だくさんの豚汁並々。メインの皿のおかずと小鉢、ご飯だけでもそこそこお腹膨れるセレクションですが、豚汁(の量が)がかなりパンチ効いてました。

ハホハホ言って食い終わって顔を上げると店内の給仕のお姉ちゃんたちはなぜかこんな格好。。。

すべての写真-626

メイド。。。違和感200%の店内とおいしいメンチカツ。飾らない質実剛健な味で街のラーメン屋で定食食ってるような感覚が非常に嬉しいお店です。

ナワナコン来た時はロータスでKFCとか食わずにこっちに来ようっと。

タイのコンビニなんちゃって日本食探訪2 オイシの5色餃子 2016年03月13日

IMG_20160312_122504

さて、先のTrendy Rollを買った際に横に並んでいた同じくタイのタイ人向け日本食メーカー、オイシのチルド餃子でございます。

タイ語で โออิซิ เกี๊ยวซ่า รวมรส オイシ ギャオサー ルワムロット。訳すとオイシの餃子ミックス、かな?いろんな味の餃子が複数入ってますよというもの。しかし、餃子の皮の色付けが黄・オレンジ・紫・緑・ピンクとこれまた日本人センスからかけ離れていていいですな。

IMG_20160312_122509

IMG_20160312_122950~2

パッケージ裏面を見るとちゃんと味が書いてある。

黄色: เกี๊ยวซ่าไส้หมู ポーク餃子
オレンジ: เกี๊ยวซ่าไส้ไก่ チキン餃子
ピンク: เกี๊ยวซ่าไส้กุ้ง エビ餃子
緑色: เกี๊ยวซ่าไส้หมูสาหร่าย ポーク海苔餃子
紫色: เกี๊ยวซ่าไส้หมูทาโกะยากิ ポークたこ焼き餃子

紫色のフレーバーが難解ですな。餃子にたこ焼き。。

IMG_20160312_123546

レンジでチンして開けてみるとこんな感じ。うーんなかなかにドギツイ色をしてます。お味はどんなもんですか?と食べてみると意外や意外ちゃんとそれぞれで違った味がする。どうせ安っぽいジャンクなチルド餃子だから適当な味でほとんどどれも区別が付かないんじゃないの??なんて思ってたがちゃんとエビ餃子はシーフードの香りがするし、ポーク海苔餃子は海苔の香りがした。ポークとチキンはやっぱり区別つきにくいが、それにもましてよくわからないのはたこ焼き餃子だった。。。形容しがたい味。。

ポークたこ焼き餃子と書いてあって、ポークとたこ焼きなのか、ポークのたこ焼きなのかよくわからなかったが、食べてみてもよくわからないままだった。ま、それでも普通に日本のスーパーで買うチルドの餃子とほぼおなじ味で多くを求めなければチルド餃子としては問題ないと思う。(というか日本のスーパーで売ってるチルド餃子も食品加工は中国とかタイでしてるんでしょうね。)

というわけで色はドギツイですが、意外と食えるオイシ5色餃子でした。