タグ: 東京

改めて二郎にトライしに来たけどこれはすごいわ 2019年12月15日

IMG_20191216_113636

お前、何がベジタリアンだよ!と突っ込まれるのは重々承知ですが、ちょっと久しぶりに二郎のラーメンをチェックしたくて日本一時帰国の際にがんばって行ってきました。

行ってきたのはラーメン二郎荻窪店。高円寺からアクセスがよいのでここ。また、三田や新宿のお店と比べればまだ空いているかなと読んでここを選んだ。

開店10分前に着いたが、その時点で前に二人並んでいて三人目。さらには開店までに全部で8人の行列になっていた。すごいね二郎って。

そしてまた初心者に緊張を強いる注文方法など、あまり簡単ではないなあ。もう少し気楽に食わせてくれよ。。こういう個性のある店って店も店だけど、濃いファンがネットで勝手にめんどくさいコミュニティルール作るからめんどくさいんだよな。。。

で、ネットの解説読みながら、少ラーメン注文。

「にんにく入れますか?」「あ、普通に入れてください」「あ゛?」

やっぱりネット記事通りの呪文を唱えないと通じないのか。。。

で出てきたのは小ラーメンのにんにく入り。あとは普通盛りですが、これ、小ラーメンでも麺量がすごい。しかも二郎の麺ってうどんみたいな極太麺でパンチがある上に大量というなんとも男飯。にんにくも強烈。中途半端なにんにく量じゃないね。そしてやっぱりスープも超塩辛い。すべてにおいてスーパージャンク、衝撃映像ですわ。とにかく動物的に飯食ってる実感がムンムン。店内も熱気ムンムン。いやー、これは若者向けだね。えげつない。勉強になりました。しばらくはいいかな。ちなみに豚は全残ししました。もったいないけど。

ちなみに二郎って東京ならどこなと食べれるけど、大阪には全然ないんだよね、と思ってたら京都の一乗寺にはなんと二郎があるのね。大阪帰ったなんかの機会に行ってみるのもいいかも。

高円寺マヌケゲストハウス、海外のボロゲストハウスの風景そのまんま 2019年12月14日


↑ 九龍城砦をイメージ画像にする宿屋もまずないと思う。。。

日本一時帰国時に泊まったのが高円寺のマヌケゲストハウス。

最近ハマっている、スーツケース持たずにバックパック一個の軽装で日本帰国。冬だと服装が嵩張るので若干やりにくいが、空港出る時も預け荷物待たなくていいしなかなか快適。そして泊まるのもお金かけずにゲストハウスのドミトリー。結構これでも快適。

で、前回夏の東京一時帰国の際に利用したのはTOP EDGE HOSTEL KOENJIというところで、ここも悪くはなかったが、他も見てみようと思って中通りのマヌケゲストハウスを予約。

行ってみるとなかなかすごいところだった。建物自体が古いのはわかるが、もう内装もボコボコ。なんだか昔毎日こもっていた大学の部室を思い出す。古くてボコボコだが、掃除はそれなりにしてあって不衛生な感じはしない。そして13年前にアジア一帯を安宿に泊まりながら巡っていたバックパッカーの頃をも思い出す。

風呂はだいぶ水垢が溜まってたが、シャワーはちゃんとお湯出るしシーツも清潔で気持ちよかった。ドミトリーで一番重要なのはここかもしれない。最後の自分のプライベートスペースが清潔で気持ちよければあとはなんでも許せる。安いんだから。一泊2,500円。

飲み物などはフロントで売ってて、ビールなんかは外に買いに出かけなくても調達できるところが地味に便利。

一番困ったのはトイレにウォシュレットがついてないところ。自分は紙拭きでは耐えられない体なので。あと、男性用のドミノ部屋の扉が閉める際にキキキ、とアルミサッシのこすれる嫌な音がする。この辺マイナス点。でも次も泊まりたい。

あと、鍵なくしたと勘違いしてご迷惑おかけすることがございましたがすいませんでした。

新宿のVeganカフェ アインソフ・ジャーニー Ain Soph Journey 2019年02月16日

IMG_20190219_150128

せっかく東京に来てるんだからVeganカフェやレストランにも行ってみようと思って1店だけ行ってきました。

新宿三丁目のアインソフ・ジャーニー Ain Soph Jouneyというお店。昔Youtubeで見かけてずっと記憶に残ってたのでこの店に。

上のメニューはグリーンカレーランチ。そして下はベジタブルパエリアランチ。お味はまあまあと言ったレベルかなー。個人的にはまた来てもいいレベルのお味でしたが、やっぱりちょっとこういう小洒落た空間は居心地が悪い。そこら辺の居酒屋に居てたほうが落ち着くな。そんなこと言ってると元も子もないのだけれど。

AIN SOPH.journey 新宿三丁目_ビーガン・ベジタリアンレストラン

中野サンプラザに宿泊 2019年02月15日

LRM_EXPORT_167915957885577_20190416_140546519

東京に行った際の宿泊先は高円寺の一つ隣駅、中野のサンプラザホテルに宿泊してきました。

昨年はEGO-WRAPPIN’のライブで人生初で中野サンプラザホールに足を踏み入れましたが、せっかく東京に泊まるなら一度中野サンプラザに泊まってみようと思って宿泊。大人2名、一泊で約20,000円ほどかかってぜんぜんリーズナブルではなかったが、記念にと。

LRM_EXPORT_167993215662527_20190416_140703776

で、景色はよい。中野駅前から西新宿一望。

LRM_EXPORT_167993215662527_20190416_140703776

。。でもそれだけかなあ。当然、自分の遊び場の高円寺に近い、新宿へも近い、駅前いろいろ便利。ただ、高円寺の駅前ホテルに泊まってもそれは変わらないし。やっぱりそれだけだったなと思う。部屋の中は普通のビジネスホテルと変わらない感じ。不便でもないが、やっぱりもうちょっと広さがほしい。

IMG_20190219_140146

IMG_20190219_140218

IMG_20190219_140423

IMG_20190219_140416

IMG_20190219_140158

IMG_20190219_140204

魔法の言葉「プログレ」 高円寺喫茶プログレ奮闘記 2018年09月13日

Alcohol

魔法の言葉「プログレ」 高円寺喫茶プログレ奮闘記
https://r.estar.jp/_novel_view?w=25168011

僕のブログ中で「喫茶プログレ」というキーワードが出てくるのは何年ぶりなんだろうか?
大学卒業後、大阪で就職してその後東京に出て行き、最終的に高円寺に住んで一番通った飲み屋が「喫茶プログレ」
残念ながらバンコクに住んでいる間に閉店してしまったが、今年東京に居たときになんとかマスターとは再開を果たすことができました。

久しぶりに再開したマスターが「自伝小説を書きました!」と送ってくれた小説は、ホントに様々な人種が出たり入ったりして、様々な事件の起きた当時の「喫茶プログレ」が目の前に浮かんでくるかのような赤裸々な人生謳歌かつ孤軍奮闘記。僕の大人になってからの青春物語の舞台がキラキラと小説の中に踊っていました。僕の人生の中でずっと忘れない「喫茶プログレ」のあの時代にマスターはこういうふうに考えていたんだなーとしみじみ。

今度はその喫茶プログレ自伝小説をネットで公開したとのことで、このブログを見られている方もぜひお読みください。超絶おもしろいです。2017年後半から一年弱ほど高円寺にまた住む機会がありましたが、昔と比べてこういう濃ゆーいバーが減っていた感じがあります。2000年代の高円寺の空気をしっかりと溜め込んでいて、深夜食堂とかああいうストーリーに負けない魅力があって個人的にはテレビドラマ化されたっておかしくないぐらいの内容です。

とかく是非お読みください。