タグ: 大阪

一作らーめんに行ってまいりました 2019年11月23日

IMG_20191124_225651

創業昭和53年 らーめん一作

ベジとしては完全にアウトな一作ラーメンに行ってまいりました。とりあえず今も下記の三店は健在のようですが、とりあえず実家からほど近い寝屋川店へ。深夜、酔っ払って行ってしまいましたわ。しかし、こってりラーメンの濃度で値段が変わるってのはどうなんだろう?いくら神レベルって言ったって一作のラーメンで1500円って。。。

とりあえずこってりラーメン神レベル(チャーシュー抜き)注文。

IMG_20191124_225926

IMG_20191124_225937

置いてある調味料も変わりませんな。ピンクしょうが、からしニンニク、からし味噌そしてラーメンだれ。ネギも一応入れ放題。

IMG_20191124_230131
↑ すいません、酔っ払ってて最初の写真撮り忘れました。

IMG_20191124_230224
↑ 濃さは半端なく、粘液状。

IMG_20191124_231020

とりあえずホントに半端ないスープの濃さで飲むのは断念。だがライスをひとつ注文してごはんの上にドロリ。ごはんの間には浸みていかない濃厚さ。で、なんとかスープもごはんと一緒に食い切ったんですが、44歳の体にはなかなかきつい。超絶な味の濃さ。たぶんそのままだと寝付けないのでタクシー拾わず、歩いて自宅まで帰りましたとさ。

たぶんここは3、4年は来てなかったかもなあ。神レベルは確かになかなかの濃さでした。ただ、お値段も含め44歳の自分にはこの濃さはかなりの試練で正直に弱音吐いちゃって次回はたぶんもうちょっと薄いやつにします。。。

IMG_20191124_231708

突然に日本帰国して神社のお札をもらってきました 2019年11月21日

IMG_20191122_191239

急ぎ大阪に帰る用事が出来て帰阪しましたが、ついでに自宅近くの友呂岐神社に参拝してお札と神宮大麻も貰ってきました。出口王仁三郎の半生を綴った「大地の母」を読み始めて神道のいろいろを少しづつ理解してきているのでせっかくなので参拝してお札をもらってきた次第。

IMG_20191122_094111

IMG_20191122_094731

ここは500年も前に建設された神社と知ってびっくり。小さい頃からこのあたりをウロウロしていたが、こんな古い歴史のある神社だったのか。

鳥居付き お札立て(神棚)
売り上げランキング: 73,017

コロンビアエイトの名物キーマカレー 2018年07月09日

20180709-115356-4

とりあえずタイに行く前に観光ビザだけ取得しておくかな?と考えて朝一の大阪のタイ領事館に赴いたが、以外にもビザが発給されなかった。去年の観光ビザで数回タイに出入りしていたのが問題だったのか?それでももう年が変わっているから問題ないはずだが。。ま、とりあえず空路ノービザで入国は出来るはずなのでとりあえず「あ、そうですか」とだけ言って出て来た。

その後、前々から行こうとしていたコロンビアエイトの堺筋本町店に行ってみる。大阪のカレーブームの火付け役で一番有名なお店。各方面から聞くと行列で待ちが長いと聞いていたが、堺筋本町店は月曜日の11:20頃入店で店内に客が一人しかなかった。

20180709-114509-3

早速名物のキーマカレーを注文してみる。実際に出て来たカレーを見てびっくりした。もっと日本式のカレーでモッタリしたルーナのかと思っていたが、まるでスープカレーのようなサラサラしたカレーで、粗挽きスパイスがたっぷりと上にまぶされている。カレーの割りには小盛りなご飯も40代の人間からすると食べやすい。ししとうをかじりながら一緒に出てくるグレープフルーツジュースとともに合わせて食べろとのことだが、至極めんどくさい。食い方ぐらい客の好きなようにさせてくれ。ということで案内は無視して好きなように食う。うん、これはうまい。サラッとしたスープにいろんなスパイスの味が目立っていい感じのスパイシー感であります。個人的にはもう少し辛い方が好みだなと思ってたらちゃんと辛口もあるのね。しかし、初回のお客様には出しませんとある。めんどくさい店だ。客の好きなようにさせてくれ。。。とは言え、2皿も食えるようなものではないのでまたいつかの次回入店時のお楽しみにとっておくこととする。

とりあえず個性的ないいカレーを食うことができた。インドカレーではないけどこういう創作カレーもいいもんですな。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個
エスビー食品
売り上げランキング: 3,776

ルームロンダリング、池田エライザの巨乳は551の焼売で出来ている? 2018年07月08日

今日は午後から梅田のシネ・リーブル梅田にて「ルームロンダリング」を観にいく。前々からコミックビームで漫画の方の原作を読んでいたので観れるなら観ていきたいと思って鑑賞。

しかし、シネ・リーブル梅田、JRの梅田(大阪駅)からシネ・リーブルのある梅田スカイビルまでの間に大きな空き地のようなものが広がっていて、どうにも梅田からは行きにくい、、、と感じていたが、どうやらグランフロント大阪の背後からスカイビルに向けて一本東西に抜け道があった。あったのはいいんだが、あまり不慣れな梅田の土地、ちょっと迷ってしまった。

シネ・リーブル梅田 | 様々なジャンルの良質な映画を幅広い世代へ提供する映画館
https://ttcg.jp/cinelibre_umeda/

ルームロンダリングは、わかりやすい展開であまりひねった展開もなく、映画で観るよりもテレビドラマで観るような作品かなあと思っていたらその通りでどうやらテレビドラマ化するらしい。脚本がわかりやすいのでテレビドラマ化したら結構人気が出るんじゃないだろうか。あと、あまり体のラインの出ないワンピースをずっと来ている主演の池田エライザだが、1シーンだけ自宅で寝る前に服脱いで下着姿になったときにめっちゃ巨乳でびっくりした。そればっかりが印象として残ってしまった。

しかし、これ書いてる現在(2018年07月13日)、コミックビームの最新刊を読んだが原作が映画化された脚本を追いかけて漫画化している状態。。。

そして梅田の地下で大阪人の街に出た時の定番お土産である551の蓬莱の焼売を購入。551と言えば定番は豚まんなんだが、晩飯には家族みんなで食う予定だったので豚まんなんか食うと腹一杯になってビールも飲めないので焼売にした。が、以外に家族からは「551は焼売もいけるねー」と好評でした。確かにエビ焼売も豚の焼売もどちらもうまかった。酒のつまみにはぴったりです。

100円の恋と一作らーめん 2018年07月07日

20180707-130532-5
↑ 超濃厚こってりレベル3

昨日の晩に「100円の恋」を観て一気に安藤サクラ苦手派から好きになってしまった。前々から「100円の恋」のパッケージ写真が強烈すぎて観ることができなかったんだが、「万引き家族」観たときに「以外に安藤サクラっていい女優だなあ」と感じたので頑張って「100円の恋」も観てみたのだがとても良い映画でした。そして安藤サクラも大好きになった。もうちょっと色々観てみたいところです。

さて今日は久しぶりに寝屋川にある男の聖地、「一作ラーメン」をお昼に食いに行きました。昼の12時45分。めちゃ混み。一瞬帰ろうかと思ったが、もうあまり日本を出るまで時間がないのと実家には車がないので、この集中豪雨の折、歩いて2kmほどの距離を歩いて来ているので、その苦労が無駄になると思って頑張って順番待ちキューにエントリー。

20180707-125737-3

久しぶりにきた一作は看板のデザインが変わっていたが、メニューも結構変わっていた。昔のこってりラーメンは一択で店の入り口に今日の濃度指数みたいなものが書かれていて、日によってスープの濃さが変わっていたはず。今回来てみると、こってりに段階が付いていて、別メニューになっていた。当然超濃厚こってりレベル3を注文。しかし食ってみるとかなり味がマイルドになっていた。確かに濃いが昔の粉っぽさや雑味がなく、まろやかになっている。そして昔と同じぐらいにんにく味噌や辛子味噌などを入れてもどぎつい味にはならない。これらの調味料も味が調整されているのだろうか。チャーシューも昔は安っぽい肉のチャーシューだったが、今のは割としっかりしたお肉だ。全体的にソフィスティケートされている。。。一作のくせに。しかし基本の味はやはり一作で天一なんかよりは数段、数十段は濃いと思う。年のせいかスープの完食はできなんだ。。。もう許して。。

20180707-131531-6
↑ ごちそうさま。。。

しかし、改めてバンコクに出て行く前にちゃんと食っておいてよかった。

そして会計時に「七夕なんでこれ配ってます」と関連性が良くわからない一作の金色の缶バッジとステッカーをいただきました。デザインは七夕なんかとは関係なくストイックに一作デザインでした。。。

20180707-140436-7
↑ 一作缶バッジと一作ステッカー。

創業昭和53年 らーめん一作
http://wakocc.co.jp/ramen/

百円の恋
百円の恋

posted with amazlet at 18.07.13
(2015-07-09)
売り上げランキング: 4,080