タグ: 中華

食ってばっかり東京ライフ 高円寺で王将 2017年09月30日

image

なんか飯食ってばっかりの内容が続きますが。。。

バンコクから戻って数日だけ大阪におりましたがその間に王将には行ってなかったなあと思っていたが12年前にはなかった王将が高円寺中通り商店街に出来ていた!

なんだか久しぶりに王将のチャーハンが食いたくなってチャーハン定食を注文。餃子も3つ付いて来てボリューム満点なんだが、やはり日本の中華系の定食はかなり量が多くて腹が張る。。食ってちょっと後悔する感じが。。。

その後も関西で見慣れている王将の看板のせいか、頻繁に飯を食いに来ております。最近は肉野菜炒め定食ばっか食ってますがスタンプカードにスタンプを集めると王将のロゴ入り餃子皿やラーメン鉢を貰えるようで引っ越し直後の食器のない我がワンルームに是非王将ロゴ入りラーメン鉢を迎えたくて俄然通う気満々です。

創業50年 お客様感謝キャンペーン開催のお知らせ | お知らせ | 餃子の王将

しかしよくよく見てみると500円で一つもらえるスタンプを35個も集めないとロゴ入り食器は貰えない。。。うーん、これは王将で飲むという方法を取らないとなかなかスタンプがたまらないなと思案中。

というわけで近々高円寺(高円寺でなくてもよいが。。)王将にて餃子とビールで乾杯出来る方募集。(悪いけどスタンプは全部自分が貰います。。。)

タイでふわトロオムレツを食うのなら。。 2017年07月06日

SEE FAH ข้าวไข่ข้นกุ้ง Omelette

これ、バンコクのSEE FAHという中華料理(タイ式中華料理?)のお店で出しているオムレツ。タイではあまり見かけないトロトロ半熟状態でぷりぷり歯ごたえのいいエビが入った卵焼きでこの下にはタイ米の白ご飯が入っております。これで120バーツだったかな?タイ語だとข้าวไข่ข้นกุ้ง カーオカイコンクンと呼びますな。見ての通りの料理のなんで辛くなくて食べやすい。

youtube見てたらこんな動画が出てきたが、

このSEE FAHのメニューたまに食うからこういう日本のオムライス映像を見てもそれほど渇望感がない。むしろこっちのメニューのほうがタイ飯センスなんで全体の量は少なめで、ご飯も白飯でチキンランスなどとはことなりあっさり。食い過ぎやデブ化を気にすることなく食えて逆にいいんじゃないかと思ったり。最近は結構SEE FAHで飯を食ってます。

Seefah | อย่าลืมสีฟ้า เวลาหิว

やっぱり肉は入っていない今麦郎 紅焼牛肉面 2017年07月04日

Chinese Braised Beef Soup Noodle - Instant

またまたタイのスーパー、Topsで見つけた中国の紅焼牛肉面のインスタントラーメン。右のほうに「珍品」って書いてありますな。。。

パッケージ表面には英語が書かれているが、裏面は基本漢字ばかり。作り方に関しても英語表記はなく、完全ローカルパッケージ。

Chinese Braised Beef Soup Noodle - Soup, Oil

作り方がよくわからないのでとりあえず丼に麺と同梱の粉末スープ、かやくを全部開けてお湯を注ぐ。一番右の液体(半液体?)スープの素が食欲を削ぐ色合いをしている。めっちゃケミカルなカラーです。

Chinese Braised Beef Soup Noodle - Cooking

Chinese Braised Beef Soup Noodle - Instant

肉気まったくなし。やっぱり中国のインスタントの紅焼牛肉面て肉入ってないよね。とりあえず食ってみると、今まで食ったインスタント紅焼牛肉面の中では一番うまかったものの、リピートするほどのもんではなく、これならタイのインスタント麺でいいや、というレベル。まあこんなもんか。。。

やっぱりうまくない上品紅焼牛肉面? 2017年07月01日

image

またまた近所のスーパーで発見、カップ麺の紅焼牛肉麺。上品?紅焼牛肉面。名前がいかにもダメそう。。。

image

カップの横には内側からの油シミ、しかも別にカップがボコボコになっているわけでもないのにいろいろ書いてる白い四角いエリアの印刷がボコボコに歪んでいる。。。何をもってしてもうまくなさそうなカップ麺。。。

image

レトルトでお肉ではなくてなぜか卵が一個付いている。

image

カップの横にも蓋にも作り方なんて何も書いていない。なのでとりあえず同封物は全部入れてからお湯を注ぐ。

image

出来上がりはこんな感じ。卵が下に沈んでいきました。。。紅焼牛肉麺で卵だけついていてお肉はまったくなし。牛肉麺。。。お味は、、、いやー化調の味がキツくて、また煮玉子の香りがくっさくて全然うまくない!予想通りだ!もう食べません!自分でも何のために買ってるのかよくわかりません。。。

アリの巣コロリ タイ版 中華版 2017年04月26日

image
表面

最近また部屋の中を蟻がウロウロし始めるようになった。し始めるようになった、と思っていたら至るところでうじゃうじゃと行列を作って行進してるのを見るようになった。またどこから上がってきたんだか。。。というわけで部屋の中をアリが大行進というのは別に今回が最初ではなくてタイに住み始めてこの10年、幾度となく体験しております。

こういうふうに部屋の中に蟻が溢れてきたらタイでも売ってる「アリの巣コロリ」。上の写真はタイ版「アリの巣コロリ」と中華版「アリの巣コロリ」どちらも同じ程度効きます。タイ版は日本版の「アリの巣コロリ」と同じ真っ黄色の顆粒状。アリの通り道に粉末を盛り塩のように置いておくとすぐにアリが群がってどこぞにある巣に持って帰りやがります。中華版の「アリの巣コロリ」はご丁寧にバニラの香りを施したクッキーを砕いたような淡黄色の粉末。

これをセットしたら蟻たちは毒エサをせっせと巣に持ち帰り、巣の中で一族皆殺しとなるわけです。数日で部屋の中の蟻の姿が消えます。

が、これで問題が解決するのは数ヶ月。運が良くて半年かな。それぐらいの期間が過ぎるとまあ「あれ?アリ?」ってな感じで部屋の中でアリを見かけるようになります。たぶんどっか別の巣からやってきたアリなんでしょう。そしてこちらもまたスーパーにアリの巣コロリを買いに行くという無限ループなのです。うちみたいにトカゲとかペットを飼ってる家はご注意。たぶんペットにはよくないでしょうからペットが口にできない場所に置かないといけないですな。

タイ版「アリの巣コロリ」が約50バーツ、中華版「アリの巣コロリ」が約25バーツぐらいでした。。。

image
裏面