タグ: ボトル

hp ink tank wireless 415を買いました 2019年09月05日

IMG_20190817_163620

というわけで新たにインクタンク式のプリンタを購入したわけですが、プリンタヘッダとインクカートリッジが一体型となっていて、交換式になっているタイプのプリンタはヘッドがサーマル方式のものに限られるのでそれをメインに探すと、キャノンのものが一番に出てきた。G1010, G2010, G3010, G4010などのGシリーズがインクタンク式のプリンタとなる。

しかしながら店頭で訪ねてみるとなんとMacをサポートしないという痛恨の仕様が判明。そして店員オススメのインクタンク式のプリンタはhp ink tank wireless 415とのこと。調べてみるとこちらの機種もサーマル方式でヘッダ交換サポートされているような構造。

そして店頭では交換ヘッダを見たことはないが、Lazadaなどのオンラインのショップでは黒インクのヘッダとカラーインクのヘッダを合わせて990THBぐらいで普通に販売しているのでもしヘッダにインクづまりが発生してもすぐにこちらに交換して復旧できるはずだ。

というわけでhpはまったく選択肢に入れていなかったが、欲しかった機能はしっかり持っているのでこちらを購入。Power Buyで4,990THBだったかな。

IMG_20190817_163627

IMG_20190817_163908
↑ マニュアル類

IMG_20190817_164008
↑ 四色インクボトル

IMG_20190817_164214
↑ 見た目は完全に家庭用のプリンタという感じですな。

IMG_20190817_170029
↑ サーマル式プリンタヘッダは初期セットアップの際に自分で取り付けるような方式。

IMG_20190817_170059
↑ 初期セットアップの際に最初から入っているスペーサーを取り除いてヘッダを取り付けるんだが、このスペーサーにインクがたぷたぷに入っていて、気づかずに裏返したらインクがこぼれ出した。要注意。

IMG_20190817_171112
↑ とりあえず設置場所に設置。

IMG_20190817_171117
↑ インクタンクはこんな流線型。

IMG_20190817_171122
↑ 今までの日本メーカーのインクタンクのキャップと形状が違う。

IMG_20190817_171130

このインクボトルのキャップが秀逸で、これ単体で逆さに向けてもインクがもれないし、タンクにインク充填するときも、しっかりとタンクの口にこのボトルの口を押し付けないとインクが出ないし、充填時のインクの漏れも発生しないように作ってある。ここは以前の日本のメーカーのインクタンク式よりも進化してる点だと思う。インクタンク式プリンタも日進月歩なんですな。

とりあえず設置完了。WiFiも使えるのでPC、Macからもワイヤレスでプリントできるし、スマホからもそのままワイヤレスでプリント可能。使い勝手は上々。あとはヘッダのインク詰まりが発生しないか、発生してもすぐに交換式ヘッダで復帰できるかですな。

PRINTER (เครื่องพิมพ์ไร้สาย) HP INKTANK 415
↑ JIBだと今これぐらいのお値段。

HP PRINTHEAD GT51/GT52 (หัวพิมพ์) #3JB06AA ใช้สำหรับรุ่น INKTANK GT5810,GT5820,GT310,GT350,GT410,GT450,GT315,GT415 | Lazada.co.th
↑ 交換用のプリンタヘッド。

↑ 日本ではhpはインクタンク売ってないのかね?日系メーカーは結構最近はどのメーカーもインクタンク式を出してるけど。。。

タイのボトルドウォーター、NAMTHIP 2016年08月07日

image

最近気づいたのは、タイのコンビニなんかで売ってる水(余談ですが、日本でこのボトル入りの飲料水ってなんと呼べばいいんでしょ?ミネラルウォーターでもないし、ボトルドウォーターっていうのがニュアンス的に近いと思いますが、日本でこんな表記ほとんど見たことないし。。)ですが、結構ボトルのプラスチック臭があったりする。タイで売ってる飲料水の中でCrystalという銘柄が衛生局の認証なども取っていていいよ、と前職の職場のタイ人スタッフからも言われたが残念ながらこれもプラスチック臭あり。

そんな中、今までプラスチック臭を経験したことない銘柄がこのNAMTHIP。7-11では必ずしも全店舗に置いてるわけでもないけど、だいたい置いてる。だから最近はこれが売ってればかならずコレを買ってます。

後カフェなんかに置いてある紙コップの蝋臭さ。これも結構閉口ものでどれも結構臭い。。。

しかし、タイの人はこのプラスチック臭は気にしないのかね??飲料水はまだ気になる程度で、Namthipなかったら他のでも飲むんだけど紙コップは遠慮してしまうレベル。。。

klean kanteenのinsulate bottleを買ってみました 2016年06月03日

すべての写真-646

とうとつにklean kanteenの水筒を買ってみました。

以前もThermosのステンレス魔法びんの水筒を買ったことがあるんだが自宅内のどこを探してもこの水筒が見当たらない。。。まあでもこのklean kanteenの水筒のほうが無骨なデザインで好感が持てる。。。

THERMOSのボトルが来た 2013年03月24日

このklean kanteen、ステンレス素材の安全な水筒を、ということで作られたようなんですが、最も基本的なClassicというモデルはホントに重い分厚いステンレス一枚板で水筒が作られており、そこらへんのThermosやZOJIRUSHIなどのステンレス魔法瓶の水筒と比べると断然重い。

しかもステンレス一枚板だから冷たい飲み物入れると結露するし、熱い飲み物入れると熱くて持てないという当たり前のデメリット。んで当然insulate(断熱)のモデルもあってステンレス二枚壁で間は真空のいわゆるステンレス魔法瓶構造。これでClassicよりもさらに重くなり、Classicと同じ外寸でも飲み物の入る量が少なくなる。

すべての写真-651

すべての写真-660

普通に考えると、何もいいことないからThermosやZOJIRUSHIに完敗だろうと思うんだが構造が最小限にシンプルなアメリカらしいデザインなんでこれが非常によろしい。本体に切ってあるキャップ用の溝とプラスチックの蓋、そして蓋についてるシリコンパッキン。部品はこれだけ(溝は部品じゃないか。。)。日本設計のZOJIRUSHIなんかではこんな構造のプロダクトは絶対無かろうと思う。構造がシンプル過ぎますわ。実際シンプル過ぎてボトルの口の部分は少々結露するし、魔法瓶として飲み物の温度をキープする時間は他のメーカーの水筒とくらべても短いようです。それでも個人的には日本の電化製品の過保護設計や生活用品にベタベタ貼られている蟻みたいな文字びっしりの注意書きとか大嫌いなんでやっぱりこっちのほうがいいかなと。

非常にアメリカ~ンな感じでパッと見気に入ったので買ってみました。部品点数少ないから壊れにくいでしょうし、こういうシンプルな構造のものって手荒に扱ってガリガリ傷入ったり、ぶつけてへこんだりした状態もそれなりに様になるのかと。

ランニング行く時とか、ヨガ行く時とかにも持って行くにはそれなりに様になるでしょう。
※ でもやっぱすぐ飽きそうな気もするな。大いにするな。。。

シーロムコンプレックス3階のTravel Shopという旅行用品を扱うお店で999THBにて。

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルリフレクト 18oz ミラー 19320016115005
Klean Kanteen(クリーンカンティーン)
売り上げランキング: 4,823

↑ 魔法瓶構造でないボトルはこれで18ozですが、

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレート クラシックボトル12oz ステンレス 19320039015012
Klean Kanteen(クリーンカンティーン)
売り上げランキング: 16,983

↑ 魔法瓶構造のものはほぼ同じサイズながら12oz。

↑ 開口部が広いマグカップみたいになるやつもあります。カバンに入れる時は開口部小さいのがいいよね。

インクジェットプリンタ改造:CISS化 2015年12月23日

CISS - Day 304 of Project 365

前回書いていたインクジェットプリンタのお話。

その後いろいろ調べていくとインクジェットプリンタをタンク式にする方法をCISS(Continuous Ink Supply System):連続インク供給システム、というらしい。

純正カートリッジとほぼ同等品質に印刷できるというのがわかって以降、結構興味を持っていろいろ調べていたが、慣れれば自分でも自作できそうでCISSの自作キットを買って、インク切れとともに自宅の片隅に眠っているHPのD1660をCISS化してみたい欲が出て来てしまって困っている。こんなことしたってすでにもう自宅には複合機でちゃんと使えるカラープリンタがあるのだ。

それでもやってみたい。面白いのはまずこのインディーな改造後のデザインである。

ジャンクで安っぽくインディーな絵面がそそる。ちょっと前までは単純に安物買いの銭失いパターンだと思ってまともに見てなかったが、このインディーな雰囲気とタンク+水ものというのが改造衝動をそそる。

価格も安い。この改造キットが3,000円から6,000円ぐらいで手に入る。しかもほとんどのメーカーのインクジェットプリンタに対応している。Canon、hpあたりはカートリッジがプリンタヘッドにマウントされて可動式になっているようで、実に大きなタンクを本体の横に置いて黒・青・黃・赤の四本のチューブが中途半端に閉め切れない本体ボディの隙間から入院患者の点滴かもしくは人造人間のケーブルのように繋がっている。

メーカー側もプリンタ本体を安くで提供してるのにこんな方式で純正インクの購入を回避する方法が広まると困ると思ったのかインクカートリッジにICチップを付け、インク切れを検出させてアラームを出したカートリッジはインクの補充をしても印刷できないような仕様にしてしまった。

しかし、これはちょっといやらしい仕様で、改造などをやりたくない、技術がない人は純正品使えばいいと思うが、創意工夫でサードパーティのインクを補充して使えるようにした人の分までその道を塞いでしまうのはどうなんだろう??

とはいえそこはイタチごっこで、CISSキットを制作してる業者は独自にカートリッジを一回本体から外して再度付けるとインク残量がリセットされてしまうICチップを作って問題を回避してしまった。ああ、このアジア的な小競り合い。

しかもこのインク残量検知ICだが、

PM-950Cのインクカートリッジを分解してみる

こんな記事も見かけたりで、どうもEpsonの該当カートリッジはインク残量ではなく、印刷されたドットの数をカウントして一定回数が出力されれば「インクが残ってないはず」だということで、実際のインク残量に関係なくインク切れアラートを投げるようだ。で、実際に分解してみるとかなりのインクが残っている、というプリンタメーカーの回収プロセスとしてのロジックが残念感を募らせる。

そういう過剰な課金状況の中、適正なコスト感でプリントしたいという改造魔のアイデアなんである。Apple Computerももともとは国際電話をタダでかけるブルーボックスという違法なツールからスタートしてることを考えるとCISSもデジタルエイジのカウンターカルチャーなんである(無理に正当化してます)。

で、それはさておいても、下の動画のようにちゃんと調整すれば印刷の画質もかなりちゃんと出るようである。

めちゃくちゃキレイな色合いが出ている。しかもこの動画のhpのd1660が今回自分がCISS化したい家に余っているプリンタである。

本来はタンクとインク供給チューブ、インク残量リセットチップを別に購入して、今プリンタについている純正カートリッジにドリルで穴あけしてチューブをセット、純正チップをリセットチップに交換して全部自分で交換してみたかったがどうにもリセットチップが単体で売っていないようで以下のタンク、チューブ、カートリッジ、リセットチップまでがセットになっているものを買う必要があるみたい。

Toner Chip – Inkjet Cartridge – Converter – Circuit Tester

この台北のUniplus Technology Corporationというところがリセットチップの製造を行っているのでここなら買えるかと思ったが対応するhp60というカートリッジのリセットチップはなかった。直接問い合わせれば買えるのかもしれないけど、そこまでするならセットを買うか?という感じである。

CAMEL350 Original HP 678 Ink CISS for HP Deskjet Ink Advantage 1015 | eBay

ebayのこの商品ページを見ればインストール方法なども詳細に書かれている。使わないけど、一回CISSを自作してみたい。作ったら作ったで誰かに売っぱらってしまうか。


↑ Epsonのプリンタでの設置例


↑ Brotherの特定機種はかなり簡単にCISSを設置できる。チューブの取り回し等が必要ないのは非常に簡単でいい。

ちなみに日本のAmazonでも結構CISS改造キットが売っていた。が、なぜかEpsonとBrotherのもののみ。日本で今までCISSのプリンタを見かけたことがない人にはちょっと抵抗あるかもしれないが、特段既存のプリンタを加工する必要はないはずなので試してみる価値はあると思います。うまくいけば印刷のインクコストが10分の1以下になります。カラーのミスプリントなんかもほぼ気にならなくなるのがいいところ。

↑ ちなみにタイとかで売ってるEpsonのCISS版プリンタも日本のアマゾンで並行輸入品として売ってますな。

Brotherの補充可能インクタンク式プリンタ DCP-T700W 2015年12月19日

これから今の職場を退職し、一人で飯を食うために、まず手元にドキュメントスキャナもコピー機もない状態で、これではさすがにすぐにパスポートのコピーであるとか、何かの請求書などをPDFに取り込んでメールで送る、などのアクションが取れないため安いのでいいからプリンタ複合機が一台は必要だということに気づいた。

んで、彼女のほうは自分の店でカラー印刷した値札とか張り紙がほしいとのことで、カラーの複合機を買おうかという話になった。しかし、レーザープリンタやLEDプリンタのカラーの複合機はかなり高い。カタログ見ても1万バーツの後半ぐらいから。ちょっと今それだけの金額出すのはキツいなあ。

というわけで仕事で使うのにインクジェットはあまり好きではなかったが、予算上インクジェットのカラープリンタ複合機を買うということになった。で、いろいろ悩んで買ったのはこれ。BrotherのDCP-T700W。3in1でフラットベッドスキャナとコピー機とプリンタの機能、さらにはWiFi対応でアプリを入れればiOS機器やAndroidからも直接プリントすることができる。もうひとつ上位機種だとFAXも使えるだが、さすがにメールの添付ですべてのドキュメントが送れる時代にFAXも必要ないはずなのでこれは省いた。これでお値段6,790THB。日本円にして2万円強。

IMG_20151219_143348
↑ タイの場合プリンタの箱が収まりきらなくてもこうやってレジ袋をうまくつなぎあわせて持つところを作ってくれる。これ、タイの環境破壊的ホスピタリティ。

IMG_20151219_143449
↑ 今時のプリンタはフィリピン製造。

このプリンタ、面白いのは、インクはカートリッジ形式のものではなく、リフィル式。これ、どういうものかというと、インクカートリッジが入る場所には半透明のインクのタンクが収まっており、これはそのまま固定でインクがなくなった場合タンクの上部の穴から買ってきたインクボトルでインクを注入する方式。

この方式はずっと昔からタイにあった。キャノンやHPのプリンタなんかのインクカートリッジを改造して外部のインクタンクから細いチューブでインクを供給してインクのコストを大幅に抑える方法。手作業での改造で、やはり壊れやすいとか、安いインクを使ってノズルが詰まってしまったとか、カートリッジによってはICチップが埋め込まれているので再補充では同じカートリッジが使えなくしてあるなど、いろんな話や噂を聞くが、やはりずっと無くならずに人気のようだった。

これがタイの「外付け巨大インクタンク式改造プリンタ」だ / もはや詰め替えインクの次元も超越した激安のインク代 | Pouch[ポーチ]
タイのカートリッジ改造プリンタを買う | 寝坊した

ところが最近はEPSONを筆頭に、このインクタンク方式をメーカーが正式にサポート、タンクや補充用インクもメーカーが純正を作るという流れが出ているようです。外部のやっつけ改造や超安物の粗悪品インクでプリンタが故障するリスク取るよりも、メーカーが正式にタンクシステムを作るので超安物インクを使うよりは高いけど、今までのカートリッジ方式から比べると全然安くて純正品なので品質はそれなりに担保されるという方式の商売。

インクは黒が一本で6,000枚刷れる、カラーは5,000枚刷れる、という触れ込みである。それで黒ボトル一本260THB、カラーボトルはCMYそれぞれ220THBです。カートリッジ方式のインクがひとつ450THBぐらいして印刷できるのは大きいのでも600枚とか。コストが全然違う。このコスト感でメーカーが純正出してくれるならこちら使うわな。

IMG_20151219_143439
↑ 箱側面にはでかでかとRefill Tank Systemと。

IMG_20151219_143433
↑ 嬉しいことに黒のボトルがボーナスで2本付いてくる。まあ黒が一番使うもんね。

IMG_20151219_143719
↑ 本体はこんな感じでADF(Auto Document Feeder)付き。これ、10枚とかのドキュメントをスキャンするときにはあるのとないので時間と手間のかかりようが大きく違う。

IMG_20151219_143722
↑ こちらの本体右の部分がインクタンクになっている。パネルが透明のプラスチックなので目視で残量確認ができる。さらにはEPSONなどのプリンタの場合はこのインクタンクがプリンタ本体から大きくはみ出しているがBrotherのは
はみ出しはほとんどない。コンパクト。

IMG_20151219_143728
↑ インクタンク。黒とCMYのそれぞれが区切られている。

IMG_20151219_143544

IMG_20151219_143555
↑ インクボトルはこんな感じで入っている。カラーのものより大きめのボトルの黒が2本。

IMG_20151219_145038
↑ ボトルも真空パックみたいにされている。これを破って、、

IMG_20151219_145105
↑ ボトルのシールをめくり、注入ノズルをセットして、、、

IMG_20151219_145205
↑ タンクへちゅーちゅーと注入。

IMG_20151219_145320
↑ 入りました。これで黒一本分。

とりあえずこういうふうにCMYも全部注入して電源オン、印刷できるようになるまでのプリンタ側の準備作業が長くて数分待たされたが、その後プリンタをWiFiにつなぎPC側にドライバを入れてテスト印刷。

坪量90gのカラー印刷用紙を使ったからかもしれないけどインクのニジミなどもほとんどなく結構鮮明に印刷出来るもんですな。インクジェットは光沢紙はともかく、コピー用紙で印刷すると全然綺麗でないとナメてかかってたのでちょっと驚きでした。しかも白黒印刷ならインクジェットと言えど結構早い。仕事道具として常用するに問題ないと思います。

スキャンも精度問題ないし、コピーも白黒の出がかなりいい感じ。ああ、これはいい買い物だと実感。

さて、後は本体の故障がなく長く使えるか?本当にインクの持ちがカートリッジよりも長く、ランニングコストを大幅に抑えることができるのか??これはこれから長く見ていこうと思います。

ちなみに日本ではどうもEPSONもブラザーもまだインクタンク方式のプリンタは出してないみたいですな。確かにこういうのは日本ではやらなさそう。ブラザーのプリンタの場合サードパーティが大容量インクタンクと詰め替え用インクを売ってますな。でも東南アジア起点にしてこうやってメーカーが安価な詰替え方式を純正としてサポートしたんだから、インターネットと同じようにプリンタインクももうすぐ大きな低価格化の波が来るんでしょう。インクカートリッジで稼ぐビジネスモデルからの脱却を今のうちから図っておかないといずれまたプリンタ事業が回らなくなって買収&合併みたいな話がそのうち出てくるような気がします。

ブラザープリンターならではのビッグタンクを買ってみました | H’YakCOLORs:bLog