タグ: ink tank

hp ink tank wireless 415を買いました 2019年09月05日

IMG_20190817_163620

というわけで新たにインクタンク式のプリンタを購入したわけですが、プリンタヘッダとインクカートリッジが一体型となっていて、交換式になっているタイプのプリンタはヘッドがサーマル方式のものに限られるのでそれをメインに探すと、キャノンのものが一番に出てきた。G1010, G2010, G3010, G4010などのGシリーズがインクタンク式のプリンタとなる。

しかしながら店頭で訪ねてみるとなんとMacをサポートしないという痛恨の仕様が判明。そして店員オススメのインクタンク式のプリンタはhp ink tank wireless 415とのこと。調べてみるとこちらの機種もサーマル方式でヘッダ交換サポートされているような構造。

そして店頭では交換ヘッダを見たことはないが、Lazadaなどのオンラインのショップでは黒インクのヘッダとカラーインクのヘッダを合わせて990THBぐらいで普通に販売しているのでもしヘッダにインクづまりが発生してもすぐにこちらに交換して復旧できるはずだ。

というわけでhpはまったく選択肢に入れていなかったが、欲しかった機能はしっかり持っているのでこちらを購入。Power Buyで4,990THBだったかな。

IMG_20190817_163627

IMG_20190817_163908
↑ マニュアル類

IMG_20190817_164008
↑ 四色インクボトル

IMG_20190817_164214
↑ 見た目は完全に家庭用のプリンタという感じですな。

IMG_20190817_170029
↑ サーマル式プリンタヘッダは初期セットアップの際に自分で取り付けるような方式。

IMG_20190817_170059
↑ 初期セットアップの際に最初から入っているスペーサーを取り除いてヘッダを取り付けるんだが、このスペーサーにインクがたぷたぷに入っていて、気づかずに裏返したらインクがこぼれ出した。要注意。

IMG_20190817_171112
↑ とりあえず設置場所に設置。

IMG_20190817_171117
↑ インクタンクはこんな流線型。

IMG_20190817_171122
↑ 今までの日本メーカーのインクタンクのキャップと形状が違う。

IMG_20190817_171130

このインクボトルのキャップが秀逸で、これ単体で逆さに向けてもインクがもれないし、タンクにインク充填するときも、しっかりとタンクの口にこのボトルの口を押し付けないとインクが出ないし、充填時のインクの漏れも発生しないように作ってある。ここは以前の日本のメーカーのインクタンク式よりも進化してる点だと思う。インクタンク式プリンタも日進月歩なんですな。

とりあえず設置完了。WiFiも使えるのでPC、Macからもワイヤレスでプリントできるし、スマホからもそのままワイヤレスでプリント可能。使い勝手は上々。あとはヘッダのインク詰まりが発生しないか、発生してもすぐに交換式ヘッダで復帰できるかですな。

PRINTER (เครื่องพิมพ์ไร้สาย) HP INKTANK 415
↑ JIBだと今これぐらいのお値段。

HP PRINTHEAD GT51/GT52 (หัวพิมพ์) #3JB06AA ใช้สำหรับรุ่น INKTANK GT5810,GT5820,GT310,GT350,GT410,GT450,GT315,GT415 | Lazada.co.th
↑ 交換用のプリンタヘッド。

↑ 日本ではhpはインクタンク売ってないのかね?日系メーカーは結構最近はどのメーカーもインクタンク式を出してるけど。。。

エコタンク式プリンタはその利点を活かす前にプリンタヘッドが詰まる 2019年09月04日

Canon iP2770/2780 with DIY CISS Kit

個人的には無意識に水モノが大好きなんじゃないかと思う。

水槽、液体タンク、パイプ等々、自分は濡れないで水の中や下の世界を覗いたり、重力を活かしてパイプの中を流れる水を眺めるのが結構気持ちいいんじゃないか?ということに最近やっと気づいた。

で、私、フリーランスをやり始めた時からエコタンク式のインクジェットプリンタをよく使っております。ブラザー、エプソン、キャノン。この辺はとりあえず使った。2017年に日本に戻った時にもブラザーのインクジェットを買って、改造ビッグタンクを入れてCISS式にして使っていた。インクという液体がパイプを伝って流れていく様、タンク内のインクが徐々に減るのを眺めるのが楽しいのである。人から何が楽しいの?と言われると返答に困るが自分には楽しいのである。

そういう楽しいエコタンクプリンタだが、「これで日々の印刷コストは極限まで抑えて、ガンガン使って得だねー。」と考えていても大きな落とし穴があるのであります。

プリンタヘッドが詰まる。

いくら大容量のインクを安く供給出来ても肝心のプリンタヘッドが詰まると印刷ができないんである。ヘッドクリーニングを何回も繰り返してもきれいに出ないヘッドはやっぱり交換しかない。これがまた個人じゃできなかったり、非常に手間がかかったり、金がかかったりなんである。

で、自分の場合、結局ヘッドが治らないと他のものに買い直してしまう。それでブラザー、エプソン、キャノンと3つも試す羽目になってしまった。印刷コスト下げようとしてエコタンク機種買ったのに逆に金がかかっているような。。。

で、今回、ダンジョンズ&ドラゴンズのBASIC RULESなどをガンガン印刷してたらまたキャノンのプリンタヘッドが詰まった。買い替えである。めんどくさいので買い替えである。

こんだけヘッドが詰まるのである。なら、ヘッドが固定式のやつではなくてすぐにヘッドが交換できるものがいい。なら、「サーマル式プリンタヘッド」であります。これのエコタンク仕様を買えばヘッドが詰まってもヘッドだけ交換すればまた使うことができるのである。

ということを踏まえて何を選んだかと言うと。。。<<次回へ続く>>

↑ 今の日本ならやっぱりエプソンのエコタンクがいいと思う。

またもやインクジェットプリンタが壊れた 2018年10月21日

すべての写真-7486
↑ 本体横におなじみのインクタンクw

最初に自分で商売を始めた時に自宅にプリンタ+スキャナ+コピー機の目的でインクジェットプリンタを検討してました。印刷のコストを抑えるために改造インクタンク式を検討してましたが、その頃すでにEpsonやBrotherがタイでインクタンク式のプリンタをオフィシャルに販売していたので2015年の暮れにBrotherのインクジェット複合機を購入。これが2016年暮れぐらいに色が出なくなって壊れた。(たぶんヘッドの詰まり)

その後、どうやらEpsonが故障に強そうという話を聞いて新たにEpsonのインクタンク式インクジェットプリンタを購入。で、2018年10月現在、Epsonのプリンタも白黒は出るがカラーはインクつまりが発生して色が出ない、紙送りローラーがヘタって印刷かけると100%紙詰まりという事態に。

日本でもプリンターってこれぐらい壊れるものなのだろうか?日本に居た9ヶ月間、Brotherのインクジェットを購入していたが、全く不調はなかった。タイは気候と言うか空気の湿度なんかにも影響されてこれだけインクづまりが起こりやすくなるんだろうか??

すべての写真-7487
↑ この部品と中身のインクが差額の600バーツ。ちゃんと使い切れるのであればめっちゃお得だ。

で、それなら今回は「いいモノ買ったってどうせすぐ壊れるんだから。。」ということでインクヘッドが交換できるサーマル方式のプリントヘッドを積んだプリンタを購入することにした。これならインクづまりが発生した際にはインクカートリッジを交換すれば元通り。このサーマル方式の東南アジア式インクタンク改造プリンタを3400バーツで購入。Canonのe480というモデルでもともとのお値段が2800バーツぐらい。この値段でプリンタ、スキャナ、コピー、FAX、ADFまで付いているというお得モデル。もう必要機能のプリンタで最低価格のものを買うことにしました。


↑ サーマル方式のカートリッジってこんな感じのやつ。

すべての写真-7488
↑ ちょっと見えにくいがサーマル方式のインクカートリッジ兼プリントヘッダがある。インクつまりが発生してもこの部品だけ変えれば復活するはず?

これでとりあえずインクタンクなので馬鹿みたいに安いインク代でガンガンプリントし、インクが詰まったら改造したプリンタ屋に持ち込み、ヘッドの交換をしてもらうつもりです。

さてさて、なかなかプリンタはなかなか思うように長持ちしないバンコク、これで長期の使用が可能になるか??

※ WiFi機能が付いているので安心していたが、スキャンしたドキュメントのデータをOneDriveやDropboxなどのクラウドストレージに自動アップロードしてくれる機能がなかった。ローカルネットワークの共有フォルダかUSB接続した先のPCのストレージにしか保存できない。。。これはかなり残念。WiFiはスマホからの印刷やGoogle Cloud Print用だったようです。。。

エプソンの純正CISSインクジェットプリンター L565を買う 2016年11月12日

image

昨年のプリンタが一年でダウン

昨年買ったBrotherのインクジェット複合機が早くも故障。黄色が出なくなりました。その他はすべて正常なんだが。。。でもひとつの色が出ないだけでカラー印刷は色のバランスが悪くなり、提案書みたいなビジネスドキュメントでもサイケデリックな雰囲気に。仕事で使うのでこれはいかんということで復旧を試みるが結局黄色だけは出ない。

Brotherの補充可能インクタンク式プリンタ DCP-T700W 2015年12月19日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

湿った紙に印刷をかけて外側からプリンタヘッドのインクのクリーニングを行ったり、ヘッドクリーニング機能とテスト印刷を繰り返し10回以上行ってみたり、インクタンク式なのでちょっとタンク部分を傾けてみたり揺すってみたり、黄色のインクがタンクの半分以下でインク量が少ないと水圧が少なくてヘッドからインクが出にくいのかと思ってインク買ってきて上限までフルにインク補充したり、電源を落として電源ケーブルも引っこ抜き、まるまる一日放置してみたり、電源は入れたまままるまる一日放置してみたり、、、

こんだけやってみましたが、結局黄色の色の出方は変わりませんでした。白黒のプリント、スキャン機能、白黒コピー機能などは何も問題ないのに残念。。。

諦め早く新プリンターを。。。

image

ということでもう潔く新しい複合機買ってきました。さすがに一年で綺麗に壊れてくれたBrotherを再度買う気が起こらず純正CISSでもうひとつの巨大メーカーEPSONのプリンタ、L565を購入。仕事で使うのでスキャナのADFが譲れない点としてあります。これがあれば10枚や20枚の資料でもいちいち手差しでスキャンしていかなくてもプリンタが自動でスキャンしてくれます。このADFを装備してる複合機はどうしても10,000THBぐらいの価格に
なってしまう。

このモデルは給紙がBrotherのプリンタのようにカセットタイプではなく、後ろのトレーに挿すタイプ。カセットタイプは紙の入れ替えの際に重いペーパーカセットを出し入れしないといけない。トレーに挿すタイプは紙がむき出しなので長時間そのままで置いとく場合には紙にホコリが乗ってしまう、という両方それぞれにめんどくさい点があるが、今回はトレーに挿すやつを。

ドライバのインストールで

このプリンター、WiFiにも対応してるのでGoogle Cloud PrintやAppleのAir Printにも対応していてスマホ、タブレットから気軽に印刷ができる。ただしそれがわざわいして、Macに無線LAN接続のこのE565のプリンタドライバを入れようとしたら勝手にか、無意識に自分でやってたのかAppleのAir Printのドライバが入ってしまった。

なぜかプリンタドライバの設定ページに画質や余白の設定項目がなくてどうやって設定すればいいんだ??と思ってましたが、あとで気が付いた。AppleのAir PrintでMacからも問題なく印刷は出来ますが、いろいろ設定がしたい場合は標準のMac用ドライバを入れないと設定できないです。

Brotherと比べると

総じてBrotherと比べると機器の作りが非常にプラスチッキーで紙を送るときのガコン!ズーッみたいな音もBrotherのものより軽くて安っぽい(プラスチック筐体的な)音がします。

EPSONって印刷が綺麗という評判をよく聞くが、標準設定の印刷だとBrotherよりもカラー印刷の出来栄えは低いような印象。ドットが荒く見える。印刷設定を「きれい」モードに設定してあげると同じレベルに綺麗になるんだが、印刷スピードがバーターになっていて、Brotherの同画質の設定よりもスピードが遅いような。。。

まあ、故障なく長きに渡って使えるのであれば、まあいいでしょう。しかしこいつもいつまでもつのやら。

故障を防ぐために

これから使うプリンタは1台集約させます。今まで今年の頭にCISSの仕組みを知ろうと思ってパンティップで一番安いCanonのプリンタをショップがCISSに改造したものを結構印刷品質が良いから仕事のドキュメントもこれで刷ってたりしたのだが、基本的にインクジェットプリンタは長時間使わないとヘッドの中のインクが固着してノズルの目詰まりになりやすい。だから使わないプリンタでも週に一回ぐらいはテストプリントでもいいからヘッドを動かしてやって目詰まりを防げば故障率がぐっと減るらしい。なのでCanonの安いプリンタは人に譲ってこちらのEPSONのプリンタの稼働率を上げる。そうすれば故障も少なくなるはず。

さてさてホント一年後、二年後にどうなってることやら。

オマケ

image

梱包してあったダンボールの角の処理がこんなになってる。。。タイでこんなダンボール初めて見た。。

image

このプリンタは2インチの液晶ディスプレイ搭載。表示は。。。萌えるモノクロドットパターン。見ていて惚れ惚れします。。。

ついにhpもインクタンク式プリンタを出してきた 2016年02月11日

c04955342

今日久しぶりにMEGA Bang-naを歩いていたらPCショップで一台のプリンタが目に止まった。それはhpのDeskjet GT5810というモデル。これ、普通のhpデザインのインクジェットプリンタの横に見慣れない出っ張りがくっついている。

「あ、インクタンクだ!」

ついにhpもインクタンク式のプリンタを投入してきたようです。ググってみるとニュースサイトなどにhpがインクタンク式プリンタを発売、てな記事が見つかった。とりあえず情報は少ないがインドとタイでは発売されてるようです。日付を見ても2016年の1月下旬とか2月なのでホントに最近の発売っぽい。

[PR News] HP DeskJet GT series เครื่องพิมพ์หมึกแทงค์รุ่นใหม่ล่าสุด ครอบคลุมทุกการใช้งาน

というわけでこれでほぼホームユースのプリンタ出してる全メーカーからインクタンク式のプリンタが出たことになる。

このhpのGT5810はインクタンクの出っ張りが非常に気になるデザインイマイチなモデル。同じくタンクが張り出しているエプソンのほうがまだいくぶんマシ。エプソンのタンクは縦長で配置されるがhpは横長で必要以上に場所を取る。何考えてんだこれ。

今回どうやらGT5810というモデルとGT5820という2モデルが発売されたようだが、どこにもこの2機種の違いが書かれていないのでどちらを買ったらいいのかさっぱりわからない。両モデルともプリント、スキャン、コピーの機能を備えた複合機っぽいけどそれ以外の違いがまったくわからん。。。お値段は一応GT5810が5,290バーツでGT5820が6,290バーツらしい。

話は飛びますがインクタンク式プリンタはエプソンのものが一番バリエーションに飛んでる。タイで販売されているものはモノクロのもの、プリンタ機能のみのもの、複合機、A3刷れるもの、5色インクのものなど。

対して基本的な印刷機能は他と違いはないがブラザーのものはどれも給紙が背面トレイではなく、本体下に収納するカセットのもの。これ、紙をプリンタにセットしっぱなしでも用紙にホコリが降りたりしないので使いやすい。トレイ式のは使った後に紙を戻しておかなくてはならないので、当然使うときにまた紙をセットして使う。ブラザーのものはそれがない。

Canonは印刷画質が優れているというけど、まだ具体的に詳細まで見れていないし、それ以外は特筆すべきこともない。プリンタ筐体はインクタンクを綺麗に本体に内蔵していて造りがよい感じ。

これらから比べるとhpの今回のインクタンクプリンタはあまりいいところがないな。。。一点だけ書いておくとするとどうもプリンタヘッドはサーマル方式のヘッドを採用しているっぽいが、このプリンタヘッドカートリッジがもし目詰まりなどを起こした場合、簡単に買い換え、付替えが可能らしい。これは他のインクタンク式プリンタではない機能ですな。

日本ではエプソンがインクタンク式のプリンタをやっと発売しましたが、日本もさらに他のメーカーが参入してユーザーにいろいろ選択肢が増えるといいですな。タイはだんだんといろんな選択肢から選択できるような状況になってきました。