すべての写真-7486
↑ 本体横におなじみのインクタンクw

最初に自分で商売を始めた時に自宅にプリンタ+スキャナ+コピー機の目的でインクジェットプリンタを検討してました。印刷のコストを抑えるために改造インクタンク式を検討してましたが、その頃すでにEpsonやBrotherがタイでインクタンク式のプリンタをオフィシャルに販売していたので2015年の暮れにBrotherのインクジェット複合機を購入。これが2016年暮れぐらいに色が出なくなって壊れた。(たぶんヘッドの詰まり)

その後、どうやらEpsonが故障に強そうという話を聞いて新たにEpsonのインクタンク式インクジェットプリンタを購入。で、2018年10月現在、Epsonのプリンタも白黒は出るがカラーはインクつまりが発生して色が出ない、紙送りローラーがヘタって印刷かけると100%紙詰まりという事態に。

日本でもプリンターってこれぐらい壊れるものなのだろうか?日本に居た9ヶ月間、Brotherのインクジェットを購入していたが、全く不調はなかった。タイは気候と言うか空気の湿度なんかにも影響されてこれだけインクづまりが起こりやすくなるんだろうか??

すべての写真-7487
↑ この部品と中身のインクが差額の600バーツ。ちゃんと使い切れるのであればめっちゃお得だ。

で、それなら今回は「いいモノ買ったってどうせすぐ壊れるんだから。。」ということでインクヘッドが交換できるサーマル方式のプリントヘッドを積んだプリンタを購入することにした。これならインクづまりが発生した際にはインクカートリッジを交換すれば元通り。このサーマル方式の東南アジア式インクタンク改造プリンタを3400バーツで購入。Canonのe480というモデルでもともとのお値段が2800バーツぐらい。この値段でプリンタ、スキャナ、コピー、FAX、ADFまで付いているというお得モデル。もう必要機能のプリンタで最低価格のものを買うことにしました。


↑ サーマル方式のカートリッジってこんな感じのやつ。

すべての写真-7488
↑ ちょっと見えにくいがサーマル方式のインクカートリッジ兼プリントヘッダがある。インクつまりが発生してもこの部品だけ変えれば復活するはず?

これでとりあえずインクタンクなので馬鹿みたいに安いインク代でガンガンプリントし、インクが詰まったら改造したプリンタ屋に持ち込み、ヘッドの交換をしてもらうつもりです。

さてさて、なかなかプリンタはなかなか思うように長持ちしないバンコク、これで長期の使用が可能になるか??

※ WiFi機能が付いているので安心していたが、スキャンしたドキュメントのデータをOneDriveやDropboxなどのクラウドストレージに自動アップロードしてくれる機能がなかった。ローカルネットワークの共有フォルダかUSB接続した先のPCのストレージにしか保存できない。。。これはかなり残念。WiFiはスマホからの印刷やGoogle Cloud Print用だったようです。。。