タグ: タイ料理

インド料理でもパクチーが大事だった 2019年09月14日

Corriander harvested

タイ料理でパクチーが大事なのはよくわかるんですが、インド料理はまずスパイスがメインで香草ってのはそれほど入っていない先入観があったけど、実際に自分でダルカレーなどを自炊してみるとパクチーがあるかないかでかなり大きく味が変わる。

やっぱりこってり感は少なめの南インド料理系だとその傾向は顕著かな。まあ、当然タイの気候でよく育つパクチーは南印度でも取れるでしょうから使うのも当たり前か。かなり味にふくらみが出てくるのでこれに気づいてから結構カレー作るときにはパクチー入れるか入れないかはしっかり考えるようになった。

あと大事なのはライムもしくはレモンですな。カレー作ったあとに最後に一絞りってところですが、これもあるとないとでは味が大きく違って、これのおかげで結構味がしまるのでインド料理自炊するときにはこれも忘れずにスーパーで買っておきたいところですな。


↑ このレシピでも結構な量を入れてる。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理
香取 薫
河出書房新社
売り上げランキング: 41,150

ベジご用達のタイ飯メニュー เต้าหู้ทอด タオフートート 2018年12月05日

IMG_20181217_205815

タイ料理でもちょっと中華よりのタイ飯レストランに入るとたいがい置いているベジタリアンな人でも食べられるメニュー เต้าหู้ทอด タオフートート。言葉通り揚げ豆腐でございまして、タイ式厚揚げですな。

日本の厚揚げと違って、絹ごしぐらいの柔らかい豆腐を日本のよりだいぶ小さめに切って油で揚げる。そしてその揚げたてを食べるのであります。タレは唐辛子も入ってるんだけどピーナッツのパウダー入り甘ーーーーーいやつ。慣れない人はうまく感じないかも。肝心の豆腐のほうもそれほど香りがよかったりとか味がしっかりしているということはない。少なくともそういうのには今まで当たったことがない。

というわけで地味で、たいしてうまくもないメニューですが、ベジの人が何も食うものがないというときにこれがあると手持無沙汰にならずに済みます。

Eastern Seaboardのカオパットジェー 2018年11月30日

2018-12-23_07-51-22

バンコクから150㎞ほども離れたラヨーンのEastern Seaboard工業団地のタイ飯レストランで食ったベジチャーハン、ข้าวผัดเจ カオパットジェーがなかなかおいしかったので備忘録。

こちらの国道沿いのモールのセブンイレブンの隣だったか、2軒となりだったかのタイ飯屋のカオパットジェーはかなりおすすめ。こんなバンコクから離れた工業団地勤めでベジタリアンやってる人なんかいるのかはわからんですが、とりあえず。

酒のつまみにケープムー、ナンプラートートでローカーブスナック 2018年10月18日

น้ำพริก แคบหมู
↑ ケープムー。ナムプリックと一緒に食べたり。

最近割りかし昼飯の時にクイティアオを食う際に、テーブルの脇に置いてある หนังปลาทอดกรอบ ナンプラートード(クロープ)をよく食べる。これは魚の皮をカリカリに揚げたスナックみたいなもので、当然ながらそのまま食べても香ばしくておいしいし、注文したクイティアオに入れて食ってもうまい。

最近はクイティアオ屋につくと注文して、届くまでの間にこのナンプラートートの袋を開けてポリポリすることが多い。実においしい。酒のツマミにもなるちょうどいい加減の塩味と油、香ばしさであります。魚なので旨味もある。

ตบท้ายด้วยหนังปลาทอด #เล่าจึงลูกชิ้นปลา
↑ ナンプラートート。魚の皮に粉はたいて揚げただけみたいな感じ。

また、晩飯でタイ北部料理を出すお店に行ったら同じようにテーブルにแคบหมู ケープムーが置いてある。これは豚の皮の揚げたもの。ホントにそこら辺のセブンに置いてあるようなスナックみたいな味。でも一応豚の皮なので動物性で炭水化物はたぶん少なくてタンパク質と脂肪分がほとんどだろう。これもまたサクサクなのと、分厚くてちょっと脂肪やお肉の部分をわざと付けた硬〜いケープムーもありどちらもおいしい。

ちょっと考えたんだけど、ビール飲む時に下手なつまみを食べずにケープムーやナンプラートート食ってりゃ余計なカロリー取らなくて済むんじゃないかと。少なくともこれだけ食べてる分にはローカーブダイエットはできるものと思われます。。。

とはいいつつも、自分はまただんだんと酒の量が減ってきて最近は週に2日程度しか飲まないのであまりテストはしてません。。。誰かテストしてみて。。。

どちらも言ってみりゃ食材としては余り物となるようなものを再利用して食べれるようにしたもので最近の日本ではこんなものはまったく食わなくなりましたなあ。

自宅近所の有名店 หัวปลาช่องนนทรี フアプラーチョンノンシー 2018年09月18日

すべての写真-7226
↑ 魚卵と切り身がどっさりのトムヤム。これはやはりうまかった。

家の近所なのに引っ越した当初一回行って以来、長らく行ってなかった近所のタイ飯の有名店、หัวปลาช่องนนทรี フアプラーチョンノンシーで久しぶりの晩飯を食いました。魚卵と大振りプリプリの魚の切り身がゴロゴロ入ったトムヤムナムサイが絶品。かなりうまかった。しかし量が多いので二人で行くならトムヤムと何かもう一品ぐらいで十分な感じですな。とにかくここはまたリピートのお店入りとしまーす。

すべての写真-7223
↑ 室内に見えて吹き抜けのノーエアコン席。

すべての写真-7225

すべての写真-7222
↑ フアプラーチョンノンシーでHPC。。。