タグ: カレーライス

タロカレ写真 2018年06月28日

20180628-003304-1

うーん、やはり吉野家の牛丼はうまいな。なんだかんだ言ってベジ解禁してから結構通っている。しかし自分は食事をしないほうが昼間の生産性がかなりよいのでできるだけメシを食わないように勤めて生活することとする。ダイエットにもよいはずだ。

そんなことを言っておきながら上の写真は、めでたく食べログで「高円寺駅」「カレー」のキーワードで総合ランキングの1位を獲得していたタロー軒のカレーでございます。昔ながらのモタっとした重厚なカレーライスで、途中で味変しないと食いきれないという知り合いが多い。そして自分はこのカレーにラーメン用のあらびきコショウをバカバカ振りかけてかなりドライな味のカレーにして食うのが好みであります。

しかしながら最近、「高円寺駅」「カレー」の総合ランキングの1位がなんと「青藍」に置きかわってしまった模様。順当な順位だとは思うが、そんなことをするのは面白くないぞ食べログ。無理くりにでもタロー軒のカレーを1位に据えておくのが高円寺らしさだと思うが。。。

また話変わって、郵便局からタイへの荷物発送。120サイズで船便の一番安いやつでと言ったが、船便でも3300円ほどもしてビックリ。やっぱり海外に荷物送るのは高いね。

食べログ、「高円寺 x カレー」総合ランキングの第一位が。。。 2018年04月22日

スクリーンショット 2018-05-10 22.11.20

いつも気になることがある。カレー好きで毎日食べログでインド料理店などを検索しているのでありますが、高円寺のインドカレー屋を探そうとするとブラウザの右下にひっそりと出てくる総合ランキング。「高円寺 x カレー」のキーワードで出てくる総合ランキングの第一位って色々考えますが、実際はなんと 「タロー軒」 が一位という衝撃の結果。いやー、高円寺らしいと言っちゃあそうなんだけど、なんだか専門店で一生懸命カレー作ってるお店の人からしたらかなり脱力なんじゃないかと思う。

ベジじゃなかったら今このブログ書き終わったらすぐに食いに行くとこなんだけど、そうはいかない。高円寺第一位の味を食すことのできない身分になってしまった。。。

またまた高円寺虎春屋マウンテンチキンカツカレー 2017年11月11日

IMG_9156

以前もこのブログに書いていた高円寺の虎春屋食堂にて大学時代の友人とまた懲りもせずマウンテンチキンカツカレーを食べてきました。

高円寺 虎春屋 マウンテンチキンカツカリー 2017年10月17日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

以前は持ち帰りで食ってましたが今回は店内で。上の写真が友人の頼んだマウンテンチキンカツカレー大盛り980円(外税)。

IMG_9879

こちらの写真で手前にあるのが自分のマウンテンチキンカツカレー並盛り880円(外税)。うーん、イマイチ量の差がわからん大盛りだ。しかし大盛りも並盛りもわかっているが相当の量であります。並盛りでもチキンカツは胸肉二枚分ぐらいの量です。しかし前回食いきれなかったのになんで頼んでしまったんや。。

結局僕はご飯の上に乗ってるチキンカツをすべて片付けて、ご飯を四分の一も食い進められずリタイヤ。しかし、

IMG_5384

友人は完食!大学時代の同級生だから基本的に同い年の42歳厄年!いやー、すごいけどだいじょぶなんか?とちと心配になりました。42歳厄年!な自分は基本的にやはりこれは冷静に持ち帰りで注文し、昼と夜、というように2回に分けて食べるのが1番懸命な食べ方かと思います。これ一食分で考えてもこの量であれば相当コストパフォーマンス高いが、二食分ってことで考えると素晴らしくコストパフォーマンスがよろしいです。

タイの7-11で売っているチルドビーフカレー 2017年07月05日

Beef Cury at 7-11 Thai

いつから売ってるのかわからないが、タイの7-11のチルド食品の棚に「ビーフカレー」なるものが売っていた。「ビーフ」で「カレー」。タイに来た当初はビーフカレーなんかが7-11に並ぶなんてところはまったく想像できなかったが、やはり食習慣の変化というのは5年単位ぐらいの変遷ですな。10年経てば大きく変わる。

何回か食ったことがあったんだけど、7-11のカレーは確かもうこのブログに書いたよなーと思ってたんだが、別のモノでした。

7-11の冷凍カレーライス 2012年11月29日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

Beef Cury at 7-11 Thai - Curry Sauce

前回書いたやつは冷凍食品でカチカチだったけど、今回のチルドなんで家に持って帰るまでに容器傾けてると非常に見た目汚くなります。

Beef Cury at 7-11 Thai - Curry Sauce and Rice

こういうふうに容器が二層式になっていて上段にカレーソース、下段にライスが入ってます。なんかタイのこういうコンビニ弁当もホントに日本のそれと形態がかなり近くなってきましたな。爆発しないように外側のビニール取って蓋を少しだけ開けてレンジで2,3分チンして完成。

いただきまーす!が、なんだかイマイチうまくない。カレーはカレーなんだけどなんだか微妙に日本のビーフカレーと感覚が違うような。。。タイ人には受けてるんだろうか???

またまたバンコクのベジレストランに。May Veggie Home 2017年04月29日

image

またどこかバンコク市内で行ったことのないベジ系レストランがないものかと調べてみたら灯台下暗しで、アソークの交差点近くにベジレストランがあるのを発見。

その名はMay Veggie Home。検索してみるとしっかりしたウェブページもあった。

Home | May Veggie Home

そして場所はこちら。

住所がスクンビットソイ16ってなってるのでアソークの通りのExchange Tower側のソイに行ってしまいがちですが、実際はアソークの通り沿い、通りの西側にあります。May Veggie Homeのウェブページには細かく行き方が書いてありますな。

Location | May Veggie Home

で、事前にスマホでいろいろとメニューを見ていたら、その内容は菜食のタイ料理だけにとどまらず、パスタやらハンバーガーやらあるうえになんとベジカレーライス、さらにはベジカツカレーまであった。これを見た途端にカツカレー食いたくなって、もう食うもの確定。

image

店内〜。広い。ベジのお店ってよほどのことがない限り混んでないのがいいですな。

image

椎茸&春雨揚げ春巻き。まあこの辺は無難においしいところ。さて、カレーまだかなー。

image

どーん!かなーりでかい。ご飯は白米と玄米を選択可。当然玄米選択。一応カツカレーとはいえベジのお店なんで当然ながらご飯の上のカツはフェイクです。たぶんグルテンミートかな?このフェイクミート、ちゃんと鳥の胸肉みたいに繊維状になっていてかなり食べごたえあり、肉感が強くて腹にたまる。さらにはカレー自体が量が多い。カレーのお味自体はココナッツミルクの甘さを使った甘み強い系カレー。日本のこってりスパイシーカレーとはちょっと違う感じであります。で、甘みがある分、量が多いとちょっと食うのが辛くなってくる。。。

ちょっと辛かったがなんとか完食。カレーはちょっと思ってたのと違う味でしたが、ひとつひとつの素材や味の作り方は気に入ったので数回は来て他のバーガーとかパスタ、タイ料理系も試してみたいと思いまする。