タグ: seiran

タロカレ写真 2018年06月28日

20180628-003304-1

うーん、やはり吉野家の牛丼はうまいな。なんだかんだ言ってベジ解禁してから結構通っている。しかし自分は食事をしないほうが昼間の生産性がかなりよいのでできるだけメシを食わないように勤めて生活することとする。ダイエットにもよいはずだ。

そんなことを言っておきながら上の写真は、めでたく食べログで「高円寺駅」「カレー」のキーワードで総合ランキングの1位を獲得していたタロー軒のカレーでございます。昔ながらのモタっとした重厚なカレーライスで、途中で味変しないと食いきれないという知り合いが多い。そして自分はこのカレーにラーメン用のあらびきコショウをバカバカ振りかけてかなりドライな味のカレーにして食うのが好みであります。

しかしながら最近、「高円寺駅」「カレー」の総合ランキングの1位がなんと「青藍」に置きかわってしまった模様。順当な順位だとは思うが、そんなことをするのは面白くないぞ食べログ。無理くりにでもタロー軒のカレーを1位に据えておくのが高円寺らしさだと思うが。。。

また話変わって、郵便局からタイへの荷物発送。120サイズで船便の一番安いやつでと言ったが、船便でも3300円ほどもしてビックリ。やっぱり海外に荷物送るのは高いね。

高円寺のこれまた素晴らしいカレー屋、青藍のスパイシーチキンカレー 2018年01月11日

IMG_5207

いつも行く飲み屋で教えてもらった、最近高円寺に出来たカレーの有名店。「せいらん」 と読む。

11:30 に開店というので日曜日の11:30ぐらいに家を出て店に着いたのが11:40、すでに店内は8割り方席が埋まっていた。ここのお店は辛いというわけではないが、かなりスパイシーなカレーを出してくれるという。なのでとりあえずスパイシーチキンカレー定食900円を注文。

IMG_4329

IMG_0143

これがこのお店のカレーの説明。ここのカレーもなかなか素晴らしい。カレーのソースの中にホールスパイスがいっぱい入っていて食べる時に、「カリッ、カリッ」とそのホールスパイスを噛み砕くたびにそのスパイスの香りだけが鮮烈に鼻先に抜ける感覚で、インドカレーとして看板掲げてるならともかく、日本のカレーではこういうアプローチはなかなかないんじゃなかろうか。特に印象的なのは花椒で、カレーなのに食べてると突然花椒の香りが鼻に抜けて舌がビリビリする。店内に入ってくる時にも扉開けた途端に花椒の匂いが充満していた。

定食で頼むと大きなカレー皿にカレーと野菜や漬物が一緒に出てくるがこれ自体は正直まあまあなお味。なんと言ってもカレーがメイン。しかし、かなりスパイスの刺激が強いのでこういうのに弱い人は気をつけた方がいいかもしれない。自分も家が近いからいいけど、店を出て10分ほどした後に腹がギュルル、、、と来た。お気をつけください。

そしてまだまだ出来立てのお店でオペレーションが回っていないのか、土日だと昼間の間に夜の分の仕込みも全部ハケてしまって夕方以降は営業してませんなんて日も多いので昼に食うのがオススメ。 twitter でフォローすると在庫切れの時は逐一通知が飛んでます。

スパイスカレー青藍(@blueplateseiran)さん | Twitter
https://twitter.com/blueplateseiran