タグ: room

日本と思えないゲストハウス、マヌケゲストハウス再び 2020年03月23日

IMG_20200311_150941

さて、前回コロナ騒ぎの中でパパっと日本一時帰国を果たした記事を書きましたが、東京での宿はまたも高円寺のマヌケゲストハウスを利用してきました。まあ、コロナ騒ぎで各ホテルもガラガラなので今回はたぶん探せば他にも安く泊まれるところはあったんだろうけど、とりあえず話のネタにマヌケゲストハウスの四畳半個室に泊まってみた感じです。

泊まってみると、なんというか想像以上にツッコミどころが満載です。こんな管理の宿が日本にあるとは。。

IMG_20200311_150949

↑ 四畳半。なんだかボコボコ。。。

1583907772945

↑ 施錠はこれだし。。。

IMG_20200311_151734

↑ 部屋に入ったら内側からの施錠はこれです。つっかい棒!

IMG_20200311_152008

↑ ふすまの片方はこのように固定済み。

IMG_20200311_150954

↑ ご想像どおり畳も見事にうねっています。

IMG_20200311_152353

↑ 安っぽい机がひとつ。。ガイジンだとこれを味のあるアンティークとかって勘違いするのかねー。

IMG_20200311_153129

↑ なんだかもう。。。

IMG_20200311_153125

↑ すごいのです。。。

IMG_20200311_153427

↑ 一番笑ったのはこれだ、変な木が当ててあって。。。これはなんでなんだろう?と確認してみると。。。

IMG_20200311_175705

↑ どう閉めてもこのふすまが斜めになっていてこんなにも隙間が空いちゃうので当て木して隙間を塞いでるのです。

いやー、この宿、なんだろう?ここは日本か?とはいえ、1975年生まれの自分にはこのくたびれ具合が微妙に落ち着くところもある。。なんとも言えない宿だ。。

デメリット(普通の人にはデメリットだらけかもしれないが)を書くと、まず照明が暗い、確実に西洋人向け照明です。そしてトイレにウォシュレットがない、このへんかな。

あと、値段高いぜ、これで一泊4500円はどうかなあ。正直2500円ぐらいにしてほしい。

IMG_20200311_151844

↑ ちなみに布団は割とまともでした。毛布一枚だけだったから真冬は凍えるかも。

IMG_20200311_152539

IMG_20200311_151547

↑ ベランダは広くて気持ちいい。今回みたいな寒い日ではなくて小春日和の日にぼんやり空を眺めながらビール飲んでたい。。。

個室DVDの注意書きがなかなか。。。 2018年05月17日

IMG_0707

高円寺駅前の個室DVDのお店に行ってまいりました。自宅が歩いて1分の所にあるのになぜそんなところに行く?と突っ込まれそうですが、知り合いに個室DVDはかなり快適と聞いたので一回どんな感じか見ておきたくて行ってみたという感じです。

ところが、高円寺駅前のお店がそうなのか?他の店も同じくそうなのかはわからないですが、やはり深夜のマン喫と同じく、湿ったじっとりとした空気が漂っており、部屋に入ると注意書きが上の写真のように。。。

結構な客が来るんでしょうなあ。。。

「泥酔されている方」は簡単に想像つくが、それとは別に「極度に体調を崩されている方」ってどんな客が来るんだろう???

「服装・頭髪の汚れ等が常識の範囲を超えている方」ってのも来るんだろうなあ。

極めつけは「店内所定の場所以外で排泄行為をされる方」。。個室内で固形物を残して行った人も居るんだろうなあ。。。

いやー、バイトする人も大変ですな。。。

Grand Palazzo Pattaya にてGrand Suiteの部屋を取る 2017年09月04日

image

さてさて知り合いの人に会うためにパタヤに出向いていったんですが晩に酒を飲むため必然的にその日は泊まり。どこか宿を押さえないとな~ってことでちょっと今回はお金かけていい部屋を取ってみました。

5-Star Hotel In Central Pattaya – Grand Palazzo Hotel

Agodaで当日に予約しようとしたら安い部屋はフルになっていてとりあえずGrand Suiteの60平米の部屋を。一泊4,148バーツ。そしてチェックイン時にデポジットで1,000バーツ(当然これはチェックアウトの際に返ってきます)。

場所はノースパタヤにほど近い場所ですな。

所感、

良い点

  • 建物が新しくてよい
  • ロビーも部屋もめちゃ広い
  • バスルームから海が見える
  • バルコニーも広くてよい
  • ホテルの出口に7-11がある
  • ホテルの道路挟んで向かいにはBig-CとCentral Marina。フードコートあり、スタバあり
  • パタヤのホントの中心地からはちょっと離れているので割りと静か。ゴミゴミしくない

残念な店

  • 冷蔵庫にはドリンクなし。わざわざルームサービスを呼ぶのがめんどくさいのでコーラとかビールとか最初から冷蔵庫に飲み物入れててくれればいいのに
  • ちょっと海から遠い
  • ファシリティは最低限。シンプルでいいが、もうちょっといろいろあってもいいかも
  • お値段はそれなりに高い 4,148バーツ
  • パタヤ中心地からちょっと離れているのでウォーキングストリートとかで遊びたい人とかには少し不便かも

こんな感じか?個人的には

  • 高層階
  • 広めのバルコニー付き
  • 広い部屋
  • ゴロゴロするのに適したソファー

この辺がカバーされてれば得点は高い。今回はなかなかよかった。ただもし以降パタヤに泊まることがあるとしてもこのお値段ではちょっとつらいのでもう少しお値段安い部屋を取って行くかな。ホテル自体はいいと思います。以下はホテルの写真。

image

image

image

image

image

image

image

image

ムンバイ紀行 その3 〜 New Bengal Hotel 2015年01月20日

WP_20150118_20_34_40_Raw__highres-2

前回からムンバイ紀行としてまとめております。第3回。

そんなこんなでまたPhoenix Marketcityからタクシーに乗って夕方の超渋滞に巻き込まれながらなんとかビクトリア・ターミナス駅の近くにまでやってきて宿を歩きながら探しておりました。今回Agoda経由でとりあえず押さえた宿はこちら。

Hotel New Bengal::Home

Agodaで事前に押さえて1886.12THB=57.34USD=3627INR。これで2泊分。てことは1泊だいたい950THB、USDで言うと28.6USDぐらいになってそれなりにお値段するんだが、入ってみてびっくり。

WP_20150117_21_46_35_Raw__highres-9

WP_20150117_18_57_46_Raw__highres.jpg

WP_20150117_18_58_30_Raw__highres.jpg

WP_20150117_18_58_02_Raw__highres.jpg

WP_20150117_18_58_14_Raw__highres.jpg

この狭さ。四畳半もないし、窓がないし。。。救いはスイッチオンオフしかないけどちゃんと冷えるエアコンがあることと、狭くて古い割に掃除が徹底されてて清潔なこと。後、あまりGreasyなスタッフが居なくてきっちりしてた。やれることは”Yes, Sir!” 出来ない事は”No!”、インド人はわかりやすくていいわ。WiFiは有料。

1時間 100INR=1.58 USD=52THB
24時間 175INR=2.77USD=91THB

1日600THBでタイで申し込んで来たローミングもまともに繋がらないし、今回はなんにもうまくことが運ばないなあと多少ガックリ来てましたが、「まあこれもインドなんかな。事前の準備が役に立たないがっくり状況。」にもめげずに頑張るかとその日は夕方から歩いてインド門とタージ・マハルホテルあたりまで散歩がてら歩いて行きました。結構遠かった。ムンバイの街は土曜日の夕方だからかあまり人が歩いておらず、意外と人が少ないなーと思ってたらタージ・マハルホテルの周りからいきなり街の雰囲気が変わって六本木みたいな雰囲気になった。ああ、この辺って外国人観光客がいっぱい居るエリアなのね。。。

というわけでまたホテルにボチボチ歩いて帰り、早めに寝てマラソンに備えました。。。つづく。

WP_20150117_21_46_22_Raw__highres-8