タグ: recovery

MIUI8のroot化手順 2016年08月21日

超值紅米

とある事情で使ってなかったMI3という中国のXiaomiというメーカーのスマホを引っ張りだして再度セットアップ。せっかくなので中身のOSも最新のものにしておくかと思ってMIUIという見た目iOSのまんまコピーみたいな(もちろんAndroidベースの)OSを最新版のv8に上げた。

で、もう今のスマホの機能を見るとそのままで十分便利なんでJailbreakやroot化ってあんまりやる価値が無く特段やる必要ないかなと思っていたが念のため上記のMI3にはMIUI8のインターナショナル版(アプリなどの構成が中国国内使用を前提としたものではなく東南アジアやインドその他での使用を前提としたもの。ちなみに中国国内仕様のものはGoogleのPlayストアさえ入っていない)でデベロッパー版(安定版と比べるとroot化を簡単に出来たり自由度が広い。。はずだった)を入れておいた。

MIUI8は英語のメニューで使用するので問題はなにもないんだけど、日本語表示やフォントの関係でやっぱりroot化したい要件が出てきたのでじゃあセキュリティアプリからroot化を、、、あ、root化のメニューがない。。。

というわけでMIUI8からどうもセキュリティアプリからroot化できなくなってる模様です。

で、root化の手順自体は至極簡単なんですが、念のため、書いておきます。

Xiaomi Mi Max: Root and install TWRP Recovery (MIUI 8) | Xiaomi Advices

基本的にはこちらのページの手順を実施していきます。Mi Maxでのインストール手順ですが、MI3でも同じだったし、だいたい他の端末でも問題なくこの手順で行けるんじゃないでしょうか。

・前提条件

  1. ADBとfastbootyがPC上で使えるようになっていること(これはAndroidのSDK、Android StudioをPCにインストールしてれば使えると思います)
  2. root化する該当端末のBootloaderをUnlockしておく
  3. SuperSuのzipファイルをダウンロードして端末のストレージに保存しておく
  4. twrpのファイルをダウンロードしてPCに保存しておく
  5. 端末でUSBデバッグを有効にしておく
  6. 端末の充電を70%以上にしておく

・root化手順

  1. twrpのダウンロードしたファイルをrecovery.imgにリネームして、ADB、fastbootの実行ファイルがあるフォルダに保存
  2. ADB、fastbootの実行ファイルがあるフォルダでコマンドラインを開く(該当フォルダをExplorerで開きShiftキーを押しながらそのフォルダ内で右クリック、コマンドウィンドウをここで開くをクリック)
  3. 端末の電源を一度切り、音量DOWNボタンと電源ボタンを両方長押しで電源オン → fastbootモードで起動
  4. fastboot flash recovery recovery.img で上の手順でリネームしたtwrpのカスタムリカバリイメージを端末にflashする
  5. fastboot boot recovery.img twrpのrecovryイメージからブートする
  6. 上の手順で端末のストレージに保存していたSuperSu.zipを適用する
  7. 適用が終了したら再起動して通常のMIUIを起動
  8. Root CheckerなどでRoot化できてるかの確認

とりあえずこれだけでroot化完了ですが、このtwrpの状態のまま放置してると、MIUIのアップデートを受け取った際にアップデートプロセスがOSを再起動した直後twrpでコマンドが通らず沈黙状態になってしまうので標準のrecoveryに戻しておいたほうがいいかと思います。

MIUIのサイトからダウンロードするOSイメージのzipファイルの中にrecovery.imgが含まれてるので同じように端末をfastbootモードにしてPCに接続、fastboot flash recovery recovery.img で再度flashすれば元に戻り、アップデートも詰まりなく終了します。

Xiaomi端末ですが、タブレット代わりにちょっとMi Maxの6.44”という巨大ディスプレイ端末に惹かれています。。

iPhoneのメモアプリ、便利だけど大失敗。。。 2016年06月01日

Comment bien partir la journée!

iPhoneでアップル純正、標準インストールアプリで「メモ」というメモ帳そのもののアプリがありますが、使用中に先日のメモをコピーしようと全選択したところから、間違ってタッチキーボードのBackSpaceをタッチ。内容が全部消えてしまった。

メモアプリでUndoってどうやるのかわからず、ぼやっとしてたらついついひとつ前のメモの一覧に戻ってしまった。そしてメモ自体が消えた。。。数年前は全然ダメだったクラウド経由のアプリデータの同期も現在のiCloudはしっかりしていて即時同期で他のデバイス上でもそのメモはやはり消えていた。。。ググってたらiPhoneのデータリカバリソフトなどもあっていろいろやったが結局データ戻らず。

改めて調べてみたら、入力上の操作で間違えた時は、iPhoneを3回程度振ったらUndoで「前の作業を取消ますか?」というダイアログが出るんですな。全選択の後、操作間違いで全消ししてしまったら、メモのリストに戻る前であれば、これで回復可能だった。。。失敗。。。結局自分のメモは戻ってきませんでした。。。

うーん、。。。

Surface3にWindows10のクリーンインストール 2015年11月04日

This-Could-Be-Windows-10-s-BSOD-If-Microsoft-Had-a-Sense-of-Humor-477814-3

なんだか最近Surface3 + Windows10の調子が悪く、

様々なアプリで「応答なし(not responding)」が頻発。15秒ほどフリーズした後復帰。

サウンドドライバがおかしくなったのか突然surface3からザザーッという大ノイズを発する。(もっともこれは、デバイスマネージャからサウンドドライバを削除して端末再起動で一旦解決したが)

応答なしの件はイベントビューアとか見るとDCOM関連のエラーがいくつか出てたがトラブルシュートが面倒で思いつきでWindows10のクリーンインストールを行う。ただしこれが思いつきでやった割にめちゃくちゃ時間がかかった。なんかSurface3にWindows10入れるの意外とめんどくさいぞ。。。

1. Windows10をUSB Flashdriveから入れる

MSのサイトからダウンロードしたMediaCreatorでUSBのインストールメディア作ろうとしたらインストールメディアのデータを1時間くらいかけてダウンロードした後、USBドライブに書き込み途中でエラー、途中で強制終了。んでもっかい立ち上げるとデータのダウンロードを最初からやり直し。。。へこたれました。待ってられんわ。。。終了。

2.Surface3で作った復元USB Flashdriveを使ってWindowsの再インストール

前回Windows10にアップグレードした後にPCショップでUSB Flashdrive買って復元メディアを作っておいたやつがあったのでそれでC:ドライブをクリーンインストール。順調に進んで最後の再起動が終わって。。。あれ?Windows8??Windows10ではなくWindows8が入ってしまった。C:ドライブの中身をWindows10にあげても復元ボリュームの中身まではアップグレードされないのか??だからアップグレード後に復元メディア作ったけどWindows8のままなのか?とにかくWindows10へアップグレードすることも可能だったが、Windows10をクリーンインストールしたかったのでこれも却下。めんどくさい。。。

3.デスクトップPC用にWindows10 64bitインストールDVDを焼いておいたのでそれでSurface3にWindows10をクリーンインストール

USBのDVDドライブをSurface3に接続してDVDからブートしようとしたが、なぜか何回やってもDVDの起動メディアを認識せず。デスクトップPCにWindows10をインストールするときに使ったDVDメディアだからメディアは使えるはず。Surface3のUEFIの関係か何かでDVDドライブを認識してくれない??

4. もう一度Windows10インストールUSB Flashdriveを再作成

USB3.0のFlashdrive16GBのものをFAT32でクイックフォーマットして、インストールISOをマウントして中身のデータをUSB Flashdriveの中へコピペするだけでSurface3からUSBでブート出来た。。。すごい。最近のUEFIのマシンならUSB FlashdriveにMBRとかごちゃごちゃやってあげんでも起動できるの??

すべてのパーティションを一回全部消去してドライブまるごとが割り当てられていない領域になるようにしてそのうえで100%容量を取ってパーティションを作成。他に必要なパーティションはインストーラが自動的に割り振ってくれる。128GBのSSDで実際にC:ドライブとして使えるのが115GBほど。回復パーティションは450MBほど。多分後で消すんだけど、ドライブの先頭の領域に出来てちょっと不便だろうけど、どうせ450MB程度だし、ということでとりあえずそのまま作成。

なんとかOSインストールは完了して再起動。

再インストール後のSurfaceはWiFiも使えない、SDカードも読めない、孤立状態。インストールに使ったUSBは当然読めるのでSurface3用のWin10ドライバーをコピー。

インストールするドライバーの数がめちゃくちゃ多い。数えると全部で44個。へこたれるわ。。全部は当てなくていいのかもしれないけどどれが必要でどれが必要ないかはぱっと見わからないし、確認もやってられない。さらにはドライバの殆どがinfファイルからのインストールや、どのexe叩けばいいのかわからないドライバもあったりしてとにかく時間がかかる。。それでも次の日にはまた使わないといけないのでとりあえず進める。多分Surface3はもともとWindows8の機種だからWin8をインストールしてそれからWindows10にアップグレードっていう手順が推奨なんだろう。。。疲れる。。とりえあず44個のドライバを全部インストール。それでもtypeカバー関連のドライバの警告マークが消えない。。多分大丈夫だろうけど。。

7-zip
ableton live 9
ms office
adobe reader
adobe lightroom
kindle
battery tile
google chrome
crystal diskmark5
cubesoft pdf utility
cyberoam agent
drawboard pdf
eset antivirus
evernote
evernote touch
filezilla server / client
forticlient
geekbench 3
itunes
minecraft
firefox
thunderbird
pico viewer
rdio
skitch
teamviewer
twitter
video lan
windirstat
winscp
hidemaru
putty
fastcopy

↑ リセット前のSurfaceに入れていたアプリ群。

なんとかドライバも入れなおし完了。そしてSSDの外付けドライブに退避していたメールデータやドキュメントファイルを戻してThunderbirdのリストアやリセット前に入れていた上記のソフトウェアの再インストール。うーん、時間がかかる。かかる。かかりまくる。。とりあえずアプリの設定はいいとして自宅の光回線でダウンロードしてインストールするところまでやっとこう。実際に使う際に細かい設定はやり直せばよい。。。という感じでなんとか全アプリをインストール終了。。。

今日のところはここまで。これでちゃんと明日から使える。。。しかしほぼ徹夜でしたとさ。。。

Surface 3(サーフェス) Windows8.1/Atom x7/64GB SIMフリー 4G LTE対応 MSSAA1 10.8inch
マイクロソフト
売り上げランキング: 16,425