ローカーブなインド飯:パニールティッカ 2021年09月11日

IMG_20210911_114822

またまたインド飯をフードパンダでお取り寄せ。しかし、今年の前半に禁酒とノーカーボンを徹底したら7kgほど体重を落とせたのだが、最近またインド飯にはまりつつあって、カーボンの摂りすぎが気になっている。しかしインド飯っちゅうのは本当に炭水化物だらけで、炭水化物抜き(かつ自分の場合はベジ)のインド料理というのはなかなか考えにくいのだが、上の写真のパニールティッカはかなりノーカーブ。パニールはインドのフレッシュチーズなのでヴィーガンとまではいかないけれど、インド式ベジタリアン、今の時流の呼び方でいうとラクト・ベジタリアンな人であれば食べれるお料理。これ、結構ボリュームもあるし、一緒に入ってる野菜も食いごたえあり。

ただ、欠点は結構お値段高い。だいたいバンコクのどこのインド料理屋で頼んでも200バーツ超え。あと、ちょうど今回のは少し焼きが薄くてなんか水っけが多かったが、もう少し表面は焦げ目がつくぐらい焼いておいてもらえるとなおおいしい。あとノーカーブなメニューってなんかあるかなー。

チートデイでインド飯大量摂取。体重もはっきり増加。 2021年08月07日

IMG_20210807_093105

今日も今日とて引きこもり。自宅にて今週終わらせられなかった仕事をこなす。

そして久しぶりに1日1食、ノーカーボンの縛りを忘れてチートデイと行きたいぐらいにインド料理が食いたくなったのでGrab FoodやFoodpandaで注文。

IMG_20210807_091033

一回めはここ。India Srilankan Halal Food。Grab Foodで頼んだらお店の名前は「Srilankan and South indian Halal Food」となっていた。まあ、店には行ったことがないんだが。ここでマサラドーサとチャパティとサンバル、なんかもう一品グレービーが付いてくるセットを注文。220バーツ+25バーツが配達料。初めてこのお店で頼んでみたが、ここのはうまい。サンバルも味付けが濃すぎず、自然な味。以前にナナのDosa Kingで同様にマサラドーサを注文して食べたが、Dosa Kingはサンバルが味が濃すぎる、甘すぎるでもう避けるようになった。この店のは素晴らしい。

で、晩飯にもここのサンバルが食いたくなって再度注文しようとしたら夜はやってないのか注文不可になっていた。残念。なのでFacebookのタイ人のインド飯愛好家グループで何度も投稿のあった、パン通りのSugamというベジの南インド料理屋からFoodpandaで注文。サンバルとアルージーラ(じゃがいものクミン炒め)、プレインビッグチャパティx2、サンバルとマサラグレービー付きココナッツライスを注文合計240バーツ。安い。

IMG_20210807_191456

IMG_20210807_191710

うん、うまい。上のIndian Srilankan Halal Foodのサンバルのほうがうまいけど、Sugamのサンバルもそれほど味付けが濃すぎず甘すぎずでなかなかイケる。この2店は合格点ですな。しかし、改めて写真見てもそうなんですが、やっぱりインド飯は炭水化物のてんこ盛りですな。やっぱこれは常食できん。

次の日に体重計乗ったらなんと2kg近く増えてました。はい、チートデイ終了。いつものベジ+1日1食+ノーカーボン食に戻ります。

ケトン体測定尿検査紙は開封後すぐ機能低下する? 2021年04月14日

断糖ダイエットかつ一日一食かつ菜食をずっと実施しているわけですが、断糖してちゃんとケトン体質になっているかどうか検査するためにケトン体測定用の尿検査紙を買った。タイでもちゃんとLazadaなどで売ってるわけです。100回分の検査紙で大体100バーつぐらい。非常にお安いので使いやすい。

しかしながらこの検査紙、パックを開封してから多分1ヶ月かそこらで反応がすごく鈍くなる。以前、「全然ケトン体出なくなったなあ」と思っていたら、新しいパックを使用し始めた途端にがっつり出るようになったが、今回同様の体験2回目。どうも開封して一定期間経つと機能が低下しちゃうんじゃないかと思う。今回はちゃんと開けた日を記録しておく。

しかし、開けてから割とすぐダメになるのであれば100回分のパックではなくて50回分のパックを買い足したいのお。。

ちなみにケトン体が尿に出るようになると健康診断で尿酸値が跳ね上がります。今回僕も健康診断で尿酸値が10以上になりましたが、ケトジェニックやってる人の典型的パターンらしい。この傾向はケトン体出てる場合には問題ないらしい。

Beyond Sausage、Beyond Hamburgerは糖質ゼロだった 2021年02月5日

IMG_20210123_191128__01

ベジなので肉を食わないが、バンコクで売っているBeyond Meatは割とちょくちょく食べる。

そういや、これ、うまいけど、糖質量ってだいじょうぶなのか?と思ってちゃんと見てみたらSausageもHamburgerもどちらもSugar、糖質はゼロだった。断糖食をしていてもこれなら食べられるのか。。。

IMG_20210123_191134__01

IMG_20210123_191139

IMG_20210124_180024

こういうモドキ製品で糖質ゼロは素晴らしい。つなぎに小麦粉も使ってないってことになるのかと思うけど、どうやって作ってんだろう???

ベジよりも、一日一食よりも、一番聞くのは断糖だと思う 2021年02月3日


↑ Twitterで毎日体組成計測の結果をツイートさせてる。

バンコクの飲食店でまたまたアルコール提供が禁止になったのを受けて、1月10日から禁酒& 断糖& 1日1食をやっている。

結構禁欲メニューとしてはキツイので、当初最初の一週間だけ完璧に守り抜いて、その後しんどかったらやめようと思ってたら一週間で糖中毒が抜けた。そしてきれいに体重は右肩下がりに。1月いっぱいで5kg落ちたのでモチベーションも上がり継続中。2013年に達成した60kgをもう一度。今回はなんとか60kgまで落としたい。

↑ この辺が非常に勉強になります。