タグ: ghost

他人から聞く生家の怪奇現象 2016年11月29日

260ah

見たくても見れんのじゃ

私の人生では実に41年間、全く幽霊を見たことがありません。

霊感のような類のものは皆無で大学生の頃なんか幽霊が見たくてわざわざ丑三つ時に車で殺人事件現場なんかに出向いてワザと罰当たりな事して記念撮影しても心霊写真も幽霊を見ることもなかった。

生まれてから20年以上住んでた実家も同じで霊体験なんか皆無である。

が、実は自分の彼女は八年前ほどに妹の結婚式の際に初めてうちの実家に寝泊まりしたが、その時に見ていたという衝撃発言。

吉良上野介 in 実家

深夜に目が覚めてふと部屋を見ると自分が寝ていてその向こうの廊下、うちの実家の三階の廊下を吉良上野介みたいな武家が黙って歩いていったらしい。

忠臣蔵 – Wikipedia
↑ 若い子は忠臣蔵なんて言ったってわからんよね多分。自分の子供の頃にはよくテレビでやっていた。通しでちゃんと見たことはないけど。

最初うちの死んだじいちゃんかなと思ったけど特徴を聞くともっと昔の武士、武家のようです。見たといってもたったこれだけでその後は何もなかったらしい。

しかしさすが実家というか、やはり自分が直接見ていないせいかそんな話聞いても全く怖くない。そうか実家にも居たのかと思うことあれど、だから何か?という感じでそれで生活がなんらか影響される感覚がないのがまた以外。

血だらけとか明らかに怪物みたいな見てくれだと怖いかもしれないが、昔のカッコしてるとはいえ、基本的に役人の幽霊、怖いことなんか何もない。というか何十年もうちの家族が住んでるのに誰一人として見てもいない、気づいてもいないというのは可哀想な幽霊だ。

次回実家に帰った時に、、、と言っても自分には何やっても見えないんだろうな。。。

あの頃映画 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) (2011-12-21)
売り上げランキング: 46,553

↑ 懐かしの忠臣蔵外伝四谷怪談。高岡早紀が脱いだというキーワードしか記憶にない。。。霊体験、吉良上野介で思い出した。

どんな大人でも基本的にホテルの予約入れる時にはお化けの話になる。。。 2015年09月05日

P1120007

先に書いたBanchangのホテルの予約の際の話、

「ヤマギワさん、ホテル一人部屋でいいのか?」
「うん、一人部屋がいい」
「お化け怖くない?」
「ああ、だいじょうぶだいじょうぶ。結構新しいホテルっぽいからお化けでないよ。でも出ても問題ないよ。刃物持った不審者が来るよりよっぽどいい。」
「じゃあ、一人部屋ね。オーケー。」

てな感じでタイ人と話していると必ずホテルの話するときにはお化けの話になる。大概ええ大人の男でもこの話は出てくる。

ピー信仰 – Wikipedia

まあタイ人のこういう場面でよく使う話のネタなのかと思うんだけど、土日実際にホテルに泊まった時に彼らの部屋に行ったら、皆さんそれぞれのベッドの枕元にちゃんとこの「プラクルアン」が置かれていた。。。

タイのお守り『プラ・クルアン』って知ってますか? | タイランド・バンコクに移住して生活する日本人のブログ

やっぱりホントに怖いんですか。。。お化け。。

Silom Soi 9 のイサーン料理屋台 ラープペットヤソー ร้านลาบเป็ดยโสธร 2013年12月05日

IMG_20131206_204115

バンコク、シーロムはやっぱり外国人が多い通りだからか、自分が勤める会社のオフィスがあるSilom Complexの周辺というのはあまり美味しいイサーン料理のお店がないなと思っていた。レストランでぼちぼち食えるお店はあるんだけど、なかなか「美味い!」と言えるお店がなくパッとしない感じだった。

そんな中、今回初めて行ってみたこのシーロムのソイ9に入ったところすぐにある「ラープペットヤソー ร้านลาบเป็ดยโสธร」というお店はなかなかいけてると思える感じのお店でした。


View ラープペットヤソー ร้านลาบเป็ดยโสธร in a larger map

そもそもは僕がよくチェックしているEating Thai Foodにこのシーロムソイ9のイサーン料理屋台が載っていて、その情報を元に行ってみた訳です。行ってみると19時の段階でもうテーブルは8割方うまってるという盛況ぶり。

お店の地面(店の人間が掃除の時に気にしてなければ、食い物やティッシュなどが散らばっている)などもテーブルもなかなか綺麗。店員も呼んだら割りかし機敏に反応してくれる。

IMG_20131206_200854

IMG_20131206_201158

そして料理もよし。ソムタムカイケム、ソムタムパラー、ガイヤーン、ラープペットあたりを注文してみたがどれもいける。ラープペットはバンコクではほとんど味わったことのない田舎的な味付けで、そもそもペット เป็ด、ダックはお肉の匂いに癖があるから個人的にちょっと食い切るのが辛いお店なんかもあったりするがここのお店は全然大丈夫。んで、ソムタムパラーは久しぶりに飛び上がるような辛さのが出てきた。

僕と同じくシーロム周りのイサーン料理屋台はぱっとしないなあと感じている人が居たらココを試して見るのはいかがでしょうか。

メシを食い終わって帰る時に初めて気がついたが、いつもBTSのチョンノンシー駅から見える中国人墓地のすぐど真ん前で営業してんだね、この店。通りを挟んだ目の前は工事現場でそこそこ明るいが、基本的にこのソイは薄暗く、この一帯がどうも土葬で埋められた中国人の墓地ということもあってメシを食ってる人は多いものの、ちょっともの寂しい感じ。そんなことを考えながらWebをチェックしてたらこんなのが。。。

シーロム・ソイ11 (不思議な話⑦)|温泉放浪記

なんだ墓地につきものの幽霊話も満載の一帯なのね。こりゃあうまいイサーン飯を食いながらウィスキーなんぞバカスカ飲んでたらスピリチュアルな体験もできるかもしれない貴重な場所かもしれませんぞ。。。