タグ: 音質

KZ ZSXという中華イヤホン 2019年11月04日

IMG_20191104_231905

8月の終わりに日本に帰ったついでにKZという中華メーカーのZS10というイヤホンを買った。

もともとはそれまで使っていたBOSEのQuiet Control 30というBluetoothのイヤホンがあったが、これがバックパック一つで旅行に出る際にネックバンドが大きくてかさばるのが嫌で、そこそこ音質がよくてコンパクトにまとまるイヤホンが欲しいという思いで購入したもの。

中華イヤホンのキーワードでいろいろ調べていると、このZS10という機種が片耳ごとにDynamic Driver(DD) 1機、Balanced Armature(BA) 4機という数で搭載されていてなかなかの音質という風に書かれているので買ってみたが、その音の良さに感動した。

それからいろいろとKZのヘッドホンは2000円ぐらいの1DD/1BAのハイブリッドのものやBAを複数積んだイヤホンなどをちょこちょこ買ってみたが、ずーっと最初に買ったZS10を超えて気に入るような音ではなかった。

しかしながら先週末に到着したZSX、これは1DD/5BAの機種だがZS10よりも音が良い(好み)。低音は十分な圧がありつつ、その輪郭もきれいに聞こえてくるし、中域も絶妙なバランス、高音も刺さるような音は出ず聞きやすく非常にクリア。そして明らかにZS10よりも音のなっている空間が非常に広く感じられる。左右の音のパンなんかでもZS10よりもずっとダイナミックに聞こえる。音楽のジャンルも選ばずにいろいろ聞けるイヤホンだと思う。そして多ドラのわりに筐体が比較的小さく形状もよい。個人差もあると思うが、自分の耳にはしっかりフィットし、今までのKZイヤホンの中では抜群のフィット感。これは買ってよかった。

しかし、ZS10とZSXの間にはZST、ZSNなどなど結構買ったが、ZS10、ZSXを聞いた耳にはそれらは結局不必要と感じる音だった。(この辺は好みやどんな音楽をメインで聞いているかってところが大きく左右すると思うが)

とにかくこれからメインのイヤホンがZS10からZSXに変わりそう、という感じです。

IMG_20191101_195858

IMG_20191101_195938

IMG_20191104_231933

KZのWiredイヤホンをWireless化できるBluetoothケーブル 2019年09月15日

IMG_20190921_093307

先日の日本一時帰国時に購入したKZのZS10というダイナミックドライバx1とバランスドアーマチュアドライバx4を積んでアマゾンで約5500円、Aliexpressだと3000円強で買える低価格中華イヤホンがありましたが、これは標準では有線で使う。

これをBluetoothイヤホン化できるケーブルが別売りしているので、それを付けることで無線化することも可能。しかもお値段も1000円程度で買えるのでこれは試さずには居られない。

というわけで買ってみました。

IMG_20190921_093333

IMG_20190921_093351

スポーツ用のBluetoothイヤホンみたいに左右のイヤホンをケーブル一本でつないだコンパクトなタイプでBluetoothモジュールは4.2でAptx対応。箱の中身はBluetoothケーブル本体と充電用のマイクロUSBケーブル、説明書類のみでシンプル。

で、実際に聞いてみたところ、いやー、有線でのいい音をしっかり堪能した後なのでいくらAptxでつないでも音がぜんぜんクリアに感じられなく、音質劣化を感じてしまって、「うーん、これなら多少不便でも有線かな。。。」と思ってしまう。

そしてあまり気に入らない点が以下、

思いの外ケーブルが長くて首周りでだらーんと余ってしまう
バッテリ容量をかせぐためか、ケーブルの左右にBluetoothモジュールのような塊がついている
ケーブル自体は軽いのだが、硬さが結構あって、箱に収められていた時の巻グセがなかなか治らないのもちょっと扱いにくい

というわけでイマイチ使っていこうと思えないBluetoothケーブルでした。個人的には良い点は価格が安いことぐらいかな。。Aptx-HD対応のケーブルも別に売ってるのでそっちも試してみようか?音さえよければ多少使い勝手悪くてもとりあえずは使っていくと思うんですが。。。

Tommy も音が分厚くなっててびっくり 2017年02月09日


↑ 映画のトレーラー

中学生の頃から聞いている The Who の「Tommy」。ケン・ラッセルが監督でいろんなミュージシャンが総出で製作された実写版もあり、多分一番有名なロックオペラアルバムだとは思うが、昔からこのアルバムは音が薄かった。さらにはサントラ盤もちょっと音が薄かったが、それと比べても Who のオリジナルの Tommy のサウンドプロダクションはペラペラで残念な感じだった。

さて2017年、改めて Spotify などの定額制聴き放題サービスで聞いてみるとちゃんと最近のリマスター盤が聞けるようになっていて、なかなかしっかりした音の厚さを出せておりました。

90年代に聞いていたCDの音源から比べてしっかりミキシングのバランスもいいし、スマートに低音の底上げも出来ていて素晴らしい。やっぱり昔聴いてた盤を最新のリマスター盤に変えて聞き直してみるというのは新しい発見がいっぱいあっていいものでございます。

Go To The Mirror! なんかはだいぶ聞き応えが上がりました。それでもまだ Pinball Wizard は音薄いと思いますが。。。

Tommy-Remastered
Tommy-Remastered

posted with amazlet at 18.02.20
Who
Geffen Records (2013-11-11)
売り上げランキング: 104,207

その後のAirPods 2017年08月18日

AirPods 20170821

AirPodsを購入してほぼ1ヶ月使ってますが、結論として久しぶりのいい買い物でした。飽きずにずっと使ってます。ほとんど有線のEarPodsやIn-Earヘッドホンは使ってないです。音質は圧倒的にIn-EarヘッドホンのほうがいいんだけどAirPodsは圧倒的な使いやすさと便利さ、安定性で常用ヘッドホンの座を勝ち取ってますな。

バッテリの持ち時間もほとんど気にしたことないし、バッテリ減ってきても充電も早い、音途切れなどの不安定性もほとんどなくていいことだらけ。普通のワイヤレスヘッドホンではある左右のイヤーピースのつなぎの線がないだけでかなり快適。一人暮らしの部屋の中とかであればスマホ置きっぱなしにして部屋のどこに移動しようが繋がってるし便利でしょうがない。

後は屋外でこのヘッドホンの出し入れの時に手元から落として紛失しないよう気をつけておくこと、それぐらいが懸念点ですな。

普段からいろんなものを買ってる割に全然人にガジェット勧めたりしない自分ですが、久々に、高いけどコイツはオススメです。

APPLE AirPods  MMEF2J/A
APPLE AirPods MMEF2J/A

posted with amazlet at 17.08.21
Apple Computer (2016-12-14)
売り上げランキング: 104

AirPods その2 2017年07月27日

AirPods!

前回店頭に在庫がドカッと入ってきたトコを見てとりあえず買ったAirPodsでしたが、さらに数日使ってみてどんな感じかを追記しておきます。

AirPodsはそもそもカナル型ではないんで、耳の内側の圧迫感が少ないから、形状さえ合えば耳の不快感がほとんどないまま長時間装着が可能だと思います。

耳へのひっかかりのバランスがよく、耳元で音楽が鳴っているのが、そのままイヤホン着けてるのを忘れてまさに頭の中で音楽が鳴ってる状態。これはなかなか陶酔感があります。

個人差がかなりあるとは思うけど自分は耳からすっぽ抜けたりということは一回もなく落とすことは気にしなくてよい感じ。ただ、お店のカウンターでコーヒーなど注文するときに片方だけ外して音楽ストップして注文、支払いの際に指の間にその外したAirPods片方だけ挟みつつ財布の中を弄ってお金を出すその瞬間がめっちゃ落としそう。胸ポケットのないTシャツなんかだと非常に気になりますな。

Bluetoothの安定性も、バンコクの街中で一日中装着して経過見てみましたが、無線で音楽が途切れたのは一回だけ。問題なしのレベルだと思います。前回のEARINと比べると圧倒的な安定性。

残念なのは防水ではないこと。ランニングするときに着けて走りたいが、汗の侵入が気になる。まあ汗はまだしも雨季のバンコク、雨降ってきたら大変です。今ランニングの際はPlantronicsのBackbeat Fitを使っていて、ゴツい本体や音質はともかくコイツのいいところはとにかく防水がっちりなところでスコールの中で音楽鳴らしながら1時間走ったって全く壊れる様子なしです。AirPodsもそれぐらいがっちりな防水性があれば言うことないのになあ。

それでもとりあえず、EarPodsの装着感に違和感を感じない人と、EarPodsの音質が耳に会う人はお勧めだと思います。

↑ Backbeat Fit。これってこんなに高かったっけ?

APPLE AirPods  MMEF2J/A
APPLE AirPods MMEF2J/A

posted with amazlet at 17.07.31
Apple Computer (2016-12-14)
売り上げランキング: 222