タグ: kz

KZのWiredイヤホンをWireless化できるBluetoothケーブル 2019年09月15日

IMG_20190921_093307

先日の日本一時帰国時に購入したKZのZS10というダイナミックドライバx1とバランスドアーマチュアドライバx4を積んでアマゾンで約5500円、Aliexpressだと3000円強で買える低価格中華イヤホンがありましたが、これは標準では有線で使う。

これをBluetoothイヤホン化できるケーブルが別売りしているので、それを付けることで無線化することも可能。しかもお値段も1000円程度で買えるのでこれは試さずには居られない。

というわけで買ってみました。

IMG_20190921_093333

IMG_20190921_093351

スポーツ用のBluetoothイヤホンみたいに左右のイヤホンをケーブル一本でつないだコンパクトなタイプでBluetoothモジュールは4.2でAptx対応。箱の中身はBluetoothケーブル本体と充電用のマイクロUSBケーブル、説明書類のみでシンプル。

で、実際に聞いてみたところ、いやー、有線でのいい音をしっかり堪能した後なのでいくらAptxでつないでも音がぜんぜんクリアに感じられなく、音質劣化を感じてしまって、「うーん、これなら多少不便でも有線かな。。。」と思ってしまう。

そしてあまり気に入らない点が以下、

思いの外ケーブルが長くて首周りでだらーんと余ってしまう
バッテリ容量をかせぐためか、ケーブルの左右にBluetoothモジュールのような塊がついている
ケーブル自体は軽いのだが、硬さが結構あって、箱に収められていた時の巻グセがなかなか治らないのもちょっと扱いにくい

というわけでイマイチ使っていこうと思えないBluetoothケーブルでした。個人的には良い点は価格が安いことぐらいかな。。Aptx-HD対応のケーブルも別に売ってるのでそっちも試してみようか?音さえよければ多少使い勝手悪くてもとりあえずは使っていくと思うんですが。。。

日本一時帰国時に発見した素晴らしいモノ・・・中華イヤホン!KZ! 2019年09月01日

2019-09-01_10-13-50
↑ このデザインはグッとくるよね。

仕事が大変で今まで8年ほど続けていたブログの毎日更新を休んでおりましたがやはりなんらか自分の生活を記録しておかないのはなんか性に合わんというか人生何もしてない感が積り、やっぱり書くことにしました。

さて、先週末は高円寺の阿波踊り参加のため土日のみ日本に帰っておりましたが、今回の日本帰国のコンセプトは「超軽装」。タイみたいな暑い国から日本の夏真っ盛りに帰るので着替え等、最低限で大丈夫だろうし、一度預け荷物もなし、重いバックパックもなしで帰ってみたかったのよ。特にエアアジアだと預け入れ荷物は別料金で金がかかるし。

で、今回はいろいろと持っていくものを絞って、初めて旅行でPCを持たず、iPad miniで代用。PCを持たずに旅行に出る身軽さはなかなかのもので鮮烈な新体験でした。この15年ぐらいはPC持たずに旅行したことなかったもんな。

だが、しかし!いろいろ荷物を整理した中で、愛用のBOSEのQuietControl 30はネックバンドが固定式でケースに入れて持ち歩くとなかなかにでかい。重くはないがでかい。これにちょっと困ってしまった。Quiet Control 30は高いだけあってノイズキャンセリングがなかなか素晴らしい仕事をしてくれるんだけどかなり邪魔。というわけで搭乗ゲートのオープンまでの間、スマホでごりごり検索。お値段高くなくて簡単な構造のイヤホン、お値段高くなく、そこそこのいい音質のもの。

あったよー。良さそうなのが。無線じゃなくて有線だが。。

それがこれ、KZという中華なメーカーのイヤホン、自分が選んだのは見た目でキカイダーみたいにスケルトンで基盤が見える男のメカニカルデザイン!しかもこの機種がKZの中でもかなり評価の高いイヤホンらしいので勢いで購入。日本のアマゾンで買うと約5,600円、Aliexpressで買うと3,000円強。日本に居る土日の間に試してみたかったのでアマゾンで友人宅に送り付け、日曜日に回収。

聞いてみてびっくり。今まで体験したことない音だ。今までこんなにバスドラの音の輪郭がはっきりきれいに聞こえたことはないなあ。中華イヤホン、KZ、これは素晴らしい音とデタラメな価格設定のクレイジーなメーカーですな。これは素晴らしい。いや、やばいなあ中華オーディオの沼にハマりそうな予感がムンムンです。


↑ この人のレビューもすごいぞ。。。なんちゅう情報量。。。

↑ デザインはこの機種が一番好き。