タグ: 製造

タイ生産? 137Degree アーモンドミルク 2017年05月03日

image

最近タイのスーパーTopsで売ってるアーモンドミルク。

個人的にはソイミルク(豆乳)派ですが、アーモンドミルクもなかなかコクがあっておいしい。表記を見ると一応タイの会社がタイ国内で生産しているっぽい。でもそのわりには原材料のアーモンドはアメリカのカリフォルニア産を使用、書かれている。。

image

Manufactured for and Distributed by 会社名 と書かれているだけでManufactured in 国名 とは書かれていないのでもしかしたら他国で生産してるものかも。一応加糖バージョンのアーモンドミルクはきび砂糖不使用、タイのローカルで採れる砂糖、ヤシ砂糖を使っている模様。このヤシ砂糖はかなり黄色い砂糖なので、このアーモンドミルクも無糖のものより黄色が濃い。ローカルのものを精製せずに使うのはいいことですな。

無糖が一番おいしいが、加糖バージョンもヤシ砂糖控えめの甘さでなかなかおいしい。お値段は1000mlのパックで115バーツほど。2日ほどで飲んじゃう量なので決して安くはないが、最近のお気に入りです。

137 Degrees

ขนมจีน カノムチーン制作現場 2015年04月10日

image

彼女の田舎に行くとタイのそうめんみたいな ขนมจีน カノムチーンをよく買いに行くところがあって、そこの家は家業がカノムチーン作りのようで、売ってる横のスペースで作っている模様。一回カノムチーンてどう作るのか見てみたいなあと思っていたら「明日10時に来たら見せてあげるよ、ちょうどまたその時間から作り始めるから」とのこと。ちょっと到着時間が遅れたが見てきました。

image

未だに薪で釜を炊いてるらしい。薪が山と積み上げられていた。

image

カノムチーンは米の粉を塩と水で練って、お湯の中に麺状にしぼり出して茹でて完成させるらしい。これは材料になる米の粉。もち米ではなく普通のタイ米らしい。

この家は3世代に渡ってカノムチーンを作ってるらしいが以前は材料の米の粉まで全部この家で用意していたらしいが、政府だか、農協みたいな団体だかわからないが「品質がよろしくなく、売れない」と難癖が付いて検討の結果10年ほど前から他で作ってる米の粉を購入して製造するようになったらしい。多分、それはよくある嫌がらせと利権で「ここから材料買うなら、流通させてあげるよ」的なものでしょうなあ。どうしようもなかったんでしょうけど、オリジナルの材料で頑張って欲しかったものです。

image

米粉を練る機械。朝10時と言われていたが先にタンブン(積徳)に行くということで遅れて行ったらこの行程は見れなかった。。。

image

練った米粉はこんな機械でモーターでホースに送ります。年代物なのか超ガビガビ。モーターも力ない年寄りみたいでガタゴトガタゴトといつでも「ぷっすん。。」と止まりそうな感じで動いてました。

image

釜はこんな感じで薪で炊いてます。

image

ポンプから送られた米粉はこのシャワーヘッドみたいな口を通してお湯の中へ。。もともと麺自体細くてすぐ火も通るんでしょう、茹で時間も30秒程度ですぐ上げてました。

image

茹で上がったら網ですくって3つの桶に張った冷水でよく洗い、

image

普通にこうやって手で個別に分けて行きます。

ちなみにやっぱり田舎なんで鶏とか犬とかが放し飼いですが、ここの鶏はカノムチーンで育ってますな。こうやってこぼれた細切れなんかをついばみに鶏がうろうろしてました。

んで、完成品が一番上の写真みたいになります。今まで見たことなかったけど、イサーン(タイ東北部)スタイルのスープが透明なカノムチーンナムヤープラーで盛り付けるとこんな感じです。

image

米粉は水を加えると大気中のバクテリアですぐに発酵してくるので、ちょっと酸っぱい臭いがしてきます。それを蒸すとインドのイドリー、水分量多くして麺状に茹でればタイのカノムチーンになるという感じでしょうか。