タグ: 価格

バンコク、南インド飯屋のタミルナドゥのデリバリ飯 2020年05月06日

IMG_20200426_105600
↑ 全然色気のない写真でごめんなさい。手前チャパティ、奥プーリー。

IMG_20200426_105558
↑ 全体的に味が薄い。

ちょっと今まであまりデリバリしてもらったことのないお店で昼飯を頼んでみた。

Tamil Nadu | デリバリーはfoodpandaから

シーロムソイ11にあるタミル・ナドゥという南インド料理屋。ヒンドゥ寺院のあるパン通りの近くだけあって飯の値段は安い。近くの有名店Saravana Bhavanと比べるとかなりお安く感じる。ビリヤニ150バーツ、サモサ60バーツなどなど。。

とはいえ、安い分米もバスマティではなくタイ米で出てくる。そして味がなんとも薄い。個人的にはこの10年ぐらいで食べ物の好みはだいぶ薄味になったが、それでも薄いと感じるほど。食ってるとやっぱりSaravana BhavanやChennai Kitchenで食べる南インド料理が欲しくなってしまうお味。うーん、残念。これぐらいの価格で味がよければかなりリピートしたと思うけど世の中そう思うようにはいかない。。。

先週末はオンシーズンだが人気のないプーケットに 2020年03月08日

2020-03-09_12-28-35

プーケットに旅行。アジア人がいない、タイ人と西洋人だけのプーケット。人がまばらで過ごしやすい。地元の観光業の人は大変だろうけど過ごしやすかった。

夜はプーケットの歓楽街、パトンビーチのバングラ通りでゴーゴーバーに行ってみる。夜のお店も人がめっちゃ少ない。

そして女の子の殆どがもりもりの胸してるので聞いてみたら、豊胸手術したよー、プーケットではやらずにバンコクのヤンヒークリニックでやってる、300mlのシリコン注入で全部で100,000THB(約330,000円)だったらしい。脇下の手術後も見せてもらったが、パッと見は全然わからんほどきれいにしてあった。

勉強になるなあ、と納得してビール2、3本飲んで特に何もせずホテルへ帰る。。

フードパンダを試す 2018年08月15日

自宅マシンのLinuxのセットアップとPythonの勉強をしていると自宅から出るのが面倒になり、バンコクの知り合いから教えてもらっていたフードパンダで昼飯を注文してみた。バイタクで行くと15分ぐらいかかる一番近いインド料理屋に注文してベジビリヤニが約50分で到着。改めてチェックしてみるとインド飯以外にもタイメシ、ファーストフード、日本食などなどかなり選択肢があるし、なかなかいい感じやなかろうか。バイタクの運ちゃんがメシを運んできてくれるが配送料も自分のところまで40THBで配送してくれたし、全然高くない。

あなたの近くのレストランからフードデリバリー | 注文はオンラインで
https://www.foodpanda.co.th/ja/?r=1

20180815-134550-1

20180815-135327-3
↑ わかりにくいですが、パニールティッカです。

20180815-135332-4
↑ パッキングされたビリヤニ。

ピザハットのピザを頼んでみる 2018年06月12日

すべての写真-5032

以前、高円寺にできた Sempre Pizza というお店のピザがかなり良い出来&低価格で素晴らしいと書いていたが、そもそも日本でチェーン店系のピザをほとんど食べたことがなかったので、いちど自分で頼んでみようと思いました。

自宅のすぐ近くにあるピザハットを選んで注文は、フレッシュモッツァレラのマルゲリータとベジ・シュプリームのハーフ&ハーフ、ピザ生地はSempreと同様にクリスピー生地を選択してみる。Mサイズのピザを選んだが、お値段は2,350円。ま、チェーン店のピザとしたら普通のお値段かもしれないがSempreと比べると全然高い。Sempreならハーフ&ハーフではなく、25cmホールのピザを2枚頼んでも1000円強なんだから全然勝負にならない。

で実際に出来上がりを食ってみましたが、完全にSempreの方が味も上。うーん、高円寺住民なら基本Sempreだけで全然ピザは困んない感じじゃないかと。

京都王将 極王炒飯、、、残念ながら全然プレミア感なし 2017年11月21日

IMG_1420

高円寺にも京都王将がございまして、関西出身の中華Eaterとしては非常に嬉しい限りです。

子供の頃から王将で食ってる人間としましては食うメニューは割りと限られておりまして、

「餃子」
「唐揚げ」
「炒飯」
「天津飯」
「野菜炒め」

ぐらい。残念ながら他のメニュー、特にラーメンは何十年も前から京都王将はなかなか残念な感じであります。

そして最近また仕事帰りに王将で飯を食っていたら今まで見たこともない「極王炒飯」などというメニューがございまして、どうやらこれは炒飯の豪華版メニューのようで、お値段も普通の炒飯の1.5倍ぐらいする強気炒飯。

メニュー:北海道・東北・関東・信越 | メニュー | 餃子の王将

前々から一回は食っとかなきゃあいけないと思いながら早幾年、先日食いましたがな。

それが上の写真なんですが、炒飯がしょぼいのか、自分のiPhoneで撮る写真の腕が悪いのか、全然高級メニューに見えない貧相ぶり。食してみますと、プリプリしたエビとゴツい三枚肉系チャーシューが結構ゴロゴロ入っております。だけど、、なんだろうね、高級な炒飯ってぜんぜんうまくないんだわ。冷や飯に油ドバドバ入れた中華鍋で卵とネギと申し訳程度に入ったみじん切りチャーシューが恋しくなる。。。やっぱ炒飯も安いものほど美味いんじゃなかろうか??

というわけでやはり次からは京都王将では普通の炒飯を食いたいと思います。といいつつ、これは食ってると確実に太るので出来れば食わないようにしたいなあ。。。。