タグ: ヤマハ

YAMAHA QBIXのスマートキーのバッテリーは一年しか持たなかった 2019年12月20日

CR2032 電池 - P5251273
↑ CR2032でした。

去年、今の仕事先に就職して、自分の足が欲しくなって「やっぱバイクだ」と今までのホンダ車生活に見切りをつけて新たにYAMAHA QBIXを購入したわけですが、このバイクが非常に快適でよく走り、キャストホイールなんでパンクも少なく、ほぼ言うことなしなバイクだった。

一つ文句を言うならフロントのショックの感覚がイマイチよくない。ブレーキ強めにかけて道路の凹凸なんかに突入するとサスが底打ちするようなカンカンカン、という聞いててもあまり気持ちの良くない、そして手に伝わる振動も気持ちの良くない挙動をする。

が、やっぱり走り自体には問題はないので無視してるが。

で、最近スマートキーが不安定になって、エンジンのセルが回らなかったり、セルが回ってもエンジンにまったく火が入らなかったり。

「なんだこれは?」と思っていたけど、ふと電池切れかな?と思ってコイン電池を交換してみたらそのとおりで、ちゃんと動作が安定し出した。

スマートキーのバッテリってこれぐらいの寿命しかないのね。ホントに?みんなスマートキー付きのバイク持ってる人ってこれぐらいで交換してるのかね?短すぎるような気がするんだが。。。


↑ 改めて考えてみると好きだったバイクはYAMAHA車が多かった気がする。

YAMAHA QBIXにコンビニフック装着 2018年09月25日

すべての写真-7268

まあ、写真のとおりです。このイグニッションスイッチとスマホを充電しながら入れることのできるフロントコンパートメントの下という絶妙に低い場所にYAMAHA純正のコンビニフックを取り付けました。スマホ充電用のシガーソケットとかは標準装備してるのにコンビニフックがついてないというのは順番が逆じゃないだろうか??まずこっちからだろう。。。

しかもこの低さが絶妙でコンビニやスーパーでちょっと大きめの袋に入れてもらうとバイクのステップのところに届いてしまい、荷物の収まりが非常に悪い。。。

とはいえあればあるで確実に活用するモノなのでとりあえず付けて便利にはなりました。純正で550バーツ。約2000円弱です。

バンコク生活にやっぱり必須だ、バイク購入 2018年09月15日

最後に追加した項目-180

バンコクも最近は雨がダラダラと降り続きがちでバイタクを使っての移動もなかなかつかまらなかったり、大いに濡れてしまったりと不便でしょうがなく、やはり自分のペースで移動できるように、自分のバイクを買ってしっかりしたカッパを積んでおけばいろいろと便利そうで物色中でありました。

メットインスペースの大きさを重要視してYAMAHA QBIXかAEROX155が有力候補。ほとんどQBIXに傾いてますが、ホイールが12インチで小さいのが唯一気に入らないところ。AEROX155はホイールも14インチで排気量も大きくスタンダードモデルなら63,500THBぐらいでこのスペックからしたらお安い。うーん、、、、

最後に追加した項目-182

でももう購入する日を決めてしまって買いに行く。最終結論はQBIXのABSモデル。いろいろ込みで66,000THBの出費。でも通勤でバイタクを毎日乗ることを考えるとこれぐらいの値段のバイクでも全然元が取れる。

生まれて初めてのキーレススターターなバイク。タイの車やバイクの細かい装備品って日本と比べると全然しょぼいというイメージはあるものの、日進月歩はしているという感じですな。便利なんだろうけどなれないからまだまだ大変。毎回出発時、駐車時に戸惑ってます。

最後に追加した項目-184

QBIXはスクーターと言えどしっかり125ccあるから加速はいい感じ。低速の出だしはなんだかスカスカという印象があるが、坂道などでの発進のときにはしっかりしたトルクだったし、中域の粘りがなかなかで必要なときにしっかりした加速感を出してくれる。シートが高くて小さいおっさんの自分には足つきがいまいち悪いんだが、それでも走り始めるとシートに深く腰をかけて若干体重を後ろめにかけるとポジションと運転感覚でバランスがいい。

股でボディを押さえこむスタイルのライディングでないと落ち着かないとずっと考えていたが、スクーターでもしっかりしたものです。かなり気に入っておりまして用事もないのに出かけたくなるのを抑えております。

カブもいいけどスクーターもね!と言った感じでしょうか。