結局ハーフマラソンの大会はVR RUNになってしまった 2022年01月25日

久しぶりにマラソンを再開しようと思って2022年いっぱつめにエントリしたマラソン大会、ナコンパトムで行われる King’s College Half Marathon 2022 がオミクロンの感染者増加で一度は延期か?となっていたみたいだけど結局大会開催を取りやめにしてVR RUN形式に変更されたとのこと。VR RUNとは1箇所に集まるマラソン大会ではなく、エントリした走者それぞれが個人で期間内の好きなタイミングで走ってその走行記録をスマホアプリなどで記録して大会事務所に送ることでメダルやらフィニッシャーTシャツなどがもらえるようなもの。今回のKing’s College Half Marathon 2022の場合は、2022年02月01日から20日までの間にそれぞれがエントリした種目の距離を走り、ハーフマラソンならその記録とプラス走っているところの写真を3枚撮って一緒に送る。大会のTシャツなどは02月20日から順次発送となるみたい。

まー、しょうがないちゃあしょうがないけど、結局これだと練習で公園走ってるのと何も変わらんようになるのよねー。たぶん自分はまたルンピニ公園を20km走ることになるでしょう。まあ、ルンピニ20kmは流石に飽きるので遊歩道通ってクィーンシリキットの公園の方まで走ろうかな。とりあえず大会の予定日だった今週日曜日30日に。いやしかしギリギリまで現地の宿取ってなくて正解だったわ。。。

THAI SIKH RUN 2019 2018年12月14日

Screenshot_20181211_131029

来年からまたマラソンを走ろうと思ったが、ちょっとブランクが開いているのですぐにフルマラソンはさすがに足がついてこないと思って最初の数回はハーフを走ろうと思いとりあえず1月27日にバンコクで開催される上のTHAI SIKH RUN 2019というのにエントリーした。

コースがバンコクの中華街のあたりと聞いていたが、改めてマラソンの大会名などを考えると、これは「タイのシク教徒のマラソン大会」っぽい。なんとスタート地点がパフラットのあのシク教寺院。12年前のバックパッカー時代にタダ飯を食らいに毎日行ってたお寺だ。出走者もインド系のシク教徒ばっかりなんだろうか?適当にエントリしたものの、ちょっと参加が面白くなってきました。

ベンジャキティ公園が思ってたよりアーバンな風景だった 2018年10月28日

すべての写真-7564

さて、まるまる1年ほどご無沙汰だったランニングですが、最近やっぱりビール飲むのを止めてから体が動かしたくなりランニングを再開しました。

今回就職した会社はバンコクのウィタユの通りにあるのでせっかくだからと長〜い歩道橋を歩いてベンジャキティ公園に走りに行ってみました。で、大きな池のある公園の外周コースに出てみると、、「!!」

すべての写真-7562

すべての写真-7563

なんだか2010年代ももうそろそろ終わろうとしている今の風景じゃないみたい。80年代のキラキラしたTV番組や映画で見たようなアーバンなシティな風景。なんかちょっとドキッとしてしまいましたわ。ベンジャキティ公園ってこんな感じだったのね。これはいいやまた来よう。。。

東京での生活はホントによく歩くわ 2017年10月08日

image
↑ 深夜の高架下「立ち小便禁止」の看板。微妙に懐かしい景色。

いやー、日本、特に東京だろうけど、こっちの生活は徒歩移動が多くて何気に運動量が多い。タイと違って道路の整備状態がいいからあまり歩き疲れなんてのを感じさせないから余計に歩く。タイなら「疲れるから」と言ってすぐにバイタクに乗ってしまうような習慣だったから何気ないこの無意識な変化は素晴らしい。

毎日酒飲んでるけど運動量は多少あがってるはずだ。

そして昨日たまにゃあ休肝日をと思っていろいろの作業を終わらせて深夜にランニング開始。

高円寺北口のロータリーから環七に出てそのまま環七北上。ずーっと走っていったがランニングもとても楽。日本は環境イイね!長らく走ってなかったのにとりあえず10km走り終えることが出来ました。ちょうど新桜台の駅の入口まで来て折り返して高円寺に戻ってきた感じです。

そもそもの運動量はバンコクと比べて上がるんだから食生活をそこそこ最適化したらたぶんそれなりに締まるはずなんだが最近どんどん太ってきてるんだよなー。

image

またまたど田舎でランニング。相変わらずいい景色 2017年06月08日

image

今回も彼女の田舎に来るのにちゃんとランニングシューズとシャツとパンツとBTヘッドホンも持ってきてた(前回、前々回あたりはサボって結局走らなかった)ので、早朝6時から田舎道をランニング。

地元の犬軍団と並走したり、未舗装のダートをトレイルみたいに走ったり、いきなり蛇が出てきそうなあぜ道になってしまったり、水たまりを避けてジャンプしたらちょうど着地地点に牛糞がどっさり落ちていたり、ムーバーン(集落)の辻を間違えて曲がってとんでもない方向に走ってたりといつもどおりの展開。ホントに毎回道を間違える。都会っ子だからか街中の曲道は周囲の看板などをちゃんと覚えていて間違うことはほとんどないが、田舎道はよく間違えてしまう。

田舎なので朝6時から走るつもりでいても、早朝から寺にタンブンに行くという彼女に邪魔されたりといろいろありますが、タイの田舎もやっぱり自然は綺麗で走ってて楽しい。また次回も走ろう。

image

image

image

image