HONDA PCX155 2021年モデル、給油口が開きにくい件について 2021年11月03日

IMG_20211102_085702

新車購入当初はめちゃくちゃお気に入りだったHONDAのPCX155 2021年モデルですが、しばらく乗ってるうちにいろいろわかってきました。このPCX、日本でも絶賛されてるが、やっぱりいろいろと問題個所もあるなあと。個人的に一番デカい問題はタイヤのふんばりが効かず、特に雨天だけどちょっとブレーキかけただけで前輪がロックしてしまい転倒。これが2回あった。そして先日路面に砂が浮いていたものの同じく前輪ロックで3回めの転倒。今まで25年ぐらいバイク乗ってきたけど、こんなにコケるバイクは初めて。まあ、タイヤの踏ん張りが効かないのか、逆にめちゃくちゃブレーキが効きすぎるからタイヤがロックするのか、空気圧を変えたり、ブレーキレバーを調整して握り始めからブレーキが利くポイントを変えたりとか、左右同じように握っても後輪ブレーキから利くように調整したり、今はいろいろテストしてます。死ななきゃいいけど。

で、もうひとつ問題なのが、タイ人のFacebookグループでも頻繁に議論されてるガソリンの給油口が開かなくなる件。自分のPCXも発生。購入してから3か月ぐらいから開かなくなりました。もう最初のうちはガススタに入っても開かないからパニクったり、ガススタの店員が定規持ってきてくれてこじ開けたりしてました。一番上の写真はスマホリングを給油口の蓋に取り付けて開かない場合にリングで引っ張り上げようと考えてましたが、給油口蓋がゆるやかな曲面でうまく張れず断念。

結局以外と簡単に家の鍵などでこじ開けられることが判明。

IMG_20211102_085717__01

IMG_20211102_085728__01

これだけ。重要なのは給油口の蓋の横のスペースに鍵をこじ入れること。下の隙間に入れようとしてもスペースが狭くてうまく入らない。こじ入れたら鍵の先で蓋を押し上げるようにクリっとひねると簡単に開きます。まあ、この鍵をこじ入れるところがすぐに傷だらけになりそうですが。。。

今はまだ未テストですが、開閉のフックが引っかかっている部分にシリコンオイルなどを塗るという方法もあるかもしれない。今度の週末にでも試してみます。。。

アストラゼネカ2回め、そしてまた雨でバイクでこける 2021年09月09日

Crash

なにがミシュランのCity Gripや。また雨天の道路ですべってPCX155でコケました。しかも2回目アストラゼネカの帰り。雨の中転倒して軽くタクシーの後部バンパーに接触。タクシーのほうは特に問題ないとのことで(てか元からボロボロ)めんどくさいことにはならなかったですが、またPCX155のカウルに傷が入ってカウルのはめ込みがはまらなくなりました。。。うーん、なんか前のバイク(YAMAHA QBIX)と比べてもめっちゃ滑るような気がします。タイヤ交換すべきかな。。。もしくは考えられることとしては、ちょっとタイヤの空気圧も高い気がするから少し圧さげたほうがグリップ増すかな?タイヤの空気圧も結構シビアで空気入れすぎるとタイヤが設計通り扁平しないので摩擦抵抗が落ちるんじゃないかと思ってます。買ってから3か月ですでにボロボロになってきつつあります。ていうか、なんかこの状態で乗り続けるといつか死ぬような気がします。。。どうしようかな。。こんなに雨天時にすべるバイクだとは思ってなかった。

ミシュラン City Grip もタイの路面には歯が立たない 2021年09月01日

0511569_amb

8月の頭、雨で濡れた路面で思いっきり滑って新しいバイクPCX155の横っ面に思いっきりこすり傷を付けて、グローブボックスが閉まらなくなってしまったわけですが(コロナ禍でバイク購入したお店がクローズ中。未だにマスキングテープで応急処置)、その話をタイ人同僚としていたら、「タイヤは何穿いてるの?ミシュラン?IRC?」と聞かれた。

日本の価格コムなどでPCXのタイヤはミシュランのCity Gripがよい、今まで雨天時にグリップがいいタイヤってのは摩耗が早かったが、City Gripは雨天時のグリップもよく、耐摩耗性も割とよい」というレビューが多かったが、タイ同僚の意見も「ミシュランの、あの、ちょっと高いやつ、」「City Grip?」「ああ、それ、それが滑らないし、割と長持ちする」とのことで、タイでも同様の評価みたい。なるほどミシュランのCity Grip、結構いいのね。

って、2021年の新型PCX155はミシュランのCity Gripが標準装備じゃい。後で改めて自分のバイクのタイヤ確認したけどちゃんと側面に「Michelin City Grip」って書いてありましたわ。そのCity Gripでもバンコクの道には歯が立たないの。たぶんモンゴル相撲の力士みたいにぬるぬるしてるんだろうね。それ以来雨の日は怖くてあまりスピード出さなくなりましたよ。。。

51.8km/l、ネバヤン 2021年08月13日

2021-08-14_10-04-33

今年買ったホンダのPCX160、先の記事でアクセリングに少し気をつけるようにしたら45.0km/l前後だった瞬間平均燃費が48.0km/lあたりまで上がったことを書いたが、1回給油してトリップメーターをリセットしてから再度燃費上げにトライしてたら今度は51.8km/lまで出るようになった!これずっとガス無くなるまでキープ出来たら今まで45.0km/l x8.1l(ガソリンタンク容量)=364.5kmから51.8km/l x8.1l = 419.58kmの差分55.08kmも1回の給油で多く走れるってことか。めちゃ変わるもんですなあ。

で、話関係ないけど久しぶりにNever Young Beachを聞く。これ、2017年、2018年に東京に居たときに大学の時の友だちのウエノくんと伊豆にイカ釣りに何度も行って(全回を通してボーズという記録的な不運の釣行。。。)その帰りの車の中でラジオでネバヤンを聞いた。正直、もろはっぴいえんどフォロワーでやり過ぎやなーとは思ったものの、伊豆への釣りの帰り、新緑の季節ってのも手伝って非常に印象に残ってる。やはり結構好きです。

ちょっとしたアクセリングの工夫だけで燃費+3.0km 2021年08月08日

IMG_20210808_184700

いって45.0kmぐらいだったHONDA PCX160の燃費がアクセルを大きく開けないようにと気をつけて、乗用車に乗るような感覚で急加速や急停止を要しないぐらいの落ち着いた運転を心がけただけで燃費が48.1km、実に3.0kmも変わってくることが判明。このバイク、160ccクラスとしては割と大容量だと思われる8.1リッターもガソリンが入るから、これだけで3×8=24kmも一回の給油で走る距離が変わる。まあ、瞬間燃費だから結果はまた変わるのかもしれないが、それでも結構変わるものだ。こういうバイクでの小さな遊びも面白い。

しかし、学生の頃に2ストの50ccスクーターが全盛だったが、その頃は50ccでも20km/lぐらいしか走らなかった。おなじみの燃費がずば抜けて良いバイク、スーパーカブでもカタログ値が約100km/lで、実燃費が40-50km/lだったように思う。まだまだバブルの残り香のあった90年代半ばの日本で、これから先も技術革新が進めば小さい排気量のバイクでももっとガソリン使ってバカみたいなパワーを発揮するバイクが生まれてくるんだろうなあと考えていたら、知らぬ間にキャブ車は製造されなくなってインジェクションのみになり、160ccで実燃費でも45km/lも走るバイクが出てくるとは思ってもいなかったなあ。

先週の雨の日、バンコクぬるぬる道路ですべってすっ転んだので横っ面は傷だらけですが、それ以外はなかなか調子のいいPCXです。コロナ禍で外に出にくい、出ようとも思わない日常ですが、お気に入りのいいバイクです。


↑ トップケースなんでこんな値段してるの?