OISHI RAMEN の ข้าวหน้ากระเพรากรอบเจ カオナーガパオクロープジェー、カリカリガパオ丼は超残念な代物 2020年09月30日

IMG_20201003_150829

前回の OISHI Ramen でマーボーラーメンを食べてみたら想像以上にうまかったので、ちょっと欲を出して別のメニューにも手を出してみました。

期待以上の OISHI Ramen のベジタリアンメニュー、マーボーラーメン 2020年09月28日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

実は職場のオフィスが入ってるビルの OISHI Ramen は人気がまったくなく、潰れないのが不思議と書いたが、今日行ったらシャッターが半分閉まっていて、客席のテーブルの上に何かを満載にしたビニール袋がいっぱい置かれていてスーツ姿の人間がいろいろと書類片手に話し合っていた。「あ、潰れたか。。。」と瞬時に判断。道路わたって向かいの STREET というショッピングモールに向かう。こちらのビルにも OISHI Ramen が入っているのだ。

で、STREET の OISHI Ramen ではほかのベジタリアンメニューもあったのでとりあえず ข้าวหน้ากระเพรากรอบเจ カオナーガパオクロープジェー、カリカリガパオ丼なるものを試してみた。

シメジやピーマン、唐辛子、そして OMNIMEAT を具材にガパオ炒めになっており、上から揚げたガパオの葉っぱをトッピングしてある丼。まず第一にタレの味が濃すぎて辛い。塩辛い。油っこい、味の素が強すぎる。そして唐辛子が結構な量が入っていて味が濃いうえに辛い辛い辛い。途中しゃっくりが止まらなくなってしまった。こんな味の強いジャンクなテイストの食事は40 超えたおっさんにはきついなあ。。

このカリカリガパオ丼は個人的には完全アウト。次回以降絶対注文はしない。うーん。。。なんかマーボーラーメンが OISHI Ramen で一番うまいベジメニューで、意外とイケると思ってほかのメニューも試してみるがどれもマーボーラーメン以上にはうまいものはないというせっかくのチャレンジの努力が実らない残念なパターンである気もしないでもないです。でもせっかくだから OISHI Ramen でもう一品ぐらいは試してみるか。。。


↑ マルコメがソイミートのガパオライスのレトルト出していた。

OISHIのเจ, ベジタリアンメニュー 2020年09月16日

2020-09-18_05-59-44

うちのオフィスのビルに入ってるOISHIの立て看メニュー、ベジな自分としては嬉しいことにベジメニュー(เจ)です。

が、

上のほうに写ってるのが ราเมนผัดซอสโหระพาเจ ラーメンパットソースホーラパージェー。ガパオのように見えて実はガパオではなく、たぶんソイミートとスイートバジルのソース炒めラーメンという聞いててもイマイチどんな味なのか想像しにくいメニュー。

そして下のほうに写ってるのが มาโบโทฟุราเมน マーボードーフラーメン という、これは味がまだ想像しやすい名前のメニュー。

ただ、どっちの写真を見てもぜんぜんうまそうに見えないのがなんとも言えないところ。まあ、自分がベジで、あまり選択肢の少ないバンコクのベジメニューなのでとりあえず試してみたいとは思いますが、あんまり気が進まないんだよな。。。まあ、後日うまくてもまずくてもご報告いたします。

ベジ用のバーガー、ムートート、乾燥シイタケの軸をFBで購入 2020年09月15日

IMG_20200912_102539__01

最近 facebook でバンコクベジタリアングループに参加したらベジ用食材を作ってる業者の広告もいろいろと投稿されていた。その中で先の記事にも書いたけどチェンマイソーセージであるサイウアなんかも買ってみたら、他にも同じ業者がベジのハンバーガー用パティも作ってたり、ムートート หมูทอด という豚の揚げ物(結構形態はいろいろある)も作っている模様。なのでこれらも早速注文。

IMG_20200912_102545

IMG_20200912_102526

ベジバーガーパティはやっぱりイマイチ。ソイミートともお肉とも違ってなんだか変わった食感の何か。

IMG_20200912_115915
↑ ベジバーガーをフライパンで焼いてるとこ。

IMG_20200912_115918
↑ ムートートをフライパンで温めてるとこ。

ムートートはたぶんソイミートの薄いやつを揚げてる感じ。こちらは歯ごたえ良くなかなかおいしい。ちょっと甘いが。。たぶんごはんと一緒に食べるとおいしいはずです。

そして問題のしいたけの軸。500gと大量。かつ乾燥ものなので一旦お湯などで戻してから使うんだが、お肉のような食感に調理するには佃煮のように煮詰めるか、叩いて繊維をほぐす必要があるかと思う。ただ、しいたけの軸の調理法ってあんまりネットでもレシピが出てないんよね。昔オーガニックマーケットで食べた牛肉風にしたしいたけの軸の炒めものがなかなかうまかったので自分でもそれを作ってみたいと思って買ったが500gは量が多かった。そして結構調理が難しい。。まあ、乾物で日持ちするのでじっくりといろいろ調理してみて試してみるが。。。

で、結局人におすすめ出来るものはムートートぐらいでしょうか。。。


↑ アマゾンでもしいたけの軸売ってますな。500g、1kg、、大量。

スタバでBeyond Burgerが売っていた 2020年09月13日

IMG_20200915_130901

いつもお茶を買うスタバでふとフードの入っているケースを覗くと、「Beyond Burger」の文字が。

おお!タイのスタバにもベジの人間も食べられる人工肉ビヨンドミートを使ったバーガーが登場するとは。お値段は165バーツ。

IMG_20200915_130907

チャバッタを使ったバンズと中身はビヨンドバーガーのパティ一枚とチーズのみ。しかしこれ、前回どこかで食ったビヨンドバーガーより数段おいしかった。肉の焼き方が絶妙に上手くて、外側の香ばし感と中が若干ミディアムな感じが残っていて食べた瞬間「ああ、ビヨンドミートって焼き方で結構味が変わるな」という印象。自分で焼いて食べるという人も焼き方の参考のために一度これを食べてみると面白いと思います。

しかし、このビヨンドバーガー、結構うまい。自分は特に肉が欲しいと心の底から思うことはないけれど、こういうベジ向きの意匠に富んだもどき料理は大好きです。実際にベジの人でもない人がこのスタバのビヨンドバーガー食べてみてどう思うか聞いてみたいところ。


↑ 日本のアマゾンでもまだビヨンドミートもインポッシブルバーガーも売ってないか。。

チェンマイソーセージのヴィーガン仕様、サイウアジェー(ไส้อั่วเจ)を喰らう 2020年09月07日

2020-09-08_12-15-14

facebookのバンコクベジタリアングループに投稿されていた記事で、北タイのソーセージ、サイウアのベジタリアンバージョン、サイウアジェー ไส้อั่วเจ を作ってるところがあったのですぐにFBメッセンジャーでコンタクト、銀行振込でお金振り込んで自宅までベジサイウアを送ってもらった。

注文したのが晩で、次の日の朝に発送済み連絡、その次の昼間には受け取りしました。発送の連絡は詳細でしっかりやってくれる。が、やっぱりコンシューマー向けの配送では冷蔵での配送をやってるところがないのか冷凍でもない、冷蔵でもない状態のパックで到着。とりあえず冷蔵庫で再度冷やして保管。

Screenshot_20200908-122030__01

Screenshot_20200908-122055__01
↑ 雑な写真でごめんなさい。前投稿で書いたようにyoutubeもやろうと思ってVLOG用に動画は撮ったが写真を撮り忘れる。慣れんわー。。。

晩メシに食べようとカットしてフライパンで加熱。見た感じはかなり本物と近い。焼いたときの匂いなどもそのもの。

Screenshot_20200908-122155__01

さて、テイスティング、実食。

。。。

。。。。

うーん、なんかだいぶもっちりしててソーセージの食感とは違うなあ。。。生麩にいろいろとサイウアのハーブ足したような。。。たぶんグルテン使ってるんだろうなあ。。これならソイのほうがもっと美味しくできるような気がするが。。スパイスなどは本物のサイウアとまったく変わりなく芳しいのですが、フェイクミートの再現性がイマイチかな。ベジの人でどうしてもサイウア食いたい!っていう人には向いてるかも。400gで95バーツと割とお値ごろなのもいいかと思います。

ครัวบ้านย่าอาหารเจ – ホーム
↑ 上記facebookページからメッセンジャーでコンタクト取って買うことができます。