タグ: フェニックスモール

チェンナイ最後の日は映画館にて映画鑑賞 2018年08月25日

20180824-112016-2
↑ 無駄に豪華な映画館のロビー。

インド最終日は飛行機のフライトが夜で、当然宿泊してる宿は12時のチェックアウトで出ないといけないのでフライトまでの時間をどう過ごそうかと考えておりましたが、かなり暑いのでまちなかを歩き回って汗だくになった状態で飛行機には乗りたくないと思いエアコンの効いたところはどこかないかと考えていたら「そうだ映画を観よう」ということになりました。

で、向かったのはやはりPhoenix Mallの映画館LUXE。一番上の写真が映画館のロビーなんですが、超豪華インテリア志向です。

20180824-112012-1

席の予約はスマホ連携で40インチぐらいのディスプレイを贅沢に使ったシステムで。ここも無駄に豪勢。自分もこれで予約しようと思いましたがなぜかクレジットカード決済がうまく進まず、結局有人のカウンターで購入。

20180824-112034-4

20180824-131451-2

20180824-131506-3

20180824-131819-4

金キラ、キラキラ、豪華。それでも床には客のこぼしたポップコーンが散乱していたりと多少ちぐはぐ。

20180824-132243-7

シアター内に入るとここはそれほど豪華というよりこじんまり。それなりの内装に収まってます。観た映画は「MERKU THODARCHI MALA」という映画で南インドの農村のスパイスプランテーションの話。なんか共産党とかも出てきていろいろ村のいざこざが、、、みたいな話でしたがタミル語で字幕もなしなのでさっぱりわかりませんでした。。。

しかし、インド映画と言えど歌と踊りは全く出てこず、農村の一人の青年が結婚して家庭を持って、、のようなわりかし淡々とシリアスに描くもののようでした。上映時間も間に休憩を挟む二時間超えの長尺。とりあえずは眠らずに見ることができました。

映画が終了したところでは控えめながらお客さんから拍手が。あまり興奮してオベーション、という雰囲気ではなかったのでインドでは映画鑑賞の終了時にはマナーとして拍手で退室、というのがマナーなんかな?

チェンナイでタイのNon-Bビザ取得を試みるも不可 2018年08月20日

20180820-095731-2

私用のインド旅行ですが、ついでにチェンナイで次の仕事のBビザを取得して帰ってこれたら一石二鳥じゃん、と考えて会社からビザ申請用のドキュメントを預かって月曜日の朝イチでビザ発給センターに向かった。次の会社でもチェンナイでのBビザ取得は実績がないが、トライしてみるなら書類は用意すると言ってくれた。なのでドキュメント抱えてチェンナイのタイ領事館に出向くも守衛のおっちゃんにビザはここでは受け付けてないと言われてビザ発給センターに向かう。入り口からインド人が長蛇の列を作っていて不安この上ない。

まず入り口では役所らしい偉そうなオバちゃんがビルに入るにはPCなどは持ち込めないのでロッカーサービスに預けて来いというので預けに行くとなんとロッカーサービスは1時間で100ルピーとのこと。ロッカーもなくただ単に係の人間がカウンター内にバックパックを置いておくだけで1時間100ルピー。超ボッタクリのサービスが役所らしさ爆発。

100ルピーを払って荷物を預け、再度入り口の金属探知機のゲートのキューを待つ。横入りしてくるインド人を押しのけ押しのけなんとかビルに入るも、タイのビザ申請は取りに来る人が少ないのか、中の人に聞いても2度も間違った場所を案内され時間を浪費する。そしてやっと「タイのビザ申請はココか?」「YES」と言ってもらえるも、「Bビザの申請に来ました」というとけんもほろろに「ここはインド人以外のビザ申請は受け付けていない」とのこと。せっかくここまで来たのでいろいろと食い下がって質問してみるもやはりインド人以外は受付ないとのこと。うーん、失敗か。。。おとなしくインドから帰国した後ビエンチャンかどっかで取得することにします。。。

さて、少なくとも半日、場合によっては一日仕事かと覚悟していた作業が早くもなくなったので、そのまま街歩き結構。朝10時ぐらいのチェンナイは容赦ない暑さとなっておりました。

20180820-100713-5

20180820-101034-6

そこからオートリキシャに乗って、これまた事前にyoutubeで調べておいたチェンナイのスタジアム横のベジミールス屋に向かうも時間が早かったのか準備中。しかたなくすぐそばのティファン屋(軽食)でサモサ、パコラとホットチャイで充電してさらにチェンナイの電車に乗ってみる。

これがまたすごい駅で、まさに「廃墟じゃん」と口からポロッと言葉出てくるぐらいのビジュアルでした。。しかも真っ暗でどこでチケットが売っているかわからない。普通にさまよってたら改札もゲートもなくそのままホームに出てしまった。完全にノーチェックの鉄道運営です。

20180820-102007-9

20180820-103027-14

なのでホームに居る駅員に聞いてチケット売り場を確認するともと来た場所のすぐ横だったらしい。暗くてまったく気づかなかった。一回乗車一律5ルピーのチケットを買って電車に乗る。廃墟の駅だが電車はそれなりに10分おきぐらいに来てるようでした。

20180820-103158-15

20180820-104426-20

20180820-110518-25

そこからずっと電車に乗ってネットで見たマイクロソフトのオフィスがある新市街へ。ズズ黒いインドの街が川を渡ると徐々に開けてきて豪華なオフィスビルが見えてくる。新市街は遠目に見ると非常にきれいで同じチェンナイかと思ってしまうが近くまで行ってよく見るとオフィスビル以外には道路しかなく、どこかで飯食ったり、コーヒー飲んで休憩するようなところはまったくなく、手持ち無沙汰だったので早々にまたオートリキシャに乗ってフェニックスモールというインドで一番ナウなショッピングモールに向かう。フェニックスはタイのセントラルみたいにインドの各都市に展開してるハイブランドショップがいっぱい入ってるショッピングモール。

20180820-121015-8

汗が噴き出してくるので地下のスターバックスに避難。月曜の午前中だからか、休みなのかと思うほどスターバックスには人が入っていない。貸し切りスタバで汗がひくまでゆっくりして中を歩いてみるもそれほどおもしろいものもなし。スマホやデジタルガジェットは品揃え的にはタイとあまり大差なし。ただし、タイと違ってインドにはアマゾンがしっかりと進出してるのでKindleやEchoなども普通に売っていていいなあと思う。

20180820-113724-34

そのままホテルに戻って休んでもよかったがどうせなら、とさらにチェンマイで人気のショッピングモールであるExpress Avenueにも向かう。なぜかExpress Avenueのスタバは大盛況。インド人の若いかわいいお姉ちゃんが黙っていてもスターバックスインディアの無料会員カードを作ってくれたがそのカードの柄が非常にアジアンチックでかわいいセンスのいいものでした。

20180820-141743-25

20180820-142134-26

20180820-145647-28

そしてまたオートリキシャでホテルに戻って晩までグダグダし、晩飯にまたポンディ・バザールに出て昨日食い損ねたShri Balaajee Bhavanで晩飯。またベジ・ビリヤニ。

20180820-204220-7

今日は盛り沢山でした。汗かいて疲れて寝ました。。。