タグ: インド飯

インドの屋台料理そのもののようにMaggiにマヨ入れてみたら。。 2020年07月30日

↑ これはマヨなしバージョン

インドの屋台飯で有名な「今日ヤバいやつに会った」さんの動画では屋台飯にアホみたいにチーズやマヨネーズ入れる絵がいっぱい出てくるがあれって美味いんだろうか?

インドのインスタント麺Maggiにストックがあったのでマヨ入りMaggiを試してみた。

とは言っても普通に鍋で煮込んで作っていく過程でベジマヨネーズをにるにるにるにるにるにるにるにる、と入れてかき混ぜるだけ。

出来上がって食べてみると、、これが非常にクドい!インドのMaggiてそのままでも麺が油臭くてそこそこクドいけど、クドさ爆発であります。

みんなこんなもの食ってるのか。。みんな太鼓腹になるわけだ。。

Pullman Bangkok Grande Sukhumvit でインドカレー食い放題 2019年11月10日

IMG_20191107_124339

知り合いの人が教えてくれてバンコクはAsokeのPullman Bangkok Grande Sukhumvitでインドカレーの食い放題ビュッフェがあるらしくさっそく一緒に行ってきました。

CURRY ON! – Pullman Bangkok Grande Sukhumvit

期間限定、2019年11月いっぱいまでで、平日の木曜日と金曜日の毎週二日間のみで12:00-14:00までと非常に限られた条件なんだが、インド飯ビュッフェが楽しめる。僕が行った時のビュッフェメニューは以下でした。

バスマティライス
ナーン
アチャール
ライタ
フルーツ

肉系カレー(食わず)
もう一つ肉系カレー(食わず)
ダールカレー
サグパニール
ベジコフタが入ったカレー (Punjabi Curryと書いてあったような)

IMG_20191107_120433

IMG_20191107_122238

で食い放題になっていたが、たぶん日によってカレーの内容は変わるのかな?ベジの人なら南インド系を期待して食いに行くかもしれないが基本的にここのカレーは全部北のカレー。とはいえ、やはりホテルだけあって十分にうまいです。ナーンとライスで腹がパンパンになるまで食えて、

事前のオンライン予約:199バーツ(ただしドリンク別料金、事前予約したら安くなるかと見せかけてフリードリンクが外されるという変なトラップがある)
予約なし:249バーツ(ドリンク込み)

ドリンクはコーラとか7アップとかありました。

しかも上記の値段でVAT7%とサービスチャージ10%が込みというのでぽっきり価格。ビュッフェでこの価格は結構安いと思う。スクンビット界隈のインドカレー屋に入ると、カレー一品頼んだら250バーツぐらいはするのでもとは全然取れるぐらい。

味よし、量よし、コスパよしと三拍子で、11月終わるまでにもう一回は行きたいビュッフェでした。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理
香取 薫
河出書房新社
売り上げランキング: 117,507

インド飯パラダイス in クアラルンプール 2015年05月09日

image

というわけでマレーシアはクアラルンプールにゴールデンウィークの休暇中ブラブラしに行ってきました。

結局クアラルンプール滞在時にほとんど中華を食うことがなかった。中華で食ったのはデザートだけで、豆腐花という口当たりのめちゃ柔らかい豆腐のデザートだけだった。マレー料理というと、これも結構探すのが面倒になってしまい、ナシレマを数回食っただけ。じゃあ何を食ってたかというと、これでもかというほどインド飯を食ってました。

image
↑ 初日に唯一のノンベジ。鶏のマサラを。

いやー、クアラルンプールは町の至る所にインド飯の食堂があって探すに困ることがない。しかも値段が安く、イドリーなどの軽食で1.5RMとか、南インド式のバナナの皮を敷いて食べるミールスでも5.5RMとかかなり安い。そしてちゃんとどこでもイドリー、ドーサ、チャパティ、ナン、パロタを揃えていた。最初クアラルンプールを歩いていて、インドと同じ匂いがするなあと思っていたが街の食堂でインドと全然同じもの置いてるんだから当然だわな。

image
↑ 以降は全部ベジ。

しかし、食環境が恵まれているバンコクでもインド料理は結構高い。本当にざっくり考えて1RM=10THBぐらいになるが、クアラルンプールほどの値段でバンコクでインド飯が食える場所は王宮エリア南のパフラットぐらいじゃなかろうか。ブキットビンタンなどの観光地ではもちろんもうちょっと高くなるもののバンコクと比べるとクアラルンプールのインド飯は総じて安い。そして味も問題ナシであります。

image
↑ チャナマサラ、サグ。

バンコク在住者としては、遠くのインディアより近くのKLでインド飯ツアーってのもいいかもしれない。いや、バンコクならインドは別に遠くないか。言い換えて、インフラボコボコでしんどいインディアより、街が綺麗なKLでお手軽インド飯、もしくはビザの準備が大変なインドよりもお手軽ノービザで90日のKLでお手軽インド飯がいいかもしれない。

image
↑ 朝食。イドリーとダールマサラ。

image
↑ バナナの葉っぱのベジミールス。

image
↑ ダールと左上はパニールって言ってたけど豆腐だった。。

image

image

ちなみにベジもノンベジもKLにはいっぱいありますが、ホントの南インド式のバナナの葉っぱミールスはKLのリトルインディアと言われているBrickfieldsと言われているブロックの表通りでしか見かけなかった。こんなスタイルの飯が食いたい場合はBrickfields(KLセントラル最寄り)に向かうと良いと思います。

image
↑ KLセントラル駅周辺は都市開発バリバリで高層ビルが立ち並ぶ。それに背を向けて。。

image
↑ 反対側はこんな感じ。インド人街。落ち着く。