タグ: Recording Diet

今年はまたレコーディングダイエット開始 2020年01月10日

Diet

2019年はせっかく半ばで数ヶ月お酒を辞めて、3kgぐらいの減量をしたが、阿波踊りで日本に帰ってまた酒を飲み始め、また叙々に体重が増え始めた。

なかなか体重を一定に、というのは難しいですな。2016年の暮れからWithingsのWiFi体重計を購入してほぼ毎日記録をつけているが、本当に安定しない。増えたり減ったりである。

しかも日本に居てた時も含めると10kgぐらいの範囲で増えたり減ったり。こんなに体重が揺れ動くのって体によくないような気もしますが、とはいえ、最近食いすぎの自覚があるのでちょっと修正したいと思います。

2020-01-12_02-34-17
↑ 2016年暮れからの体重の変遷。

2020年初頭から始めるのはちょっと懐かしいキーワードになってしまった「レコーディングダイエット」。やっぱり個人的に向いているということと、食事データがちゃんと可視化されるということは素晴らしいと思います。

1日のカロリー摂取上限を1550kcalに設定して記録開始。今で5日めぐらいですが、全体的な食事量が減ってきていて、若干ながら体重も減った。これでまた個人的なベスト体重のアンダー60kgまで落としたいと思います。
(まわりの人間は今ぐらいがちょうどいいというが、60kgぐらいまで落とせば内臓脂肪も綺麗に消え失せてホントに腹の出ていない理想的な体型になるのでとりあえずそこまでがんばる。。。)

ちゃんとダイエットしようと思ったのは2012年の暮れから2013年の3月までで15kg落とした時依頼ですな。途中で失敗しなければいいなあ。。。

ちなみに今の段階での食事メモ。

20200109
1550kcal/day
65.5kg

0715 breakfast
ビタミン剤 x1 2kcal
プロバイオティクス x1 2kcal

total 4kcal

1235 lunch
farm factory
nacho cheese 460kcal
チップス少々残し
KitKat 3/4 68kcal
1550-532= 1018kcal

1545 間食
Bowlito
豆腐ライスボウル 560kcal
1550-1092= 458kcal

1925 dinner
Witches
野菜炒め 100kcal
フレンチフライ 15kcal
ビール x2 100kcal
ウィスキーソーダ x2 0kcal
ピザ 1/8 160kcal
味噌汁わかめ x1 30kcal
1550-1497= 53kcal

こんな感じで毎日書いてます。


↑ ずっと使ってるWiFi体重計。アプリで体重推移がグラフで見れる。

上は岡田斗司夫先生の名著でございます。残念ながらご本人はリバウンドしーの、ダイエットも興味なしーのって感じみたいですな。しかしながら内容はあまたあるダイエット本のなかではピカイチの内容だと思います。

ご本人、食事メモ止めたのが一番の失敗だと思われる。自分の体験から考えても「もう安心」と思っても食事メモだけは書き続けるのがリバウンド防止に一番よいのではないかと思いますな。

学べるダイエット力 > GI値ダイエット?? 2013年09月18日

Sugar sugar
“Sugar sugar” photo by dhammza

前回の炭水化物中毒脱却の記事を書いている途中でkindleのブックストアにて偶然見つけて、

「レコーディングダイエットで有名な岡田斗司夫氏がリバウンドした理由が書かれている」

とのことで興味を持って読んでみた本。「学べるダイエット力~なぜダイエット法では痩せないのか~」これはkindleのみの本になるのかな?250円とお安い。

この本の基本のメッセージは、流行や思い込みだけの一時的なダイエット策を講じて、うまくいかずに失望したり、散財したりせずに、自分の生活に沿って微調整をかましながら、本来の食生活の見直しを行い自然な食生活を自然な食欲でバランスを保ちながら、ダイエットとあまり意識せずダイエットしましょう、ということ。

本の中で「レコーディングダイエットは失敗する」、それは記録してカロリーの上限以上に食べられない我慢と、ダイエットという意識のもと目標体重に達したらダイエットをやめてしまい、またリバウンドするから。ほら、あの作者自身が今はもう肥満体系に逆戻りしてる!とのこと。確かに岡田氏はすでに肥満体系と言われてもおかしくないぐらいにしっかり戻られておりますが、個人的な読みでは多分彼はカロリー記録をやめて僕みたいに摂取カロリーの増量調整段階で失敗して糖質中毒に陥ってしまったんじゃないかと思っている。糖分って酒飲まない人にはホント変な薬物ぐらいに依存性が高いよ。。んで僕も思うのはレコーディングダイエットはレコーディングやめたら絶対太るということ。これはやめたらダメだと思う。僕は目標体重に達しても今のところずっと記録は続けております。ダイエット以外にも健康管理のためにレコーディングはやめない方がいいと思う。

でも実際この本読んでみると岡田斗司夫氏の「いつまでもデブと思うなよ」と言ってることはほとんど変わらない。レコーディングダイエットじゃダメだって書いてあるんだが、本当に「いつデブ」をちゃんと読みました?と言いたくなるような記述があったり。ディテールはともかく、この「学べるダイエット力」で推奨している自分の体にあった食事量で炭水化物の摂取量、どのような糖質を取るべきか、食事の仕方、運動とのバランスなどを気をつけてできることから少しづつ日頃続けている太る食生活を改善して行きましょうというような部分も岡田斗司夫氏はちゃんと「いつデブ」の軌道到達の項目で、力学上バランスを保ったまま軌道上を回る人工衛星のように余計な調整を考えずとも自分の食欲が自分の体の声を聞いて必要なものを適切に食べるようになりましょう、ということをちゃんと書いてあるんだけどなあ。

レコーディングという目に見える手法こそないが同じような内容でレコーディングダイエット並に売るためにあえて引き合いに出して否定してみましたってことなのかな?都合良く最近岡田氏がガンガンリバウンドしてるから。。。

しかしこの本で解説されているGI値、Glycemic Indexとダイエットの関係の記述は素晴らしいと思う。急激に血糖値を上昇させる上白糖や精製米などは膵臓からのインスリンの分泌を招く。インスリンは血液内のグルコース(糖分)の濃度を抑制するために、余ったグルコースの脂肪やグリコーゲンへの新生を促進する。このグルコース抑制のための唯一の機能であるインスリン分泌が昨日不全に陥るという病気が糖尿病であり、血液中高濃度のグルコースの毒性が糖尿病の合併症として現れてくる。グルコースの抑制のために糖を脂肪に変えて体内に溜め込んでおくというような作用をするため、血糖値の上昇の緩やかな食材を中心とした食事をして脂肪を溜め込まないようにしましょう、という手法になります。また、体が求めるエネルギーに対して、血液中の燃料、すなわち糖が不足している場合は肝臓が糖新生という逆に脂肪やアミノ酸を分解して糖を作り出す動きをする。この現象がまさに痩せることとなんであります。

グリセミック指数 – Wikipedia
GI値リスト

個人的にはレコーディングダイエットを軸に、この「学べるダイエット力」のGI値と血糖値の上昇傾向を意識した食生活改善を併用していけばさらに安定してダイエットの結果を出せると思います。。なのでレコーディングダイエットに関しての記述は個人的に??だがちゃんといいこと書いてある本でレコーディングダイエットと二冊で補完しながらやっていくのが吉かと。。。

by カエレバ

by カエレバ

「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 2012年11月05日

これもまたAmazon Kindleで電子版で購入。紙の本なら735円、電子版は500円。これは電子版を買う理由はそこそこあるかな。実はこれは2007年に発売されていたようで今までまったく知らなかった。今までタイに来てからダイエットをちょこちょこと繰り返していたんだが今までネットで検索しててもこれを知らなかったのが不思議だ。

オタキング岡田斗司夫先生のダイエット結果、117kgから67kgというショッキングな数字に惹かれて読んでみた。

実際読んでみると実に理にかなったダイエット法。まずは我慢せずに食ってるものをとにかく克明に記録する。その過程で自分の大いにぶれまくる食生活の実態や、メモ取り自体がめんどくさくなってそこから食事量が減っていったりする。我慢なしで手間だけをかけて自分の生活を可視化していく中で体重が減少して思わぬ嬉しさ!ハイ、次のステップ。こういう段階を踏んで気持ちに制限をかけずにドンドン歩を進めていくのは個人的な経験からしても理にかなってると思う。

でもこの手法自体は

食事・時間・お金

すべてで有効だと思う。無駄遣いをなくし、これから健康面で不安のある中年、老年の時期に備えて貯金、運用をしていく前段階でお金の出入りをすべて記録していくと気分だけで使ってた金や見えにくかった借金が見えてきて自然とそういう浪費にブレーキがかかるようになり、そこから投資用の資金捻出ができるようになる、時間においてもテレビやネットサーフィンとかのグダグダした時間も含めて可視化されると自然と制限がかかる。そもそも痩せたいとか、金がないとか、時間が足りないって多少なりとも思ってこういうことをはじめるわけだからそういう浪費が可視化されると自然とブレーキがかかる方向に傾くのは当然で、自分の気持ちを固めるよりも外堀から埋めていくこのやりかたが一番精神的なストレスが少ないと思う。

ちゅうわけで、本日客先に行った帰りにBig-Cで体脂肪まで測れるローカルメーカーのデジタル体重計を購入。790THB。これで朝晩体重を測ります。食ったものもスマートフォンでメモ。タイに出てきててカロリー管理で一番困るのはタイのぶっかけ飯。数多くの作り置きのおかずをバットに入れて置いてあり、注文するとご飯を盛った皿におかずを盛ってくれる。盛るおかずの品数やご飯の量などでカロリーはかなり変わる。これはパパっとカロリー計算をするのは非常に難しい。なので現在はWebからタイ語で料理名を検索して出てくる情報をいろいろ組み合わせてぶっかけ飯のデータ収集をしております。たとえば

タイのご飯 一皿 A kcal
ぶっかけ飯withグリーンカレー 一皿 B kcal

B – A = ぶっかけ飯のグリーンカレー分のカロリー

このぶっかけ飯のおかずのカロリーを蓄積していけば「これとこのおかずを選んで、あと目玉焼き載せて」みたいなときにもすぐにカロリーが出せる。普通のグリーンカレー単品で出てくる量とぶっかけにかけるグリーンカレーの量はだいぶ異なるのでぶっかけ飯版のカロリーを知っておかないといけない。とはいってもこのAのカロリーやBのカロリーの元データを収集してくるのがなかなか大変。日本語や英語で検索してても情報が限られるからどうしてもタイ語で検索、タイ語の文章を読みながら情報を拾ってくる。昨日見つけたサイトなんかカロリー表記までタイ式の数字で表記してあってちょっとイラッと来た。もうちょっとわかりやすく書いてくれたってええやないかと。

酒の飲むにしても何杯飲んだか正確に記録したいからビールをグラスで飲んでて、店の女の子が半分ぐらいに減ったグラスにビールを注ぐのも拒否。全部飲みきってからフルに注いでもらう、そして携帯でビール、ジョッキで+1と書く。つまみも複数人で行った際にいろいろ頼んでいろいろつまむと書ききれないのである程度品物が出て来た段階で「今日はこの3品だけ」と決めてそこにしか手をつけず、毎回箸を伸ばすたびに携帯で記録。まあ確かにやろうと思ったらできる。問題はそれがいつまで続くか。飽きが来る前に結果が明示されると続くね。さてどうなるでしょう??

もしタイ飯カロリー計算のデータ量が溜まっていけばそのうちまたこのブログにタイ飯カロリー情報も追記していきたいと思います。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書) いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
岡田 斗司夫

新潮社 2007-08-16
売り上げランキング : 4957

Amazonで詳しく見る by G-Tools