タグ: bird view

イサーン里帰り風景を 2017年01月18日

Get lost drone back

今回も彼女の実家のイサーンに里帰りした際の風景をいくつか上げておきます。

見晴らしは良くても墜落すると捜索困難。。

Try to get lost drone

この写真は田舎の広大な田んぼの中でドローン飛ばして楽しんでた直後、自動操縦の着地点の設定失敗で自分の背丈ほどもある草むらに機体が墜落して回収に挑んでいるところです。端から見てると開けたところでも実際にドローンが墜落すると機体は30cm四方ぐらいで、高さも10cmもないぐらいだから見つけるのが大変。やっぱり外で飛ばすときにはちゃんとブザーか強い目のLEDを付けておかないとなかなか発見できない。

動物たち

cow go back home

未だに牛・水牛はタイの田舎ではいっぱいいる。タイ人は牛を大事にする。

cats in our home

実家の猫。去勢しないからちょっとした間にすぐ増えている。

Posing for the camera

実家の犬。いいカメラ目線。

dog in the rice farm, growing with the soil

田んぼで飼っている犬。大自然満喫、土とともに育つ健康的な犬、と思ったら「人馴れしてないから噛むよ、気をつけて」
とのこと。。。

Rain frog in dry season

実家の洗濯機のフタにカエル。

Boar in the temple

前にも書いたイノシシの居る寺。

Vegetables in the market

市場の八百屋。タイの香草、お野菜満載。動物じゃないけど。

鳥になる

なんと言っても今回はこのBebop Droneでの空撮映像が一番。実家の人に見せたら酒の場の話のネタに非常に盛り上がりました。田舎の人も都会の人も鳥の視点ってのは誰でも興味がありますわな。自分の生活している場所のBird Viewはなかなか最初見たときは感動します。

AR.Drone? DJI Phantom? 2014年05月17日


↑ こちらDJI Phantomの映像。めちゃ気持ちいい映像ですな。え?これ?くぐるの?くぐるのか??と心の中で期待しながら見る映像。

先の記事で紹介したカメラ付きQuad Copterですが、僕の買ったのは2400THB、大体日本円にして7500円ぐらいの安い奴なんでカメラが付いているとは言っても画像は荒く、マイクもプロペラノイズを拾いまくり、ジャイロを積んでいてちゃんと機体をいつでも水平に保ってはくれるものの、AR.DroneやDJI Phantomみたいにプロポから手を話したら定点ホバリングをしてくれるものでもなく、そのまま綺麗に墜落してくれます。

そもそも値段が高いのでちゃんと調べてなかったが、AR.Droneなんかは下方向と前方向の2つもカメラが付いていて無線LANのAdHoc通信なんだろうけどiPhone/iPadのディスプレイに映像を転送してくれるとのこと。すげえ!そして操作アプリから手を話してもホバリングしてくれるのがちょっと操作時の気持ちを和らげてくれますな。うちの安物Quad Copterは操縦し始めたら気が抜けません。。。

DJI Phantomは無線LANではなく専用プロポで電波の届く範囲が1000mぐらいまでイケるらしく、高層ビルを見下ろすようなサンプル映像が上がっていたが、実際のユーザが撮っている映像でこの白浜の奴はなかなか感動的ですな。

AR.Droneって無線LANで通信するということは無線LANの電波の届く範囲でしかコントロールできず、すぐに電波が途切れてアンコントローラブルになるんじゃないかと思っていたが、やっぱりそんな映像もありました。

ただ、最新のものでBebop Droneなるものが出ているみたいで専用プロポ(でも飛行画像受信は相変わらずスマホ)で2kmまで操縦可能らしい(無線LANで飛行画像受診するなら2kmギリギリまで飛ばして到底映像が見れるとは思わない。。)。しかもヘッドセットまで出るらしい。これ、普通に飛行してる時はいいだろうけど墜落する瞬間を見てたりするとトラウマになりそうな気がするな。。。それでもそのトラウマを一度体験してみたい気もします。。。面白そう。。。

Parrot AR.Drone 2.0 GPS エディション サンド
パロット (2014-05-23)
売り上げランキング: 5,508