タグ: 体組成計

WithingsのWiFiスケール Body 2016年12月18日

image

自動記録、自動グラフ作成の体重計

毎朝毎朝ちゃんと体組成計に乗っていてきっちりとスマホで結果を記録してます。

定型文アプリで体重計の表示を見ながら全データを手打ちして最後に全部コピーしiPhoneのメモ帳に保存してます。手間はそれほどかからないけど、何年もやってるとやっぱり多少の手間が億劫。

んで、WIFIでクラウド上にデータを保存してくれる体重計を買ったわけです。

これで一日何回体重を測ってももれなく記録。さらにいいのはちゃんとグラフを作ってくれる。ま、コンピュータ使うんだから数字を分析してグラフを表示するのは当たり前ですわな。

以前15kg落とした時にモチベーション管理でグラフ作ってましたが、通常時にメモアプリでメモって、それをまた表計算ソフトに取り込むなんてめんどくさくて到底出来ない。

でもWithingsは自動。これが良い。

1日の時間帯ごとに計測してどの時間帯が一番体重が増えるかなどを確認することも簡単で目立たないけど何気にいい機械です。

こう言った身体データこそ本当にライフログとして長々と記録していく価値があると思います。

開封

image

image

image

開封して、Withingsの電源入れてみたらAppleで最近はあまり見られなくなったHELLOのグリーティング表示が。

この体重計、酒飲み始めたのでちゃんと体重の推移見ながらやってかないと簡単に太ってしまうなと思ってましたが、すでにビール飲み始めてから2kg程肥えました。効果てきめん。危ないね。

こんな元々の昨日は単純な家電ですがお値段は結構します。5,780THBしました。でもまあいいかな。自分では絶対テキストメモまでで推移見たり、グラフ出したりはしないから。。

超小型軽量体組成計は1年でお亡くなりに。。 2016年04月04日

すべての写真-54

愛用の体重計が突然発狂。お亡くなりに。。

ディスプレイに数字は表示されるんだけど、乗って静止しても上下に ±10kg ぐらいランダムに表示が止まらなくなって最後 「ーーーー」 表示に。。。 というわけで引退されます。一年ぐらい前に日本で入手した小型軽量体組成計だったが短命でしたな。。。

小型体組成計を再度購入 2015年06月29日

代わりにWithingsのWiFiでクラウドと連携する体組成計が欲しかったけど、今回iPhone買ったばかりなんでちょっと自粛して、昔から持っていた(最初のダイエット時に活躍したタイで購入した重いガラスの天板のついた)体組成計で行くことにしました。幸いこれもタイにありがちな乗るたびに/乗る場所で思いっきり表示する体重が変わるようなモノではなく、ちゃんと安定して計測してくれるもの。

↑ WithingsのWiFi体組成計。

去年は旅行時にも持っていけるようにと、超軽量体重計買ったものの、やっぱり旅行時には持っていかなかったです。。というか常に外泊する際には持って出るのを忘れていた。

iPhoneのヘルスケアというアプリにも手動でなら体重を入力して日毎、週ごと、月ごとでグラフにしてくれるアプリもあるのでそちらにしばらくは手動で登録していきます。

小型体組成計を再度購入 2015年06月29日

image

15ヶ月程前に軽くて携帯できる体重計(体組成計)を、ということで小さい体重計を買いました。

MAQUINO APPORTER マッキーノ アポルテ モバイル体組成計 2014年03月28日

これはサイズ的、重量的には問題はなかった。しかし使っていくうちにひとつだけ気になることが。。。

乗るたびに体重が変わる。。。別に朝と晩とで体重が変わると言ってるわけではなくて測りなおしで30秒としないうちにもう一回計ってもなんか数値が変わるのだ。足の置き方、重心バランスの取り方でも数値が変わる。別にタイの体重計とか見てるとこういうのも多いから驚きはしないが、これは使えないなあ。。。と思いつつはや一年ほどが経ち、今回友人が日本から来るので改めてAmazonで見てみたら良さそうなものが。

これは軽い。本体重量が430g。iPad Air 2のWiFi版の重量が437gなのでiPad Air 2とほぼ同様の重量。本体もコンパクトに作られていて高さも2.3cmしかない。

image

image

image

前回買った体組成計は乗る度に数値が変わったがこれは比較的安定していて使える。軽いのも非常にいいね。これなら旅行の際にも持っていける!毎日の体重チェックを旅行中もかかさずできるのが良いです。

ただ、この体重計ブランド名などなーんにも書いてない。。わかるのは「武田コーポレーション 【体重計・体脂肪】 軽量コンパクト体重体組成計」ということだけ。結構いい品物だからちゃんとブランド・マーケティングすればいいのに。。

10人までパーソナル情報(年齢や身長など)登録可
体重、脂肪、水分、筋肉、推定骨量、基礎代謝量が計測可能。
単4電池2本使用(別売り) < 別売りといいつつ電池同梱でした。

これで2,260円。これはかなりGood Choiceだと思われます。。。